« 北海道新聞は「調査報告の体をなしていない」元記者の識者が批判_毎日新聞 | トップページ | Samantha Fox- Nothing's gonna stop me now »

2021/07/10

「接種前にアレルギー症状を抑えるための抗ヒスタミン薬を服用するのは好ましくない」国際医療福祉大学松本教授_NHK

「接種前にアレルギー症状を抑えるための抗ヒスタミン薬を服用するのは好ましくない」国際医療福祉大学松本教授_NHK

“もう少し遅かったらやばかった” アレルギーとワクチン接種
NHK 2021年6月29日 19時05分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210629/k10013073601000.html

 この記事タイトルは、どうなのかと思いますが。

「接種前の抗ヒスタミン薬 控えて

 このケースについて国際医療福祉大学の松本教授に聞くと、女性のように接種前にアレルギー症状を抑えるための抗ヒスタミン薬を服用するのは好ましくないといいます。

松本教授

「アレルギーの専門学会ではワクチン接種前にアレルギー症状を抑える薬を服用することはアナフィラキシーの初期症状を不明瞭にしてしまうため好ましくないとしています。この女性の場合は事前に内服した薬が症状の発現を鈍らせて早期発見を遅らせた可能性もあると思います」」

 で、むしろポイントは、木下喬弘医師のコメント。
 アメリカのCDC=疾病対策センターの情報から、

 【1】接種が可能
 【2】注意が必要 ワクチン接種を止めるか専門医に相談
 【3】接種不可(禁忌)

 の3類型があり。

 【2】には、以前、注射やワクチンで即時型アレルギー反応あった人が含まれる。
 この人は、まさにこれ当たる人だったわけですね。

 実は、接種時に提示する予診票には、

 「薬や食品などで、重いアレルギー症状(アナフィラキシーなど)を起こしたことがありますか。
   薬・食品など原因になったもの(           ) □はい □いいえ」

という問の欄がたしかにある。

新型コロナワクチンの予診票
https://www.mhlw.go.jp/content/000739379.pdf

 この症状が出た方は、予診票をどう記入していたのか、確認すべきでしょう。
 そして、うまく記載できなかったのなら、予診票の書き方を変更すべき。

 問題だと騒ぐのではなく、どうしたら改善に繋げられるのか。
 少しでも、そういう姿勢が報道にはほしいのですが、NHKじゃ無理でしょうか。

|

« 北海道新聞は「調査報告の体をなしていない」元記者の識者が批判_毎日新聞 | トップページ | Samantha Fox- Nothing's gonna stop me now »

ニュース」カテゴリの記事

医療・福祉」カテゴリの記事

新型肺炎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北海道新聞は「調査報告の体をなしていない」元記者の識者が批判_毎日新聞 | トップページ | Samantha Fox- Nothing's gonna stop me now »