カテゴリー「中小企業」の126件の記事

2022/06/01

freee会計を利用してきたが、やはり会計王に戻すかな_高橋雄一郎氏twitter

freee会計を利用してきたが、やはり会計王に戻すかな_高橋雄一郎氏twitter


高橋雄一郎@kamatatylaw

半年間だけfreee会計を利用してきたが、やはり会計王に戻すかな。freee会計は英文請求書が作れない、複数の項目の立替金処理ができない、その他いろいろ問題があって、やはり発展途上の技術なんだろう。その間ソリマチの会計王も進化してきたというのもあるが。

午前11:41 ・ 2022年5月25日・Twitter Web App
https://twitter.com/kamatatylaw/status/1529291472356646912?cxt=HHwWgIDR_bqfkbkqAAAA


 ソリマチの会計王は、大昔少しだけ触った記憶です。
 その後商圏拡大するような話を聞いた気もしたのですが、いつの間にか消えて。

 普通の会計ソフトだが、シェアはそれほど高くないという印象でした。
 しかし、ソリマチは、恐らく農業簿記ソフトはシェア高いんでしょうね。

 それはともかく、弁護士さんが会計王使うってのは、ちょっとビックリ。
 この高橋先生は、ちょっとマニアックな部分ある方なのかも。

 で、freee会計は、ユーザーは簡単なイメージだけれど。
 きちんと向き合うとそうでもないって声は多い。

 簡単だと思って、本来やるべきことを全くやっていないので。
 むしろ、ゴミ箱状態になっているような話も聞きますね。

 それはfreeeの罪ではないと擁護する声も聞きますが。
 普通のユーザーできちんと使い切れないソフトって、私はノーサンキューだな。

| | コメント (0)

2022/05/15

ピンチの町工場。一方的なキャンセルをした”元”お取引先に返した言葉とは?_SHAKUNOTE

ピンチの町工場。一方的なキャンセルをした”元”お取引先に返した言葉とは?_SHAKUNOTE

しゃく。@shakunone
3年前。突然の取引停止。「今後はコストの安い海外でつくるよ。もう高い日本製はいらないから。」あまりに急で一方的。見込んでいた受注も0に。あわてて仕事をさがし、頭をさげ、お金をかき集め、大ピンチを首の皮一枚でしのいだ。そして今年4月。上海がロックダウン。その時、TELが鳴りました。
午前6:21 2022年5月13日 Twitter Web App
https://twitter.com/shakunone/status/1524862227496505344?cxt=HHwWgMC4lb2Hs6kqAAAA

ピンチの町工場。一方的なキャンセルをした”元”お取引先に返した言葉とは?
SHAKUNOTE 2022.05.13
https://shakunone.com/blog/4125/

「その後、噂話として聞いたのは、いろんな日本の工場に声をかけているものの、受けてもらえず困っているそうです。その大きな理由は「価格」にあるそうで、「困っているから中国製の価格と合わせてくれ」と、謎の要求をしているそう…。」

 私なら、電話ガチャ切りしちゃうかもなぁ。
 この方の精神力すごいや。

| | コメント (0)

2021/08/13

株式の時効取得の可否等_ビジネス法務

株式の時効取得の可否等_ビジネス法務

 ビジネス法務2021年9月号より。

連載 株主・株式からみた中小企業M&Aの実務
最終回 その他の問題
横井伸(日本M&Aセンター法務室長 弁護士)
一色翔太(日本M&Aセンター法務室 弁護士)
下宮麻子(日本M&Aセンター法務課長 司法書士)
越川裕太(日本M&Aセンター法務室 弁護士)

 株式の時効取得の可否については、裁判例が少なく。
 要件が不明確な部分があると。

 株式の善意取得については、東京高判平成5年11月16日が参考になると。
 譲渡制限ある株式取得に際して、取得する株式の変遷を調査して然るべきとしていると。

 実務では、重過失なく株券の譲渡を受け、善意取得が認められるのは。
 限定的な場合であり、現実的には期待できないだろうと。

 なるほど、これらは書籍になどにちらっと書いてあるものの。
 現実には、気持ち程度の話にしかならないということか。

 あと、所有と経営が分離している会社でのM&Aの注意点として。
 開示がデリケートであることや、対立した場合に問題があること。

 更に、オーナー企業と違って、退職金支給で株価を抑えるスキームは使えない。
 それでも引き継ぎを考慮して、相応の退職金支給すべしと。

 今回が第14回で最終回ということですが。
 そのうち、書籍でまとまった段階でまた読んでみたいですね。

| | コメント (0)

