« SamanthaFox_[I Can't Get No] Satisfaction | トップページ | 介護施設で入所者の通帳窃取か 介護士の60歳女を逮捕_産経WEST »

2024/01/29

【速報】逆転勝訴 旧優生保護法訴訟で国に1320万円の賠償命じる判決 不妊手術めぐり70代夫婦が賠償求めた裁判 長男出産の3日後に何の説明もないまま手術_毎日放送

【速報】逆転勝訴 旧優生保護法訴訟で国に1320万円の賠償命じる判決 不妊手術めぐり70代夫婦が賠償求めた裁判 長男出産の3日後に何の説明もないまま手術_毎日放送

【速報】逆転勝訴 旧優生保護法訴訟で国に1320万円の賠償命じる判決 不妊手術めぐり70代夫婦が賠償求めた裁判 長男出産の3日後に何の説明もないまま手術|TBS NEWS DIG
毎日放送 2024年1月26日(金) 15:26
https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/964483?display=1


▼争点は「除斥期間」“不法行為が起きた時点から20年”

この国賠訴訟でも争点となってきたのが、“損害賠償を請求できるのは不法行為が起きた時点から20年”とする「除斥期間」です。


 この大阪高裁判決では、地裁の判断、

「そうした事情=『提訴の前提となる情報や相談機会へのアクセスが著しく難しい環境』が解消されたのは、旧優生保護法下の不妊手術をめぐる初の国賠訴訟が仙台地裁で起こされた、2018年1月から間もない時期とみるべきだ(実際その頃に原告らは、長男夫婦から不妊手術が旧優生保護法に基づくものだった可能性を教えられている)。今回の訴えが起こされた2019年12月は、その時期から6か月以上が経過していて、請求権は消えていた」

を覆して、

「提訴が困難な事情が解消されたのは、夫婦が下腹部の切開創についての診断書を取得できた2019年8月とみるべき」

との判断により、起算点を変更し、高裁は原告を救済したわけですね。

 ただ、これ、今複数の同様の訴訟が走っている状況であるために。
 最高裁が除斥期間の適用についての判断を示すのではないかと。

 なるほど、まだもう少し待たないと最終的な判断になっていないのですね。
 現時点で、除斥期間のカウントは事情により動く場合があることは知っておくべきですか。

|

« SamanthaFox_[I Can't Get No] Satisfaction | トップページ | 介護施設で入所者の通帳窃取か 介護士の60歳女を逮捕_産経WEST »

ニュース」カテゴリの記事

法律全般」カテゴリの記事

医療・福祉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« SamanthaFox_[I Can't Get No] Satisfaction | トップページ | 介護施設で入所者の通帳窃取か 介護士の60歳女を逮捕_産経WEST »