« 大学病院のある大学法人理事が他の病院で診療行為を行う場合も利益相反の恐れ_文科省 | トップページ | 野村HDが日本IBMに「敗訴確定」、システム開発の失敗巡る訴訟の上告を取り下げ_日経クロステック »

2021/12/21

成年後見制度利用促進専門家会議 令和3年12月15日

成年後見制度利用促進専門家会議 令和3年12月15日

厚生労働省
第12回 成年後見制度利用促進専門家会議(web会議)
令和3年12月15日(水)14:00~16:00
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_22666.html

 後見人制度そのものは、いったん採用したら止められないが。
 専門家で報酬が多額に掛かりやすい後見監督人の関与にメリハリつけよう。

 実際、専門家の不正の問題もあるのだし。
 漫然と続けさせるのは問題だ。

 というような趣旨ですかね。
 どうも勘違いした解説も出ている感じですけれど。

 で、例によって抽象論先走りの話に感じます。
 結局のところグダグダになって、正直、あまり期待できないのでは。

 いや、少しでもマシな制度にする努力は必要なのですが。
 

|

« 大学病院のある大学法人理事が他の病院で診療行為を行う場合も利益相反の恐れ_文科省 | トップページ | 野村HDが日本IBMに「敗訴確定」、システム開発の失敗巡る訴訟の上告を取り下げ_日経クロステック »

金融・金融法務」カテゴリの記事

法律全般」カテゴリの記事

認知症・高齢者社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大学病院のある大学法人理事が他の病院で診療行為を行う場合も利益相反の恐れ_文科省 | トップページ | 野村HDが日本IBMに「敗訴確定」、システム開発の失敗巡る訴訟の上告を取り下げ_日経クロステック »