2021/05/24

小さなまちの“企業再生請負人” コロナ禍での苦闘_NHK

小さなまちの“企業再生請負人” コロナ禍での苦闘_NHK

小さなまちの“企業再生請負人” コロナ禍での苦闘
NHK 2021年5月17日 18時33分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210517/k10013030491000.html

 最初にまず得難い経験をしたと。
 いや、正直、耐えられない人が多そうなレベルですが。


 33歳のときに取り組んだのが、経営危機に陥った滝川市のスーパーの再建だった。
 このスーパー、地場の企業とはいえ、店舗数は22、従業員は1200人余りと、倒産すれば地域へ深刻な影響が懸念された。当時、抱えていた負債は40億円以上。営業の不振は深刻で、もはや自力での再生は不可能な状況になっていた。
 伊藤が考えた解決策は、金融機関による借金の一部免除を前提に、大手スーパーに買収してもらうこと。当時、融資を受けていた5つの金融機関を回り、再建策を提案した。しかし、「金融機関からは容赦ない罵倒と怒号が浴びせられ、誠意を見せろと土下座も求められた」と伊藤はそのときのことを語る。
 それでも「『スーパーと従業員の雇用を維持するためにはこの方法しかない』と何度も頭を下げ、すべての債権者の説得に成功した」という。 この会社は、その後、大手スーパーに買収され、現在も営業を続けている。
 この経験が、伊藤にとって転機となった。


 まさに、これが人生の分かれ目。

 「頭を下げた金融機関の1つ、北門信用金庫から、企業支援の担当として採用を持ちかけられたのだ。」

 これは採用した方もすごい。
 そして、今度はなんと、北海道を飛び出してしまった。

「ことし4月、1000キロ以上離れた松江市に本店がある島根銀行の外部アドバイザーに就任した。取引先の支援に本腰を入れようとしている銀行側から指名を受けた。」

 単に金を貸すだけではなく、いかに、ネットワークを生かしていくか。
 信金や地銀の生きていく道は、確かにここにしかないのでしょう。

| | コメント (0)

2021/05/22

ユニクロ 特許訴訟で敗訴 無人レジでタグ情報読み取る技術で_NHK

ユニクロ 特許訴訟で敗訴 無人レジでタグ情報読み取る技術で_NHK

ユニクロ 特許訴訟で敗訴 無人レジでタグ情報読み取る技術で
NHK 2021年5月20日 18時33分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210520/k10013042221000.html

 ユニクロ敗訴、というよりも、特許権者である大阪の中小企業が勝った。
 そして、特許庁の判断ミスが断罪された、というべきなのでしょうか。


 大阪市のIT企業「アスタリスク」がこの技術を発明したとして特許を取得したのに対し、ファーストリテイリングは「これまでの技術と同じで発明は簡単だ」と主張して特許庁に訴え、特許庁では、IT企業の一部の特許が無効だと判断されていました。

 これについて、知的財産高等裁判所の森義之裁判長は判決で「上向きに開いた状態でタグのデータを読み取る技術の発明は簡単にはできない」と指摘し、特許庁の審決とは逆に、IT企業の特許は有効だと判断しました。

 (略)

 特許庁は「判決内容を精査し、確定を待って適切に対応したい」とコメントしています。


 特許庁は、相当バツが悪いでしょうね。

| | コメント (0)

2021/03/05

経費ゼロでV字回復! 行列の絶えない経営相談所_NHK

経費ゼロでV字回復! 行列の絶えない経営相談所_NHK

経費ゼロでV字回復! 行列の絶えない経営相談所
2021年2月17日 16時39分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210217/k10012870981000.html

 お金をかけずに、改善・転換のチャンスを見出す。
 中小企業における経営見直しの要諦とも言うべきお話です。


そんな秋元さんが企業の相談を受ける際に大事にしているのは、“会社の話をじっくり聞くこと”です。

秋元さん
「まずはじっくりと、フラットな目線でお話を聞かせていただく。自分のことって、結構身近すぎて気付かないことって多いと思うんですよ。相談の中で、本人たちが気付いていない会社のよいところ、セールスポイントを見つけ、それを商品やサービスに生かすということを信条にしています」


 日常業務の中に、実はセールスポイントが隠れていることは少なくない。
 ただ、それを自分ではなかなか拾いきれない。

 そこを助けてあげましょう、というお話ですね。
 いや、納得であり、同感です。

 逆に言えば、日常業務をじっくり見直す時間を取らずして。
 魔法の杖のような解決策を求める経営者が、詐欺に遭うのでしょうね。

 まぁ、もう1つだけ言えば、こういう提案に対して。
 素直に聞いて、行動できた経営者たちも素晴らしかったのだと思います。

| | コメント (0)

2021/03/04

「オンライン就活」で内定辞退が続出・・・ ある中小企業はこう切り抜けた_NHK

「オンライン就活」で内定辞退が続出・・・ ある中小企業はこう切り抜けた_NHK

「オンライン就活」で内定辞退が続出・・・ ある中小企業はこう切り抜けた
NHK 2021年02月26日
https://www3.nhk.or.jp/news/special/news_seminar/syukatsu/syukatsu657/

 これは、求人に苦しむ中小企業は、是非知るべき情報かもしれません。
 新しい就活サービスが始まっていたのですね。


OfferBoxとは?

