« Rio De Janeiro Blues_Maria Muldaur | トップページ | 現場に行く前に用意したもので全てやろうとするのは危険_小島瑠璃子 »

2021/06/14

郵便局の横領事件は国税庁からの情報提供で発覚

郵便局の横領事件は国税庁からの情報提供で発覚

郵便局での6億円超の切手横領、日本郵便が告訴を断念
藤田知也 朝日新聞デジタル 2021年6月8日 17時18分
https://www.asahi.com/articles/ASP685FX6P68ULFA01M.html

「同社は国税庁からの情報提供をきっかけに元課長代理を調査し、切手を着服していたと判断。」

「日本郵便では、芝郵便局(東京)や堺中郵便局(大阪府)でも同様の横領で1億円超の被害があったとして、横領した局員が逮捕されている。」

 以前、私の尊敬する某先生が、郵便局の人は真面目だと仰っていて。
 しかし、私は、いい加減な人たちが多いという印象で、ここは真逆の感想。

 何故そう思うようになったかについては、それなりに蓄積があるわけですが。
 やはり、感想を撤回する必要はない気がしますね。

 お金のことで郵便局員を信じるというのは。
 呪いと同じレベルの行動だと言ったら、怒られてしまうのでしょうか。

|

« Rio De Janeiro Blues_Maria Muldaur | トップページ | 現場に行く前に用意したもので全てやろうとするのは危険_小島瑠璃子 »

ニュース」カテゴリの記事

税務」カテゴリの記事

企業内不正・団体内不正」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Rio De Janeiro Blues_Maria Muldaur | トップページ | 現場に行く前に用意したもので全てやろうとするのは危険_小島瑠璃子 »