カテゴリー「医療・福祉」の533件の記事

2024/05/17

元近鉄・佐野慈紀氏 右腕切断後「やれることがあったんじゃないか」と痛感…「糖尿病は本当に怖い」心から訴え_FLASH

元近鉄・佐野慈紀氏 右腕切断後「やれることがあったんじゃないか」と痛感…「糖尿病は本当に怖い」心から訴え_FLASH

元近鉄・佐野慈紀氏 右腕切断後「やれることがあったんじゃないか」と痛感…「糖尿病は本当に怖い」心から訴え
FLASH 2024/5/15(水) 21:44配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/7edf7147abf760f25727c90395db9fe61390d6f8

 これはびっくり。

「それまでは毎朝30~40分くらいウォーキングしていたのですが、足に痛みと腫れが出てきて、自分で勝手に足底筋膜炎だと思っていた。たまたま通っている病院に専門の先生が来る日があって、相談してみたら、先生の顔色が急に変わって。その場で「佐野さん、これ切るね」と言われて、足の中指を切断することになったんです。これが広がったら大変なことになるから、と。」

「その後も治療が結構長引いて、8~9カ月入院していたのかな。退院して、通院で足の治療を続けることになったんです。そして、その1週間後くらいに、普段通っている透析の病院で、「どうも心臓のあたりがチクッとするんですよ』と相談したら、レントゲンを撮ることになって。結果を見た先生からは、「これは大きな病院に行ったほうがいいですね」と告げられました。」

 これで心臓弁膜症が発覚。

「じつは、その少し前につまずいて転んで手の指先を怪我し、小さなかさぶたが二つできていて全然治らなかった。そのことも相談して見てもらうと、「血流が悪くなっていて動脈硬化も進んでいるから、生きている部分の血流をよくしよう」ということでカテーテル治療をすることになりまして。そしたら、アナフィラキシー(全身性のアレルギー反応)が出てしまったんですね。もう死ぬかと思うくらい。」

 治療が思うようにいかなかった。

「それで血流はよくなったんですけど、それによって今度は手の指先の感染が進んでしまったんです。心臓弁膜症と同時に治すことはできないということで、まずは感染症を治すことになり、指先をクリーニングしながら治療してもらいました。でも、感染のスピードに追いつかなかったみたいで、結局、右手の人差し指と中指を切断しました。切ったほうが今後のためにはいいと言われて。」

 これで終わり、にはならず更に悲劇が。

「指を切った場所をさらに洗浄することになるんですけど、やっぱり洗浄が感染に追いつかなくなってしまって。それにその洗浄が激痛なんです。結局、前腕の半分くらいまで感染しているようだとわかって、先生にどうするのがベストかを聞いたら、腕を切るしかない、と。」

 これ、人によっては気が狂いそうになるでしょうね。
 何もかもどんどん裏目に出ていく。

 で、糖尿病の自覚はあったと。
 しかし、突っ込んだ検査等はしてなかったと。

「糖尿病の治療はしていました。透析もしていたし、インスリンも打っていて、状態としては末期でした。でも、数値はだいぶ安定していたんですよね。それで安心はしていたんだけど、やっぱり悪さをするんですね……。50歳過ぎたら、定期検診はやっておいたほうがいい。年に1回で良いから。あとは何か気になることがあったら、ついでに調べたほうがいいでしょうね。」

 安定していたと言っていますが、透析段階だったというのですよね。
 だから、腎臓の機能が駄目になっていたということでしょう。

 糖尿病が直接の原因かどうかはわかりませんが。
 悪化を促進していた部分があるのは、間違いないでしょう。

 つまり、本人が思うほど「安定」ではなかったのでしょう。
 うん、透析受けている人が「安定」って、相当な誤解のような。

 そして、糖尿病の強さを見誤っていたのは間違いなさそう。
 なにせ、痛くならないからですけれど。

 もっと言えば、運動していることで大丈夫という思いもあったのでしょう。
 しかし、そういう段階では、既になかったのだろうなぁ。

 これ、本人が血糖値とか、いろいろ出してくれたらもっといいのになぁ。
 でも、取材する人がそういうのわからないと無理ですよね。

 ちょっと残念な部分はあります。
 でも、私含めて、皆期にしておくべき記事でしょうね。

| | コメント (0)

