« 「月が導く異世界道中」TVアニメスタート | トップページ | 厚労省、職域ワクチン廃棄の企業名など公表へ  再発防止のため_MEDIFAX web »

2021/07/29

医師のいう「軽症」は一般人の思うイメージとかけ離れている

医師のいう「軽症」は一般人の思うイメージとかけ離れている

 最近、地元でのコロナ感染者数発表は「軽症」ばかりですが。
 それって、一般人が思うのとはずいぶん違うのだと。


安川康介@米国内科専門医@kosuke_yasukawa

「若者は重症化しないからワクチンは必要ない」と言う人がいます。日本の「重症」の定義は人工呼吸器や集中治療が必要な状態です。30代、40代でも中等症になる方はそれなりにいて、僕も多く診てきました。軽症や中等症といってもピンとこない方もいるので、スライドを作ってみました。

午前6:23 2021年7月20日 Twitter for iPhone
https://twitter.com/kosuke_yasukawa/status/1417233749079732227


 酸素吸入が必要な、中等症ほどではない。
 しかし、軽い風邪のようなイメージとは全く異なる。

 そして、中等症になると、人工呼吸器は不要とは言っても。
 酸素吸入は必要で、相当つらい状態になってしまっていると。

 重症は、もう助からない可能性がある、という認識。
 このあたり、認識の差異を埋めておかないと、とんでもないことになりますね。


|

« 「月が導く異世界道中」TVアニメスタート | トップページ | 厚労省、職域ワクチン廃棄の企業名など公表へ  再発防止のため_MEDIFAX web »

医療・福祉」カテゴリの記事

新型肺炎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「月が導く異世界道中」TVアニメスタート | トップページ | 厚労省、職域ワクチン廃棄の企業名など公表へ  再発防止のため_MEDIFAX web »