 OfferBoxは、最も利用されている新卒オファー型就活サイト※1です。
 企業から、興味を持った学生に対してオファーを送ります。
https://offerbox.jp/


 「企業から学生個人にオファーすることができる就活サイト」

 「学生がみずから経歴などを細かに書き込み、それを読んだ企業が興味のある学生に対して直接メッセージを送り、面接などにつなげる仕組み」

 実際には、この企業の場合、テンプレに依存しないメッセージを工夫しており。
 学生たちの反応もそれを踏まえてなのでしょうけど、傾聴すべき話かなと。


| | コメント (0)

2021/03/03

世界最高齢の総務部員は90歳 IT化にも対応し「定年はない」_Sankei Biz

世界最高齢の総務部員は90歳 IT化にも対応し「定年はない」_Sankei Biz

世界最高齢の総務部員は90歳 IT化にも対応し「定年はない」
Sankei Biz 2021.2.16 06:03
https://www.sankeibiz.jp/workstyle/news/210216/wsa2102160603001-n1.htm

「大阪のねじの専門商社に勤務する90歳の玉置泰子さんが「世界最高齢総務部員」としてギネス世界記録に認定された。勤続64年。「今日頑張れば、明日も頑張れる」の精神で、人生を送ってきた。」

「私に定年はない。働けるかぎりは、いつまでも頑張る」

「働くことに喜びを感じています。工夫をすればどんどん楽しくなる仕事にわれを忘れて没頭してしまう」

「大阪市西区のサンコーインダストリーで総務部長付け課長を務め、経理や庶務を担当している。」

「出社するとメールやファクスをチェック。給与計算や会議の議事録を作成することなどが主な業務だ。」

 すごいですね。
 で、流石にパソコン駆使しているそうです。

「約20年前、社内でIT化が急速に進んだとき、すでに70歳近かったが「わくわく気分で」パソコンの使い方を習得した。「そろばんや帳簿とのにらめっこから一変した業務に好奇心が止まらなかった」。今では表計算ソフト「エクセル」などを駆使してデータ分析やチェックなどに取り組むほか、スマートフォンでフェイスブックを閲覧して、情報収集を怠らない。」

 今の時代の高齢者は、スマホやパソコンを使えるかどうかで。
 人生をどれだけ活用できるか、大きく差が出ますね。

 スマホって、使いこなせば、若者よりも高齢者に優しいツールです。
 で、多分、もう5年ほどすると、もっと人間に寄り添ってくるでしょうし。

 今頑張ってスマホやパソコンを習得すれば。
 これから数十年、付き添ってくれるツールになる。

 この玉置さんが習得時にそう考えたかどうかは不明ですが。
 私は親にそう言っています。

 あ、母親はスマホ、ギリギリで間に合って。
 父親はアウトでしたけど。

 で、体力の衰え問題は、ヨガで解決しているとか。
 いや、すごい、とまた言ってしまった。

| | コメント (0)