2024/05/16

コロナ後遺症で2年間寝たきり 演歌歌手の夢挫折 治療法手探り続く_産経新聞

コロナ後遺症で2年間寝たきり 演歌歌手の夢挫折 治療法手探り続く_産経新聞

コロナ後遺症で2年間寝たきり 演歌歌手の夢挫折 治療法手探り続く
産経新聞 2024/5/8 20:14 王 美慧
https://www.sankei.com/article/20240508-5VBHEWVBWFLIXDDNYKHKCMRVBU/

「新型コロナウイルスの5類移行から8日で1年がたったが、感染後の後遺症に悩む人は多い。」

「3月、コロナ後遺症の専門外来に行き、症状の一つである「筋痛性脳脊髄炎・慢性疲労症候群(ME・CFS)」と診断された。ME・CFSは発症後、心身に負荷をかけると極端に体力を消耗するのが特徴だ。」

「1人暮らしが困難になり、6月には東京から神戸市内の実家に戻った。その後、症状は急激に悪化し、水を飲んでも胃腸障害を起こし、寝たきりの状態になるまで衰弱した。」

「社会はコロナ前の日常に戻りつつある。だが、相澤さんは「明日はわが身」とたとえ、こうも訴えた。「症状には個人差があり、それぞれに合うリハビリ法も異なることを知ってほしい」」

 最近、自分はコロナワクチンを打たなかったということを自慢げに語る人がちらほら。
 しかし、これって卑怯だと思います。

 コロナで死の恐怖を皆が感じていたあの時期に。
 自分は打っていないと他人に言わなかったのに、今になっていう。

 後遺症で苦しんでいる人たちをどう思うのか。
 そう考えると、今になってこういうこと言う人達とは付き合いたくないですね。

 打たないのは自由だけれど、あのとき言わなかったのであれば。
 そのまま墓場まで持っていけよ、と思います。

 うん、そういう人を探知できるXって便利ですね。
 なんとかディテクターなんだろうな。

| | コメント (0)

2024/05/15

芸能ニュースからサポート詐欺ひっかかり… 患者情報2003人分漏洩の疑い 近大病院医師、私物パソコンに無断保存_産経WEST

芸能ニュースからサポート詐欺ひっかかり… 患者情報2003人分漏洩の疑い 近大病院医師、私物パソコンに無断保存_産経WEST

芸能ニュースからサポート詐欺ひっかかり… 患者情報2003人分漏洩の疑い 近大病院医師、私物パソコンに無断保存
産経WEST 2024/5/13 18:56
https://www.sankei.com/article/20240513-JYNTLTEKFBMJDB5KWW2Q5TFWX4/

「近畿大学病院(大阪府大阪狭山市)は13日、産婦人科を受診した患者2003人分の氏名や診察情報などの個人情報が漏洩(ろうえい)した可能性があると発表した。非常勤医師だった40代男性が無断で私物パソコンに保存し、ウイルス感染を装う「サポート詐欺」の被害に遭ったという。」

「男性医師は患者情報の一部を利用する研究の承認を大学側から受けていたが、氏名などの持ち出しは許可されていなかった。同病院は男性医師が内規に違反して情報を持ち出し、保存方法が不適切だったとして、3月末で非常勤の契約を打ち切った。」

 なるほど、こういうときに内規違反が理由にされるのですね。

「同病院によると、男性医師が今年2月末、大阪府内の別のクリニックで当直勤務中、私物のパソコンで芸能ニュースを閲覧していたところ「ウイルス感染」を示す警告メッセージが表示された。指示に従って操作しているうちにパソコンが遠隔操作され、ウイルス除去の名目でプリペイドカードを購入させられるサポート詐欺の被害を受けた。」

