« 大阪で1310人の感染確認 府内の高校で29人、中学校で20人の感染 複数のクラスで感染広がる_関西テレビ | トップページ | 雇用類似の働き方の現状と課題_月報司法書士 その2 労基法・労組法の労働者性判断の枠組み »

2021/09/12

クラスターが発生した城山保育園 驚きの実態が… (熊本)FNNプライムオンライン

クラスターが発生した城山保育園 驚きの実態が… (熊本)FNNプライムオンライン

クラスターが発生した城山保育園 驚きの実態が… (熊本)
テレビ熊本 FNNプライムオンライン 2021年9月6日 月曜 午後6:30
https://www.fnn.jp/articles/-/234993

「「職員がマスクをしない」方針の熊本市西区にある保育園で大規模なクラスターが発生し5日までに園児や職員など合わせて79人の感染が確認されています。保育園に、マスクの着用を何度も要望してきたという保護者の声を聞きました。」

「熊本市はクラスター発生後の8月31日に立ち入り調査。換気は晴れた日のみ、給食はセミバイキング方式で園児と職員およそ60人が一緒に食事をとっていたことも分かりました。子供が感染した保護者は濃厚接触者となり看病をしながら自宅待機の日々が続いています。」

 事前に熊本市からも口頭指導があったのに、事実上無視していたわけですよね。

「城山保育園はTKUの取材に対し「園長不在のため答えられない」と話しています。」

 どうなるのかわかりませんけれど。
 重体者が出ないことを祈ります。

 で、マスクをすることが、命を護ることだ、という認識はこの保育園なかったのでしょうね。
 非常時の今でも、それを強制する権限が役所に存在しないのが、日本人が非常時を考えてこなかったツケ。

 憲法の問題だって、日米問題だって、放置あるいはなぁなぁで済ませられたのは。
 今までの日本は、ぬるま湯で、非常時を考えなくても済んだから、なんだと思います。

 だから、この保育園が論外だというのはもちろんなのですが。
 非常時に役所がお願いしかできないことの意味について、日本人は皆コロナ禍を契機によく考えるべきでしょう。

 戦争を反省したから、国や役所の手足を縛って、勝手なことができないようにしている。
 それでもコロナ禍でこれだけのことができた日本って、すごいなとしか思えないんですけどね。

|

« 大阪で1310人の感染確認 府内の高校で29人、中学校で20人の感染 複数のクラスで感染広がる_関西テレビ | トップページ | 雇用類似の働き方の現状と課題_月報司法書士 その2 労基法・労組法の労働者性判断の枠組み »

ニュース」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

新型肺炎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大阪で1310人の感染確認 府内の高校で29人、中学校で20人の感染 複数のクラスで感染広がる_関西テレビ | トップページ | 雇用類似の働き方の現状と課題_月報司法書士 その2 労基法・労組法の労働者性判断の枠組み »