2021/02/27

行動原理は高倉健

行動原理は高倉健

 ある、破格というべき経営者が、以前言っていた言葉ですが。
 「ワシの行動原理は、高倉健なんよ」と。

 いや、もっと直截的に、例の数字を3つ並べた言葉も出ましたが。
 要するに、仁義、任侠だ、ということです。

 自分が信じた人間であれば、無償でも、仕事を繋いであげる。
 見返りになどは求めない。

 しかし、自分を裏切った者に対しては、容赦なく報復する。
 一見許したように見えても、奥底ではそうではない。

 自民党の古き政治家の行動原理は、多分、同じ言葉で成り立っていると思います。
 あれだけ世間からけちょんけちょんに言われても、なぜあの人がという支持がある。

 それって、要するに、その人達が、仁義や任侠心を大事にしてきたのだと。
 任侠道以外はすべて些細なこと、恐らくは、その点に尽きるのだと思います。

 そこさえ守っていれば、それ以外の欠点はすべて目を瞑って、呑み込める。
 それが、自民党の伝統を守る政治家だ、そして一定の支持者たちがいるということなのでしょう。

 いや、そのバランスは、私自身の価値観には合いませんし、疑問です。
 しかし、それでも、なぜ一定の支持があるのか、そこは知っておくべきでしょう。

 そして、この人達に退いて貰うには、ただ、任侠の精神を説くしかないのでしょう。
 そこを分かって実行できる人たちがいるかどうか、それだけです。

 ただ、当然ですが、上っ面では、見透かされますね。
 真剣で切り結ぶ覚悟がないと無理。

 さて、経営者にせよ、政治家にせよ、世代交代を本気でやりたいのであれば。
 その覚悟を示さなければですが、逃げちゃう人が大半ですよね。

 だからこそ、余計に上の世代の人たちは歯がゆく思っているでしょう。
 自分たちを押しのける存在が出てこないと、死ぬに死ねないわい、と。

 

| | コメント (0)

2020/12/30

マタハラ訴訟で雇用側が逆転勝訴したのは原告の「嘘」が発覚したから_ジャパンビジネスラボ杉村貴子社長インタビュー記事より

マタハラ訴訟で雇用側が逆転勝訴したのは原告の「嘘」が発覚したから_ジャパンビジネスラボ杉村貴子社長インタビュー記事より

「マタハラ」で会社を訴えた原告女性はなぜ逆転敗訴したのか? 被告の女性社長が語った法廷の”真実”
AERA dot. 2020/12/29 08:00
https://www.msn.com/ja-jp/news/opinion/%e3%80%8c%e3%83%9e%e3%82%bf%e3%83%8f%e3%83%a9%e3%80%8d%e3%81%a7%e4%bc%9a%e7%a4%be%e3%82%92%e8%a8%b4%e3%81%88%e3%81%9f%e5%8e%9f%e5%91%8a%e5%a5%b3%e6%80%a7%e3%81%af%e3%81%aa%e3%81%9c%e9%80%86%e8%bb%a2%e6%95%97%e8%a8%b4%e3%81%97%e3%81%9f%e3%81%ae%e3%81%8b%ef%bc%9f-%e8%a2%ab%e5%91%8a%e3%81%ae%e5%a5%b3%e6%80%a7%e7%a4%be%e9%95%b7%e3%81%8c%e8%aa%9e%e3%81%a3%e3%81%9f%e6%b3%95%e5%bb%b7%e3%81%ae%e2%80%9d%e7%9c%9f%e5%ae%9f%e2%80%9d/ar-BB1ciGxi?ocid=st

 マタハラだとブラック企業扱いされたジャパンビジネスラボ(JBL)。
 その杉村貴子社長への勝訴後インタビュー記事です。

「一審で雇い止めは無効とされたが、控訴審で「雇い止めになるには理由があった」と、2019年11月に女性が逆転敗訴した。女性は上告したが2020年12月8日、最高裁判所はその訴えを退け棄却。訴えられたJBL社の逆転勝利となった。」(記事リード部分)

 これだけ読むと、あれって感じですが。
 本文読むと、原告側の女性、相当ひどいって感じに見えちゃいますね。

「―― 原告は「保育園が決まったから正社員に戻してほしい」と繰り返し、主張していました。しかし、実は保育園の入園申請すらしていなかったという新証拠が見つかって原告の”嘘”が明らかになりました。これで裁判の流れが変わりました。高裁判決は「保育園の申し込みをしていないことを秘して交渉し、不誠実な態度に終始した」と言及しました。」(インタビュアー発言部)

 ただ、正直、こういう人はレアと言えないという残念な現実があります。
 そうすると、雇用側は、過度に緩和した取扱いは忌避せざるを得ない。

 何かあった時に、背中から刺されるリスクを避けなければならないから。
 信頼しても、以前の約束をなかったことにする方、確かにいるのです。

 まさに、本文中にあるようにです。
 最初の一歩のつもりで、雇用側が用意したルールが裏切られるというか。

 それによって、雇用側は身構えますよね、もう緩和はやめようと。
 結果、この手の権利濫用が、後進の女性達を苦しめることにもなるわけです。

 恐ろしいことですが、本人は、「ちょっとくらいいいでしょう」とか。
 言い出してしまうのですよね。

 私の場合は、事実の嘘はつかれませんでしたけれど。
 事前の約束は破られ、ある意味法律の裏をかけとのニュアンスの発言まで。

 何故、本人がそうなってしまったのかはわかりません。
 ただ、自己の価値を勘違いしていた傾向は感じていました。

 この事件の原告も、もしかしてそうだったのだろうか。
 あの時、そうなる前に、自分はどうすべきだったのだろうか。

 などと、答えのない問題が、今も頭をぐるぐる回ります。
 ま、悩んでも、悔やんでも、時間は巻き戻せないのですが。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