 ITリテラシーの問題だったのでしょうか。

 研究データを入れたパソコンを日常使いにするのであれば。
 もう少し考えるべきだったのでしょうね。

 ただ、誰しも、他人事ではないですね。
 リモートワークがあり得る時代だけに、何か体系的な対策を考えないとまずそう。

| | コメント (0)

2024/05/13

HPVワクチン 正しく知って 長崎大生が出張授業 接種率の向上策議論も_長崎新聞

HPVワクチン 正しく知って 長崎大生が出張授業 接種率の向上策議論も_長崎新聞

HPVワクチン 正しく知って 長崎大生が出張授業 接種率の向上策議論も
長崎新聞 2024/05/08 [11:45] 公開
https://www.nagasaki-np.co.jp/kijis/?kijiid=1160759197787193703

「湧川さんは「若い時期の接種で子宮頸がんを最大90%予防できる。正しい情報を基に(接種するかどうか)判断してほしい」と呼びかけた。」

「3年の山川睦未さん(20)は「(講話を聞いて)副反応の怖さはなくなった」と話した。」

「同ワクチンを巡っては、2013年4月に小学6年~高校1年の女子を対象に定期接種が始まったが、接種後に体調不良など副反応を疑う声が相次ぎ、同6月に積極的勧奨の呼びかけを停止。その後、安全性が確認され、22年4月に積極的勧奨が再開されたが、接種率は20%程度と伸び悩んでいるという。
 中止期間に接種機会を逃した、1997年4月2日~08年4月1日生まれの女性が公費で接種できる「キャッチアップ接種」は来年3月まで。3回の接種が必要なため、全てを無料にするには、1回目を今年の夏ごろまでに接種する必要があるとしている。」

 打ちたくない人は打たなくていいでしょう。
 しかし、他人に「打つな」という権利はあなた達にはない。

 そして、ワクチンを娘に打たせないで、娘が子宮頸がんになった時。
 親はどういう責任をとるのかについて、少なくとも議論はしてほしい。

 各家庭に任せる、では済まない、人類・国民レベルの損失だ。
 そういう議論が起きてよいと思いますが。

| | コメント (0)

2024/05/09

トラブル相次ぐ看護学生の「お礼奉公」、系列病院が不採用なら奨学金返還義務?…訴訟に発展_読売新聞

トラブル相次ぐ看護学生の「お礼奉公」、系列病院が不採用なら奨学金返還義務?…訴訟に発展_読売新聞

トラブル相次ぐ看護学生の「お礼奉公」、系列病院が不採用なら奨学金返還義務?…訴訟に発展
読売新聞 2024/05/02 13:53(岸田藍)
https://www.yomiuri.co.jp/national/20240502-OYT1T50117/

 このお礼奉公と言われる奨学貸付金減免制度は。
 二十数年前にかなり批判され、当時、減免やめた病院もあった記憶です。

 しかし、結局、いつの間にか、元の制度に戻ってしまっていて。
 常にトラブルが起きる土壌はあったわけですが。

「看護学校生が卒業後に系列病院で一定期間働けば返済が免除される奨学金について、その病院で勤務できない場合、返済義務があるかが大阪地裁の民事訴訟で争われている。学校の運営法人が卒業生3人に返済を求め、卒業生側は法人の都合で不採用にしたのに返済を求めるのは信義則違反だとする。同様の奨学金は看護業界で普及しており、トラブルは後を絶たない。」

 なるほど。
 採用前に看護学校に行かせた分ですか。

 結局、実務的な教訓としては、こういうことをやる可能性あるのなら。
 貸付時点で告知しておくべき、ということなんでしょうね。

 裁判がどうなるかはわかりませんが。
 結果に関係なく、貸付時点で、返済の可能性があることの告知は必須。

 そこを徹底しないと、どうしようもないですよね。
 まぁ、人材難の中だったということが背景にあるのは、わからなくはないのですが。

| | コメント (0)

