カテゴリー「ちょっとびっくり」の1000件の記事

2024/06/13

連合の事務局長、蓮舫氏を批判 「共産の公認候補のよう」_共同通信

連合の事務局長、蓮舫氏を批判 「共産の公認候補のよう」_共同通信

連合の事務局長、蓮舫氏を批判 「共産 の公認候補のよう」
2024年06月12日 19時34分 共同通信│
https://www.47news.jp/11050219.html

「立憲民主党の支持団体、連合の清水秀行事務局長は12日、東京都知事選に立候補を表明した立民の蓮舫参院議員について、共産党と一体となって活動しているとして「まるで共産の公認候補のようだ。受け入れられない」と批判した。」

 なんか、小池百合子を当選させるために、蓮舫出馬が仕組まれたのか。
 そんな感すらあるのが、怖いところ。

 いや、あの人達には、整合性を保つという概念はないのかしら。

| | コメント (0)

2024/06/11

草津町を訪れて直接謝罪したのは「しんぶん赤旗」の編集幹部だけ_産経新聞

草津町を訪れて直接謝罪したのは「しんぶん赤旗」の編集幹部だけ_産経新聞

国民・井戸正枝氏、元草津町議の性被害虚偽証言で非難した黒岩町長に直接謝罪へ 10日に
産経新聞 2024/6/5 13:40 奥原 慎平
https://www.sankei.com/article/20240605-2H5W6JVBERGPFESKZAN7SZEHHM/

「黒岩氏は今年4月、産経新聞の取材に応じ、新井氏の告発を受けてフェミニストらから誹謗(ひぼう)中傷が寄せられた一方、発言が虚偽だと明らかになって以降、草津町を訪れて直接謝罪したのは、新井氏の主張に沿った記事を掲載(現在は削除)した共産党の機関紙「しんぶん赤旗」の編集幹部だけだったという。」

 共産党は嫌いですが。
 こういう面で筋を通した、赤旗の編集幹部、素晴らしいですね。

 あとは、こそこそ逃げ回って、見苦しいばかり。

| | コメント (0)

2024/06/05

「言った」「言ってない」(特別調査委員会による調査報告書公表および映像化指針策定のお知らせ)_小学館

「言った」「言ってない」(特別調査委員会による調査報告書公表および映像化指針策定のお知らせ)_小学館

特別調査委員会による調査報告書公表および映像化指針策定のお知らせ
小学館 2024.6.3
https://www.shogakukan.co.jp/news/476401


(エ)社員 A と社員 B は、3 月 9 日、小学館において日本テレビ社員 X 氏と日本テレビ社員 Y 氏と面談した。面談の目的は日本テレビからの挨拶であったが、社員 A は、芦原氏が自分の作品を大切にする方であり、作品の世界観を守るために細かな指示をする所謂「難しい作家」であるから、原作に忠実で原作を大事にする脚本家でないと難しいと伝えた。対して日本テレビ社員Y 氏は、原作が大好きで、すごく面白いからドラマ化したいと述べ、当然、原作に忠実にするとのことであった。なお本委員会からの質問に対して、日本テレビ社員 Y 氏は、「『原作を大事にして欲しい』という趣旨はお聞きしましたが、脚本家はどういった方がいいという話までは出ていなかったと記憶しています」「 『当然、原作に忠実にする』という発言はしておりません」と回答している(特別調査委員会からの質問(以下「本委員会質問」)に対する回答)。

PDF1 報告書
https://doc.shogakukan.co.jp/20240603a.pdf#page=17


 実際の会話は、今となっては真偽不明。
 ただ、意図的かどうかは別にして、作者の意図は理解されない形で受け止められた。

 今後、このあたりの意思確認は、明確化された書面で、罰則を伴う形で契約化。
 というのが、マストの話になってくるのではないだろかとも。

 まぁ、何よりも、小学館が忖度・尊重すべきは、作家の意向であって。
 メディアミックス展開先ではない、ということははっきりさせるべきですが。

 あと、この報告書で気になるのは。

「本事案では、公正な機関が調整する前の段階として、原作者の意見が、摩擦を回避できる程度に十分に、脚本家に伝わらなかったことが問題である。」
https://doc.shogakukan.co.jp/20240603a.pdf#page=82

 とあるのですが。

 そもそも、そういう脚本家を選んだ番組制作者の問題はどうなのと。
 本当に、この作品が好きで、是非作りたい、という人たちだったのか。

 そこに根本的な問題があったしか思えません。

 つまり、会った相手に「愛があるか」を見極める目。
 それが、作家を守る編集者・出版社の人間に求められる最大の素養だと思います。

 その辺を意識しないと、この映像化指針って、何の意味もないんじゃないかしら。

映像化指針 小学館
https://doc.shogakukan.co.jp/20240603b.pdf

| | コメント (0)

