« PowerAutomateでExcelオンラインを使って一括メール配信 その1 | トップページ | PowerAutomateでExcelオンラインを使って一括メール配信 その3 »

2022/06/07

PowerAutomateでExcelオンラインを使って一括メール配信 その2

PowerAutomateでExcelオンラインを使って一括メール配信 その2

 続きです。
 気になった点2つについて記載していきます。

 まず1つめは、メールの大量配信限度ってどの程度なのか。
 スパム扱いされるのは、送信側受信側両方の話がありますが。

 ひとまず、送信側における限界はどうなのかなのですが。
 これはOUTLOOKの規制について記述あったので、これなんだろうなと。


1メールボックスから3,600受信者へ送信/1時間
1メールボックスから10,000受信者へ送信/1日

Outlook で1日に送信できるメール数の上限はありますか。
NTTコミュニケーションズ
https://support.ntt.com/office365/faq/detail/pid2300001go4/


 一応、上記のフローでは2秒遅延をステップで入れてあるので。
 その点と合わせて、一応スパム回避になっているのかなと(期待)。

 で、もう1つ気になっていたのは。
 送信者を共有メールボックスで使えるのか。

 結論から言えば、使えます。
 ただ、共有じゃないメールアドレスとは違い、準備が生じる。

 何も考えずにやると失敗しちゃうんですよね(体験者)。
 で、共有メールボックスでメール配信を使うには準備が必要。

 続きます。

|

« PowerAutomateでExcelオンラインを使って一括メール配信 その1 | トップページ | PowerAutomateでExcelオンラインを使って一括メール配信 その3 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« PowerAutomateでExcelオンラインを使って一括メール配信 その1 | トップページ | PowerAutomateでExcelオンラインを使って一括メール配信 その3 »