2024/05/08

どうして糖尿病は足や腕の切断に繋がることがあるのか

どうして糖尿病は足や腕の切断に繋がることがあるのか

元近鉄投手の佐野慈紀氏「右腕を切断することに」 ブログで糖尿病の治療公表、SNSで反響
産経新聞 2024/4/30 18:36
https://www.sankei.com/article/20240430-XTCFIBQ35JGL3JEJMTEHZMQ5OY/

 この記事を見て、誰しも思うのは。
 どうして、糖尿病が、体の切断にまでつながってしまうのか、でしょうね。

 下記、医師の方が書かれた記事が、一番わかり易いかなと。


糖尿病と診断され、HbA1c 7%前後でコントロールされている方では、まず足の切断という事態にはなりません。8-9%以上が続き、血糖コントロール未達成の状態が5年以上続きますと、糖尿病神経障害が出現し、足の痛覚低下という状態が生じるとされています。痛覚が低下しますと、足をぶつけたり、何か異物を踏んでしまったりしても気が付かない可能性があります。足の周りにはブドウ球菌などの非常に破壊力の強い細菌が多く、気が付いたら足が壊疽しており難治性になっていたという事態が生じます。感染症がコントロールできなければ、足の切断が必要になる場合があります。

足が壊疽になる原因
くすき内科クリニック[2023.08.01]
https://kusuki-clinic.com/blog/%E8%B6%B3%E3%81%8C%E5%A3%8A%E7%96%BD%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E5%8E%9F%E5%9B%A0


 簡単に言えば、糖尿病が進行すると、温度感もなくなってしまって。
 血流が流れずひんやりした状態であっても、全く気が付きません。

 そして、痛覚もなくなっているので、一目見ておかしい状態でも。
 本人は、それがおかしいという自覚を持てなくなっているわけです。

 免疫も弱くなっていて、感染も非常にかかりやすく、治りにくくなっている。
 結果、感染後、症状が相当進行し、手遅れになってから気がつくと。

 で、ここでは手足の切断の話中心ですが、もう1つ怖いのは。
 目が見えなくなる、という話で、私の場合、父が晩年なりました。

 糖尿病は、遺伝的に、親がなっていれば、子も可能性が高くなる。
 早め早めに手を打たないと、手遅れになってしまいます。

 ということで、私は毎月指パッチンでの血糖値チェックお願いしています。
 それだけで急激な血糖値悪化は気をつけることができますし。

 いや、気をつけましょうね、同年代の皆さん。
 というか、若い人も油断すると怖いですよ。

| | コメント (0)

2024/04/27

「勝手にマップに掲載」「投稿放置で被害」…憤る医師、「診察に守秘義務」で反論できず_読売新聞

「勝手にマップに掲載」「投稿放置で被害」…憤る医師、「診察に守秘義務」で反論できず_読売新聞

「勝手にマップに掲載」「投稿放置で被害」…憤る医師、「診察に守秘義務」で反論できず
読売新聞 2024/04/18 08:12
https://www.yomiuri.co.jp/national/20240418-OYT1T50012/

「口コミ欄の仕組み上、事実ではないと反論を書き込んでマップを見る利用者に理解を求めることはできるが、診察内容には守秘義務があるため、現実的には難しい。グーグルに削除を求めたが、裁判所の命令が必要との回答があり、削除されないままだ。」

「グーグルからマップ掲載の可否を尋ねられたことはない。男性は「勝手にマップに載せられ、その対応を強いられるのはおかしい」と話す。」

 なるほど。
 裁判で司法の見解が出ることは大事かもしれませんね。

「グーグルマップの口コミ欄を巡っては、医療機関への投稿を権利侵害と認めた司法判断もある。(略)、東京地裁が昨年10月の判決で「子供が誤診されて3年間無駄に通った」などとする投稿について「誤診とは考えがたく、権利侵害は明白だ」と認定。グーグルに開示を命じた。」

