« 草津町長への名誉毀損罪、著者に有罪判決 元町議の虚偽告白を書籍化_朝日新聞 | トップページ | 地味に便利 Microsoft Edgeの「Webサイトのアプリ化_Windows Server Insider »

2024/01/26

高額な水回り修理の集団訴訟で初判決、地裁「悪徳商法だ」…業者に工事費全額の支払い命令_読売新聞

高額な水回り修理の集団訴訟で初判決、地裁「悪徳商法だ」…業者に工事費全額の支払い命令_読売新聞

高額な水回り修理の集団訴訟で初判決、地裁「悪徳商法だ」…業者に工事費全額の支払い命令
読売新聞 2024/01/20 11:37
https://www.yomiuri.co.jp/national/20240120-OYT1T50094/

「水回りの修理で不当に高額な代金を請求されたとして、京都、大阪両府の男女計14人が神戸市の水道工事業者らを相手取り、支払った工事費に慰謝料などを加えた計約720万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が19日、京都地裁であった。松山昇平裁判長は「当初から高額な費用の請求を意図した悪徳商法だ」とし、工事費の全額にあたる計約510万円の支払いを業者らに命じた。」

「判決によると、原告は2020年7月~21年12月、「基本料金1000円」などとうたう同じインターネット広告を見て、トイレの配管工事や台所の水漏れ修理などを業者に依頼。業者は十分な説明なしに工事を始めた後、「特別な機械を使う必要がある」などとしてそれぞれに10万~165万円を請求した。」

 こういう業者たちって、追加は一切ないと約束しておきながら。
 後で、追加を払わせることが、本当に少なくないわけですよね。

 真面目にやれば、追加が出るかどうか分からないわけですから。
 追加が一切ないと謳う時点で怪しいんじゃないのと思うのですが。

「松山裁判長は判決で「修理作業を一部進め、断ることが難しい状況に追い込んだ上で契約を結ばせたのは、不法行為にあたる」と認定した。」

 なるほど。
 不法行為認定したのですね。

「慰謝料については「精神的損害が生じたとまでは言えない」として認めなかった。」

 恐らく、これが今の日本の訴訟での限界なんですよね。
 慰謝料はともかく、工事費以外の費用の負担を求める立法ができないのかしら。

|

« 草津町長への名誉毀損罪、著者に有罪判決 元町議の虚偽告白を書籍化_朝日新聞 | トップページ | 地味に便利 Microsoft Edgeの「Webサイトのアプリ化_Windows Server Insider »

ニュース」カテゴリの記事

法律全般」カテゴリの記事

詐欺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 草津町長への名誉毀損罪、著者に有罪判決 元町議の虚偽告白を書籍化_朝日新聞 | トップページ | 地味に便利 Microsoft Edgeの「Webサイトのアプリ化_Windows Server Insider »