« 特別あて所配達郵便の取り扱いの試行_日本郵便 | トップページ | ワクチンデマについてのフェイクニュース例 »

2021/06/20

「表現の自由では済まされないということが、本人にも伝わってほしい」

「表現の自由では済まされないということが、本人にも伝わってほしい」

SNS不適切投稿の判事訴追 弾劾裁判で罷免審理
産経新聞 2021/6/16 17:29
https://www.sankei.com/article/20210616-BAHNWZ3LV5J27JAU2C6Q5WMFCU/

 そうなんですよね。
 まずは、気持ちに寄り添って遺族への謝罪、が民間の発想なんですけどね。

 ・言動に遺族の思いへの配慮、という視点があるかどうか。
 ・そして、それが裁判官という職業では不要なのか。

 そこへの疑問が、恐らくは普通の人の感覚。
 裁判所は回り道せず最初からそこを問題とすべきだったが、迂回して話がややこしく。

 その意味で、今の混乱は、当初、裁判所サイドがご本人に「配慮」し過ぎた結果の側面はあります。
 ただ、ご本人からの上記疑問への答えが、いまだ何も見えてこないのも事実。

 シンプルに、遺族にごめんなさいの一言があればというだけなのに。
 「ボクは悪くない」で突っ張った結果が今、という印象。


殺人事件の遺族、岩瀬裕見子さん(53)は「まだ結論が出ているわけではない。一日も早く弾劾裁判で(罷免の)判断を決定してほしい」と思いを語った。

岩瀬さんは「審査に時間がかかり過ぎたという思いがある。なぜこのタイミングでの判断なのかという疑問もあるが、少しはほっとしている」と評価。

「SNSでの誹謗(ひぼう)中傷は命を奪うもので、社会全体で問題になっている。岡口氏の投稿は犯罪行為ではないが、このような形で弾劾裁判まで行くことになったというのは大きい」とし、「表現の自由では済まされないということが、岡口氏本人にも伝わってほしい」と訴えた。


 表現の自由を理由にしているかどうか、というのはさておいて。
 恐らく問いかけへの答えはされていないのでしょうね。

 理屈で、他人である遺族の感情を説得しようとしても無理。
 これもその事例の1つにしか見えない気はします。

 イザヤ・ベンダサンのいうところの日本教徒の話で。
 日本教徒に対して日本教徒の流儀を無視して、解決があるかどうかの問題なのかも。

|

« 特別あて所配達郵便の取り扱いの試行_日本郵便 | トップページ | ワクチンデマについてのフェイクニュース例 »

ニュース」カテゴリの記事

法律全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 特別あて所配達郵便の取り扱いの試行_日本郵便 | トップページ | ワクチンデマについてのフェイクニュース例 »