 こういう事後的な救済が困難なジャンルについては。
 やはり、ある程度予防的な事前措置が必要ということなのでしょうね。

 ただ、

「政府はネット上の 誹謗ひぼう 中傷対策を強化する方針だ。サービスを提供するプラットフォーマーなどに対し、投稿削除の判断基準を公表したり、削除申請があれば、一定期間内に対応結果を通知したりすることなどを求めるプロバイダー責任制限法改正案を今国会に提出している。」

 この手前に、ネットリテラシーの教育が先なんじゃないかって気が。

| | コメント (0)

2024/04/25

コロナワクチン接種後に死亡、遺族13人が9100万円の損害賠償求め国を提訴_読売新聞

コロナワクチン接種後に死亡、遺族13人が9100万円の損害賠償求め国を提訴_読売新聞

コロナワクチン接種後に死亡、遺族13人が9100万円の損害賠償求め国を提訴
読売新聞 2024/04/18 09:16
https://www.yomiuri.co.jp/national/20240418-OYT1T50041/

「原告側は訴状で「国は重篤な後遺症や死亡が続発している事実を伝えなかった」とし、「ワクチン接種の危険性を知ることができず、死亡や後遺障害などの被害を被った」と主張している。」

 最近また、ワクチン陰謀論が復活しつつあるのを感じます。

 この訴訟次第では、医療関係者は、次のパンデミックではもう献身的な対応とか、すべてバカバカしくなるでしょうね。

 裁判所が、感染症の流行状況を踏まえて判断すること。
 そして、科学や医療の立ち位置を破壊しないことを祈るのみです。

| | コメント (0)

2024/04/11

知らないと損をする がんになったら障害年金を受給しよう_毎日新聞

知らないと損をする がんになったら障害年金を受給しよう_毎日新聞

がんによくある誤解と迷信
知らないと損をする がんになったら障害年金を受給しよう
勝俣範之・日本医科大学武蔵小杉病院腫瘍内科教授
毎日新聞 2024年4月2日 有料記事

 えっ、ですが、有料記事なので、ほぼ読めません。
 で、下記が参考になります。

ここが知りたい!がん患者が使える障害年金の話 中外製薬 がんwith
https://ganwith.jp/money/about_money_01.html

障害年金は、がんでも受けられるのですか? 中外製薬 がんwith
https://ganwith.jp/money/about_money/article_201_01_02.html

がんを学ぶ ファイザー製薬
https://www.ganclass.jp/

障害年金の申請ポイント がんを学ぶ
https://www.ganclass.jp/support/column/koushoujutsu

 単にお医者さんに診断書を書いて貰えば済むというのでもなさそう。
 病院や社労士さん、皆詳しいわけでもないですよねぇ、きっと。

| | コメント (0)

2024/04/10

NPO法の要件緩和は辻本議員が大きく関わっていたらしい_参議院議員 浜田聡氏

NPO法の要件緩和は辻本議員が大きく関わっていたらしい_参議院議員 浜田聡氏

東京都が国家賠償請求訴訟で敗訴した件はNPO法や辻元清美議員と関係があるのでは?
参議院議員 浜田 聡 2024/04/02
https://www.youtube.com/watch?v=duVI2fuu1Sw

 これは知りませんでした。
 NPO法の要件緩和に辻本議員が大きく関わっていたと。

 個人的印象ではありますが。
 NPOは不正も多いし、運営者たちのマインドに問題が多いと感じており。

 私自身は、昔から、接点持たないようにしているのですけれど。
 こういうのを見ると、印象間違ってなかったのかなぁと。

 暇空茜氏が国賠で東京都に勝訴しても、全く報じないマスコミの姿。
 これは、本当に「ナニカ」に日本が大きく支配されていると言われて文句言えないでしょうね。

 そして、それには、大きく、共産・社会・旧民主・現立件民主党の議員たちが。
 関わってきたんじゃないか、ということを裏付ける話、ということになるのかな。

 それにしても、恐ろしすぎますね。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