« 「そのうち10億円以上は銀行に手数料として払っており」(安倍首相)[時事通信] | トップページ | 送迎バス乗降場移設「景観損なう」と反対も 福山市が住民説明会(中国新聞) »

2020/06/06

マスコミによる遺書公表に木村花さんの母・響子さんが「花のプライバシーを守るために 触れないでほしいと 泣いて頼んだ結果がこれですか」(バトル・ニュース)

マスコミによる遺書公表に木村花さんの母・響子さんが「花のプライバシーを守るために 触れないでほしいと 泣いて頼んだ結果がこれですか」(バトル・ニュース)

マスコミによる遺書公表に木村花さんの母・響子さんが「花のプライバシーを守るために 触れないでほしいと 泣いて頼んだ結果がこれですか」
バトル・ニュース 2020/5/26(火) 12:21配信

 つまり、お願いではもうダメってことでしょう。


 ……、母である元プロレスラーの木村響子さんは「マスコミの皆様へ 警察や スターダム事務所に詳細を問い合わせるのは おやめください お仕事に詳細がでてしまいます 死者のプライバシーを どうか尊重してあげてください ギリギリのところで 闘っているひとたちの背中をおさないでください もう誰ひとりも傷つけないでください」と、様々な媒体からくる取材依頼に自粛をお願いしていた。

 しかしこのお願いの翌日25日、一部マスコミが遺書が存在していたことやその内容の一部などを公開。

 これに響子さんは「連鎖を生まないために 花のプライバシーを守るために 触れないでほしいと 泣いて頼んだ結果がこれですか 誰も信用できない 弔う時間をください」と悲痛なコメントを出した。

「花さんが亡くなってまだ3日、連日の報道に遺族や関係者への配慮が求められる。」

 これも違うでしょう。
 自主的な配慮でできないから、こうなっているのですから。

 被害者達が、損害賠償請求などの訴訟を起こすハードルを下げるべきだと思います。
 もちろん、スラップ訴訟対策などは入れつつになるでしょうけれど。

 事前の禁止ではない点で、十分に「報道の自由」は尊重している筈です。
 事後に、被害者救済をすることを容易にするに過ぎませんから。

 萎縮効果が生じるというのは、ある意味当然で、今のユルユルがおかしいだけです。
 要は、報道する内容を、各自が責任持って厳選すべきというだけ。

 「報道の自由」の臨界点を超えた人たちを、「報道の自由」で許す現状はおかしい。
 そのように思うのであれば、アクションが必要なのでしょう。

 今の世の中は、もはや、泣き寝入りしていいことはなくなってしまった。
 黙っていると、余計に付け上がり、しかも、それが伝染・拡大しかねない。

 それが何故生じたのかについての考察は。
 長くなりそうなので、またの機会にというところですが。

 モラルは、勝手に生えてくるものではない。
 そのことだけは間違いないところでしょう。

 で、沈黙は金という、かつての美徳については、時と場合による、というか。
 相手次第の話だ、ということを、各自が強く認識すべき時代なのだと思います。

|

« 「そのうち10億円以上は銀行に手数料として払っており」(安倍首相)[時事通信] | トップページ | 送迎バス乗降場移設「景観損なう」と反対も 福山市が住民説明会(中国新聞) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

法律全般」カテゴリの記事

詐欺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「そのうち10億円以上は銀行に手数料として払っており」(安倍首相)[時事通信] | トップページ | 送迎バス乗降場移設「景観損なう」と反対も 福山市が住民説明会(中国新聞) »