最高裁 個人情報900人漏えい アドレス見える状態でメール送信_NHK

最高裁 個人情報900人漏えい アドレス見える状態でメール送信_NHK

最高裁 個人情報900人漏えい アドレス見える状態でメール送信
NHK 2024年6月4日 6時48分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240604/k10014470231000.html

「最高裁判所で3日、司法修習中に資金を借りていた弁護士などにメールを送る際、全員のアドレスが見える状態で一斉送信するミスがあり、対象者900人の個人情報が漏えいしたことが分かりました。」

 なるほど、BCCで送るべきを、全てtoにしたのですね。

「その際、ほかの受信者のアドレスが見えないようにする「BCC」の欄ではなく、全員のアドレスが表示される「宛先」の欄に誤って入力し、900人全員のアドレスやそれにひも付く名前、IDが漏えいしました。」

 やっぱり。
 リテラシーない人間にやらせると、やりがちです。

「最高裁判所によりますと、3日午前、司法修習中に最高裁から資金を借りていた弁護士など900人に対し、職員が2回に分けて事務的なメールを送信しました。」

 うわ……。
 これは気まずい。

「アドレスの入力先について、複数の職員によるチェックはしていなかったということです。」

 というか、ITリテラシーの研修って、必須の時代だと思います。
 スマホしか使わない世代だという前提だということ、再認識すべきかと。

 ということで、これは、一般企業にも、まさに他山の石です。

| | コメント (0)

「さすがの民主党政権もここまでは…迷走ひどい」立民・安住淳国対委員長が自民に苦言_産経新聞

「さすがの民主党政権もここまでは…迷走ひどい」立民・安住淳国対委員長が自民に苦言_産経新聞

「さすがの民主党政権もここまでは…迷走ひどい」立民・安住淳国対委員長が自民に苦言
産経新聞 2024/6/4 11:33
https://www.sankei.com/article/20240604-JFYOCGLTB5LKXDZJPW5RWD3WEU/

「安住氏は「さすがの民主党政権もここまでやったことはない。迷走もひどいのではないか」と伝えた。」

 なんだ、自覚あったんだ。
 他人から言われたら「そんなことはない」「もう民主党ではない」と言うのにね。

| | コメント (0)

2024/06/02

Amazonでの代金引換が終了へ。6月6日以降から利用不可_GAME Watch

Amazonでの代金引換が終了へ。6月6日以降から利用不可_GAME Watch

Amazonでの代金引換が終了へ。6月6日以降から利用不可
GAME Watch 畠中健太2024年5月28日 15:26
https://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1595348.html

 びっくり。

[重要] 代金引換に関するお知らせ
投稿者:News_Amazon
1週間前
https://sellercentral.amazon.co.jp/seller-forums/discussions/t/533f8554-40a4-4bdb-859b-0674039a05ae

 先払いか、クレカ決裁を使えと。

 最近は、Amazonカードをコンビニで買ってそれで払うので。
 個人的な実害はないですが、結構影響あるところはありそうですが、さて。

| | コメント (0)

2024/06/01

福山市北部にツキノワグマ出没か 男性が遭遇、市が注意呼びかけ_山陽新聞

福山市北部にツキノワグマ出没か 男性が遭遇、市が注意呼びかけ_山陽新聞

福山市北部にツキノワグマ出没か 男性が遭遇、市が注意呼びかけ
山陽新聞(2024年05月27日 21時07分 更新)
https://www.sanyonews.jp/article/1558727

「福山市は27日、市北部でクマが出没し、地元住民と遭遇する目撃情報が寄せられたと発表した。人的被害はなかったものの、周辺に生息している可能性もあり、注意を呼びかけている。」

 ツキノワグマって。

 猿やイノシシは出没情報ありましたし。
 三原では街なかに出没したという話もありました。

「現場は岡山、広島両県境近くで、福山市山野農村公園から西へ約4キロの山間部。」

 流石に近隣ではなさそう。
 でも、バカンスなど行く人は要注意、かしら。

| | コメント (0)

2024/05/30

Googleがクラウドから「絶対に消えてはいけないもの」を消してしまう_GIZMODO

Googleがクラウドから「絶対に消えてはいけないもの」を消してしまう_GIZMODO

Googleがクラウドから「絶対に消えてはいけないもの」を消してしまう
GIZMODO 2024.05.26 07:00 author 山田ちとら
https://www.gizmodo.jp/2024/05/google-cloud-accidentally-detele-unisuper-account.html

「2024年4月下旬に、Googleが誤ってオーストラリアの年金基金UniSuperのGoogle Cloudアカウントを削除してしまったとThe Guardianが報じました。UniSuperが管理している年金の総額は日本円にしておよそ17兆2500億円。UniSuperにお金を預けている62万人が1週間以上も自分の口座にアクセスできない状況が続いたそうです。」

