« レナウンが民事再生法適用を申請 衣料品販売の低迷 コロナ影響(NHK) | トップページ | 熊谷千葉市長の怒り »

2020/05/16

佐賀新聞の「押し紙」を認定 元販売店主が勝訴、賠償金1070万円 佐賀地裁判決(弁護士ドットコム)

佐賀新聞の「押し紙」を認定 元販売店主が勝訴、賠償金1070万円 佐賀地裁判決(弁護士ドットコム)

 おっと、ついに、こういう判決が。

佐賀新聞の「押し紙」を認定 元販売店主が勝訴、賠償金1070万円 佐賀地裁判決
弁護士ドットコム 2020年05月15日 11時55分

「被告(編注:佐賀新聞)の原告(編注:販売店)に対する新聞の供給行為には、独禁法違反(押し紙)があったと認められる」

「販売店の経済的利益を犠牲にして、自身の売上げを増加させるとともに、ABC部数を増加させることによって広告収入を増加させることを意図したものと認められる。これは、社会通念上許容されない行為であり、原告(編注:販売店)の権利を侵害するものであるから、不法行為に該当する」

 なお、「押し紙分で得た『折り込み広告料』(約1130万円)や新聞社からの『補助金』(実際には0円だった)が損益相殺の対象になるとも判断している。」

 はなるほどですが、かつては「補助金」が相当あったんでしょうね。

 で、各販売店が、廃業覚悟で一斉に訴訟に踏み切ったら。
 日本の新聞社の大半は、終わるのかもしれませんね。

 そして、その時、新聞とは何だったのかについて。
 自分が知識人だと信じていた人たちは、自問せざるを得なくなるのでしょう。

|

« レナウンが民事再生法適用を申請 衣料品販売の低迷 コロナ影響(NHK) | トップページ | 熊谷千葉市長の怒り »

ニュース」カテゴリの記事

法律全般」カテゴリの記事

詐欺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« レナウンが民事再生法適用を申請 衣料品販売の低迷 コロナ影響(NHK) | トップページ | 熊谷千葉市長の怒り »