« 一般財団法人神奈川県経営者福祉振興財団(TSR) | トップページ | One World(Utopia) »

2020/06/09

EXCEL新機能UNIQUE関数+SORT関数でドロップダウンリストの元ができる

EXCEL新機能UNIQUE関数+SORT関数でドロップダウンリストの元ができる

 ドロップダウンリストを作る場合に、実データから作るにはという場合。
 EXCELの新関数2つ、UNIQUE関数とSORT関数の組み合わせが超便利。

【関数】データが重複していないユニークリストを作ってくれるUNIQUE関数が追加されました
Office TANAKA 2020/03/24(YouTube)

 まずはこちら。

 UNIQUE関数を使って、ドロップダウンリストを作るのと。
 ピボットテーブルと同じようなことを関数だけでできるとの説明。

 項目にUNIQUE関数とTRANSPOSE関数を使って、そこに新機能スピルを使う。
 更に、中身には、sumifs関数にスピルを組み合わせて完成。

 ちなみに、スピルの説明は下記にあります。

【関数】表計算ソフトの常識を覆す「スピル」とは何か?
Office TANAKA 2020/03/03(YouTube)

 そして、ドロップダウンリストを並べ替えしたものがほしいねで。
 SORT関数とUNIQUE関数を組み合わせて使う方法の説明。

【関数】SORT関数で並べ替えができるようになった!いやぁ~長生きはするもんだなぁ
Office TANAKA 2020/03/28(YouTube)

 関数使うと、なんてシンプルになるのかと。
 感動の世界。

 サブスク版でしか使えないと、動画で講師の田中亨先生は仰っていますけれど。
 何故か、2016版でも使えています。

 ただ、世の中の多くのEXCELでは多分使えないんですよね。
 職場のofficeをサブスク版に乗り換えるべきか、悩みます。

|

« 一般財団法人神奈川県経営者福祉振興財団(TSR) | トップページ | One World(Utopia) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 一般財団法人神奈川県経営者福祉振興財団(TSR) | トップページ | One World(Utopia) »