 アカウントを消されると、何もできなくなりますね。
 実際、Googleアカウントでクラウドバックアップを持っていたようですが、それも飛んだと。

 今回は、

「幸いUniSuperは別のプロバイダ元にもデータを保存していたため、5月2日には復旧を果たし、預金も無事だったそうです。」

とのことですが、ぞっとします。

 これについては、以前、永遠に語り継ぐべき下記事件がありました。

あの日、何が起こったのか――ファーストサーバデータ消失オフレポート
@IT 2012年07月20日 19時00分 公開 [岡田有花,フリーライター]
https://atmarkit.itmedia.co.jp/ait/articles/1207/20/news149.html

 クラウドが当たり前の時代になった今、別プロバイダーへのバックアップ。
 真面目に考えるべき時代なのかも。

 それにしても、Googleへの無条件の信頼はできないんですね。
 いや、LINEなんかよりは1万倍マシなんだろうとは思いますが。

| | コメント (0)

2024/05/29

知らない間に不妊手術を強制していた旧優生保護法_TBS NEWS DIG

知らない間に不妊手術を強制していた旧優生保護法_TBS NEWS DIG

 びっくり。


北さんは宮城県内の児童福祉施設で暮らしていた中学生のころ、国の施策によって人生を大きく狂わされました。

施設の職員
「悪いところがあるかもしれない」

ある日、施設の職員にこう告げられ、病院に連れていかれました。

北三郎さん
「産婦人科って書いてあったから『ここ違うんじゃないの?』。先生は慌てて『他の病院が混んでいるから、ここに決めたから』」

麻酔を打たれ、意識はもうろう。気づいた時には下半身の痛みで歩けなくなっていました。知らぬ間に不妊手術を受けたのです。

「言ったら離婚と思っていた」 不妊手術強制され妻にも言えず 「旧優生保護法」あす最高裁
TBS NEWS DIG 2024/5/28(火) 16:47配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/1a5059b87dffbb36caeb5d8f08892326c7507b02


 いや、ナチス・ドイツって言葉を安易に使う人多いですが。
 これこそが、ナチス・ドイツ的な思想によるものじゃないの、という。

 で、これって、損害賠償がどうのこうのではなくて。
 どうしてこのような思想が問題視されなかったのか。

 そこを突き詰めていくべきでしょうね。

 いや、当事者が損害賠償を求めるのは、当然によろしいのですが。
 社会は、それで済ませてはいけないというか。

 誰かを批判するというよりも、我々自身の社会の中にある病理を見つけるべき。

 どこかに研究書とかないのかな、ですが。
 思想的に色が付いていないもの、があるかどうかだなぁ。

| | コメント (0)

2024/05/27

月に50万円売る「魚の自販機」大ヒットの舞台裏_読売新聞

月に50万円売る「魚の自販機」大ヒットの舞台裏_読売新聞

月に50万円売る「魚の自販機」大ヒットの舞台裏
読売新聞 2024/05/21 12:09 東洋経済オンライン
https://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/toyokeizai/20240522-SYT8T5364830/

「自動販売機なら設置費用込みで300万ぐらい。店舗を作ると小さくても1000万は超えてしまうので、だいぶ安く抑えられますね。大体、直売所の5分の1くらいの費用感でできました。さらに、自動販売機なら人手がいらないのが一番大きかったです。人手に関しては無人販売という選択肢もありますが、盗難の心配があるので、セキュリティ面でも自動販売機はいいなと思いました。」

 なるほど、今どきは無人運営のメリットが大きいと。
 ただ、補充はなかなか大変ですね。

「―商品の補充はどのくらいの頻度でしていますか?

自動販売機の在庫や温度、販売履歴、消費期限、不具合などはすべてクラウドサーバーと連動して、リアルタイムにスマートフォンで見られるようになっています。いつでもどこでも確認ができるので、商品が切れそうな時に補充しています。大体一日に2回、よく売れる時期は4、5回程度です。」

 最新技術も取り込んだ自販機で、運営も相当まめですね。
 つまり、通常の自販機販売とは相当違う手間があることは認識すべき。

 しかし、それでもやってみようという人には興味ある話でしょうね。
 自分でやる商売のヒントになる可能性が詰まっている気がします。

 で、少しおもしろかったのが、なま物を扱う自販機ならではの話。

「ただし、海ぶどうはいつでも買えるように補充していますが、なるべくロスを出したくないので賞味期限の短い刺し身は置く量を少なめにして、時間帯によっては売り切れたままにしています。刺し身は朝入れているので、欲しい場合は午前中に来ていただいたほうがいいかもしれません。

消費期限を設定しておけば、自動でもう商品が出なくなり、販売中止か売り切れという表示になります。基本的にそうなる前に全部売れて商品は入れ替わっているので、この機能が使われることはないですけどね。」

 こういうところは、よく考えられているなだし。
 自販機でこういう使い方できるものを選んで使っているのだなと。

 是非、こちらで使われている自販機のメーカーにも取材してほしいですね。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