« コロナはもう誰でも普通にかかる病気で今は半数近くが酸素を外から吸わせないといけない呼吸不全になってしまう方_岡秀昭医師のFacebookより | トップページ | 金券ショップの最大のサプライヤーは誰か_日経ビジネス »

2020/11/27

弁護士会が、会で法律相談する弁護士に「パソコン禁止令」_西野法律事務所

弁護士会が、会で法律相談する弁護士に「パソコン禁止令」_西野法律事務所

法律相談時の弁護士のコンピュータ利用禁止
西野法律事務所
https://www.nishino-law.com/publics/index/47/detail=1/b_id=80/r_id=829/

 弁護士会での法律相談で、パソコンを利用する弁護士に苦情が入ったようで。
 相談を受けている際にパソコンを使うなと言っているんだそうです。

 へー、ビックリ。

 まず、これ、プリントアウトを渡してあげないという前提の話ですよね。
 もし渡して上げるつもりなら、メモを入力するのが当然になりますから。

 そういう意識がこれっぽっちもない、というのがよく分かります。
 依頼者への説明に資料を渡すとか、そういうのはナシ。

 だから、パソコン使うなって言うんでしょうね。
 法律相談なんだから、法律相談だけするという前提。

 いつの時代の話なのかと思いますが、今の時代なんでしょうね。
 すごいなぁ。

 で、いろいろ禁止令が出た理由はあるようですが、何が一番かというと。
 そもそも、基本的条文が頭に入っていない弁護士がいるだろうというのですね。

 弁護士さんの業界では、依頼者の前で六法引くなという話があるらしいので。
 まぁ、わからなくもない部分もあります。

 なにせ、六法を暗記しているとか思っている一般人の存在がありますから。
 ただ、条文見るなということは、大嘘伝えてもいいってことですかね。

 というか、法律の改正が頻繁にない時代に生きている方が多いのでしょうね。
 改正が毎年ある税法を対象にしている税理士などには、信じられないお話。

 もっと言えば、条文を確認すれば済むって話ではなくて。
 それを踏まえてどうなのかという話だというのは当然として。

 それでも戻って、本当に正しいか確認するのが条文でしょ、という前提がないんですね。
 いや、いろいろ考えさせられます。

 会計士協会のような強制的な研修時間取得義務もないのかもしれませんし。
 継続的な品質管理を自主性任せにしているので、こうなっているんじゃないか。

 というのは、私のような素人の邪推です。
 いや、そもそも、普通の弁護士さんたちは呆れているのかもしれませんね。

|

« コロナはもう誰でも普通にかかる病気で今は半数近くが酸素を外から吸わせないといけない呼吸不全になってしまう方_岡秀昭医師のFacebookより | トップページ | 金券ショップの最大のサプライヤーは誰か_日経ビジネス »

学問・資格」カテゴリの記事

法律全般」カテゴリの記事

ちょっとびっくり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コロナはもう誰でも普通にかかる病気で今は半数近くが酸素を外から吸わせないといけない呼吸不全になってしまう方_岡秀昭医師のFacebookより | トップページ | 金券ショップの最大のサプライヤーは誰か_日経ビジネス »