« コンビニのプラ製スプーンなど4月に有料へ_日テレNEWS24 | トップページ | SEALDs利用車両は共産党関係のものだった_DHCテレビ坂東忠信氏 »

2022/01/18

米国で、利用規約に要約を表示する義務法案提出へ_GIGAZINE

米国で、利用規約に要約を表示する義務法案提出へ_GIGAZINE

GIGAZINE 2022年01月14日 16時00分メモ
理解せずに同意している「長すぎて誰も読めない利用規約」をなんとかするため「わかりやすい要約」を表示する法案提出へ
https://gigazine.net/news/20220114-introduce-bill-tldr-terms-of-service/

「「利用規約が長すぎて誰も読めない」という問題を解決するため、アメリカでは共和党のビル・カシディー上院議員、民主党のベン・レイ・ルーハン上院議員、民主党のロリー・トレーハン下院議員らの超党派グループが、商用ウェブサイトやモバイルアプリに「利用規約の簡単で読みやすい要約」を表示することを義務づける「TLDR法」の法案を議会に提出しました。TLDR(TL;DR)とは、「Too Long, Didn’t Read(長すぎて読めない)」を意味するスラングであり、転じて「長すぎて読めない人のための要約」の意味もあります。」

「TLDR法では、以下の条項をわかりやすく説明した要約文を表示することを、中小企業を除いた大企業に求めるとのこと。なお、法令を順守していない企業は、少なくとも1000人以上の住民が被害を受けた場合に民事訴訟の対象となります。

・収集するユーザー情報の種類(健康データ・人種・性別・性別・年齢・人口統計情報など)。
・収集したデータが消費者にサービスを提供するために必要なのかどうか。
・消費者のデータを第三者とどのように共有するのかを表すイメージ図。
・消費者がデータを削除できるのかどうか、そして削除する方法。
・サービスを利用する消費者の法的責任(コンテンツに対する権利・強制的な裁定・集団訴訟の放棄など)。
・過去3年間に発生したデータ漏えいの一覧。」

 これは、是非日本でも参考にして、導入検討してほしいなぁ。
 レジ袋やめるとかよりも、こういうことのほうが大事でしょう。

|

« コンビニのプラ製スプーンなど4月に有料へ_日テレNEWS24 | トップページ | SEALDs利用車両は共産党関係のものだった_DHCテレビ坂東忠信氏 »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

法律全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コンビニのプラ製スプーンなど4月に有料へ_日テレNEWS24 | トップページ | SEALDs利用車両は共産党関係のものだった_DHCテレビ坂東忠信氏 »