« 「お子ちゃま発想」「ガキだよね」…元弁護士への取り調べ映像、損害賠償訴訟の口頭弁論で再生_読売新聞 | トップページ | 「墓じまい」で墓を取り違え、業者に560万円支払い命令…別区画の同じ家名の墓石を撤去_読売新聞 »

2024/01/21

岡口判事の「不法行為」投稿、認定2件に…賠償額は増やさず_読売新聞

岡口判事の「不法行為」投稿、認定2件に…賠償額は増やさず_読売新聞

岡口判事の「不法行為」投稿、認定2件に…賠償額は増やさず
読売新聞 2024/01/17 18:03
https://www.yomiuri.co.jp/national/20240117-OYT1T50150/

「地裁は19年の投稿のみ名誉毀損が成立するとしたが、高裁は17年の投稿も「性的好奇心に訴えかけて閲覧を誘導しようとするもので、遺族は精神的苦痛を受けた」として不法行為にあたると判断した。しかし、提訴前に時効(3年)が成立したとして賠償額を増やさなかった。」

 これ、

「両親が抗議すると、18年に「因縁をつけている」、19年に「俺を非難するよう洗脳されている」と書き込んだ。」

 が、大失着で、連続大悪手だったわけですよね。
 もっと言えば、その後も早期に遺族の元へ直接謝罪に行くべきだった。

 それを全部スルーして、弾劾訴追になってから反省を言い出したのは。
 多分、どうみても心象最悪ですよね。

 「意地張らずに、早く謝罪に行け」と言ってくれる人って周囲にいなかったのか。
 なんかすごくかわいそうだな、と思います。

 どんなに年齢を重ねても、どんなにステイタスがあっても。
 謝るべきところは謝らないと、覆水盆に返らずということはある。

 私には、今でも何かあれば叱ってくれる人たちがいる。
 幸せだなと。

|

« 「お子ちゃま発想」「ガキだよね」…元弁護士への取り調べ映像、損害賠償訴訟の口頭弁論で再生_読売新聞 | トップページ | 「墓じまい」で墓を取り違え、業者に560万円支払い命令…別区画の同じ家名の墓石を撤去_読売新聞 »

ニュース」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

法律全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「お子ちゃま発想」「ガキだよね」…元弁護士への取り調べ映像、損害賠償訴訟の口頭弁論で再生_読売新聞 | トップページ | 「墓じまい」で墓を取り違え、業者に560万円支払い命令…別区画の同じ家名の墓石を撤去_読売新聞 »