« EXCLEテーブルの作成は簡単、解除は面倒 | トップページ | 毒親の家庭によくみられる傾向のチェックリスト(影宮竜也監修) »

2020/05/30

放送局の取締役・監査役を訴えることってできないのだろうか

放送局の取締役・監査役を訴えることってできないのだろうか
 
 澁谷泰介氏がフェイスブックで、テレビ朝日の「捏造」を告発していますね。
 もっと怒っていいのにってレベルですが。
 
澁谷 泰介
 
本日テレビ朝日の朝のニュース番組グッド!モーニングで私がコロナウイルス診療に関してインタビューされたものが放送されました。
 
 (略)
 
が、編集で取材内容とはかなり異なった報道をされてしまい、放送を見て正直愕然としました。
 
取材では、ヨーロッパ での感染状況に関して、私がベルギーから日本に戻ってきてコロナウイルスに関する診療をするに至った経緯、帰国時に感じた日本の診療体制に関する率直な意見、また日本で再度働き始めて1ヶ月ほど経って現場はどう変わったか、現在の現場の様子、日本のPCR検査への対応に関して、現在医療現場で必要とされているもの、最後に一言、という感じで40分程度質問に答える形で進んでいきました。
 
その中でも、PCR検査に関してはこれから検査数をどんどん増やすべきだというコメントが欲しかったようで繰り返しコメントを求められましたが、私は今の段階でPCR検査をいたずらに増やそうとするのは得策ではないとその都度コメントさせていただきました。
 
確かに潤沢な検査をこなせる体制というのは本当に必要な方に対してはもちろん必要です。
ただ、無作為な大規模検査は現場としては全く必要としていない事をコメントさせていただきましたが完全にカットされていましました。
(※大規模検査が必要ない理由に関しては、調べていただければ感染症や公衆衛生の専門家の方々の意見などたくさん出てきます)
 
カットだけならまだいいのですが、僕がヨーロッパ 帰りということで、欧州でのPCR検査は日本よりかなり多い(日本はかなり遅れている)といった論調のなかで僕のインタビュー映像が使用されて次のコメンテーターの方の映像に変わっていき、だからPCR検査を大至急増やすべきだ!というメッセージの一部として僕の映像が編集され真逆の意見として見えるように放送されてしまいとても悲しくなりました。
 
 (略)
 
 
 で、こういうのを局に言っても無駄なんでしょう。
 スポンサーも弱いし、BPOもいわば談合と言われている。
 
 では、テレビ朝日の取締役・監査役を訴えたらどうなんだろう。
 そもそも、役員がちゃんと法律を守っているかどうかという視点ですが。
 
 取締役が適正な職務執行していない。
 内部統制が機能していない。
 
 本来あるべき適法な経営が行われておらず。
 放送法による停波命令を招く危険を放置している。
 
 ということで、訴えてみるとどうなんでしょうね。
 勝てるかどうかは別でも、おかしなことは言ってない筈。
 
 現実に、デマを拡散されている以上、国民は文句を言う権利ありますよね。
 ちゃんと是正しろと。
 
 いや、私は法律家ではないので、思考実験レベルですが。
 でも、このまま放置しておいて良い段階は、既に超えているような。

 

|

« EXCLEテーブルの作成は簡単、解除は面倒 | トップページ | 毒親の家庭によくみられる傾向のチェックリスト(影宮竜也監修) »

会社法」カテゴリの記事

法律全般」カテゴリの記事

医療・福祉」カテゴリの記事

詐欺」カテゴリの記事

新型肺炎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« EXCLEテーブルの作成は簡単、解除は面倒 | トップページ | 毒親の家庭によくみられる傾向のチェックリスト(影宮竜也監修) »