カテゴリー「将棋・囲碁」の68件の記事

2022/09/28

将棋の有吉道夫九段死去 元棋聖、1000勝達成_産経WEST

将棋の有吉道夫九段死去 元棋聖、1000勝達成_産経WEST

将棋の有吉道夫九段死去 元棋聖、1000勝達成
産経WEST 2022/9/28 11:38
https://www.sankei.com/article/20220928-MOZNZJNV4NNCNNDB5IHREBKNTY/

 昔、有吉先生は、火の玉流と呼ばれ、攻め将棋がトレードマークでした。
 確か、著書の「攻め将棋入門 棒銀戦法」は愛読したような。

 私に将棋を教えてくれた叔父が棒銀得意で。
 いかに潰されないかを考えるためだった気はしますが。

 あとは、将棋世界で振り飛車破りの長期連載がありましたね。
 確か、玉頭位取りが得意戦法でした。

 それにしても、内藤國雄先生もお寂しいでしょうね。
 有吉先生のご冥福をお祈りします。

| | コメント (0)

2022/06/29

広瀬八段、将棋AIマシンで研究スタート 早速優勝も ソフト設定から広瀬流の研究方法までプロ棋士向け最強将棋AIマシンを組む!_ITmedia NEWS

広瀬八段、将棋AIマシンで研究スタート 早速優勝も ソフト設定から広瀬流の研究方法までプロ棋士向け最強将棋AIマシンを組む!_ITmedia NEWS

> AI+ > 広瀬八段、将棋AIマシンで研究スタート 早速優勝も...
広瀬八段、将棋AIマシンで研究スタート 早速優勝も ソフト設定から広瀬流の研究方法まで
プロ棋士向け最強将棋AIマシンを組む!
ITmedia NEWS 2022年06月25日 10時00分 公開 [井上輝一,ITmedia]
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2206/25/news044.html

 ディープラーニング系の将棋ソフトを使いたいとの広瀬八段の要望があり。
 著者である井上氏に相談があったことから始まった企画だったんですね。へー。

 運送会社の責任限度額を超えるからタクシーで運搬しろとか。
 なかなか大変だったんだなぁと。

 で、最後、著者が編集長になったので。
 この企画はここで一区切りとか。

 残念ですが、また広瀬先生が活躍し始めたところで再度記事の続きを期待ですか。

| | コメント (0)

2022/06/05

「17日年下」で現役最年少の女流棋士誕生へ 日本将棋連盟_毎日新聞

「17日年下」で現役最年少の女流棋士誕生へ 日本将棋連盟_毎日新聞

「17日年下」で現役最年少の女流棋士誕生へ 日本将棋連盟
毎日新聞 2022/5/30 21:24(最終更新 5/30 21:24) 291文字
https://mainichi.jp/articles/20220530/k00/00m/040/294000c

 またも中学2年生の女の子。
 木村朱里さんというのですか。

 うーん、知り合いに雰囲気似ているなぁ。

草津の中学2年生 県内在住で初の女流棋士に
NHK 2022年05月30日 17時19分
https://www3.nhk.or.jp/lnews/otsu/20220530/2060010650.html

 こちらのNHK動画の方が、かわいらしい雰囲気だわね。
 活躍して、大いに棋界をわかせてほしいな。

| | コメント (0)

2022/05/21

茨城の中学2年生 鎌田美礼さん 現役最年少の女流プロ棋士に_NHK

茨城の中学2年生 鎌田美礼さん 現役最年少の女流プロ棋士に_NHK

茨城の中学2年生 鎌田美礼さん 現役最年少の女流プロ棋士に
NHK 2022年5月17日 18時51分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220517/k10013630681000.html

 おお!石田先生のお弟子さんですか。
 今後が楽しみですね。

 これからの多感な時期を乗り越えて、大樹になってほしいところです。
 是非、周囲が支えてあげてほしいなとも。

 で、中学2年生の女の子が将棋を指すというと。
 やはり、誰しも「龍と苺」想起しちゃいますね。

龍と苺 柳本光晴
https://www.sunday-webry.com/episode/3269754496548997931

 いや、あの漫画は本当に面白いですね。
 あり得ないことの中に、リアルが混ぜてあって、まさにエンタメ。

 毎週、「龍と苺」だけは読めないとストレス溜まってしまいます。
 「アクタージュ」終わって、ジャンプは読まなくなったんですけど。

| | コメント (0)

2022/05/04

「1分将棋でトイレに行った」のは丸山先生だった_藤井猛九段

「1分将棋でトイレに行った」のは丸山先生だった_藤井猛九段

【爆笑】藤井猛が「1分将棋でトイレに行った」事件を語る
将棋界の藤井 2022/04/21
https://www.youtube.com/watch?v=K6zA5bLXffE

 うーん、丸山先生は良いところもいっぱいある人なんだとは思いますが。
 常識欠ける面があるのも事実なんだろうなぁ、と感じられる逸話が幾つか。

 これもその1つなんでしょう。
 離席2回目ってのも、なかなか。

 まぁ、藤井てんてに喋られるとまでは思ってなかったでしょうねぇ……。

| | コメント (0)

2022/03/14

順位戦最後の対局を終えた田中寅彦九段「長い間、本当にお世話になりました」囲碁将棋TV -朝日新聞社

順位戦最後の対局を終えた田中寅彦九段「長い間、本当にお世話になりました」囲碁将棋TV -朝日新聞社

順位戦最後の対局を終えた田中寅彦九段「長い間、本当にお世話になりました」~藤井聡太竜王らの活躍「楽しみに見ていきたい」~【第80期将棋名人戦・C級2組順位戦】=村上耕司撮影
囲碁将棋TV -朝日新聞社- 2022/03/12
https://www.youtube.com/watch?v=XPp4-ksEWFk

 私が将棋に夢中になったのは、多分つのだじろう「5五の龍」の影響でした。
 少年キング、当時取り置きで毎週買ってましたしね。

 で、「5五の龍」では田中寅彦先生が監修する部分があったりして影響大。
 しかも、デビュー後の田中先生は、居飛車穴熊と飛車先不突矢倉で上位陣をバッタバッタと。

 その後は「序盤のエジソン」と呼ばれていましたが。
 今回のインタビューでご自身も仰った「逆噴射」があり……。

 でも、それも含めて「寅ちゃん」の魅力でしたよね。
 個人的には、全盛期の田中先生の将棋というのは、「ザ・根性」だったなぁと思います。

 順位戦最後の対局お疲れ様でした。
 残り数局、悔いのない将棋が指せればいいですね。

| | コメント (0)

2022/01/15

将棋クエストの詰めチャレはお奨め

将棋クエストの詰めチャレはお奨め

 将棋やる人限定のお話です。

将棋クエスト オンライン将棋対戦ゲーム、初心者歓迎、完全無料
Mindwalk Corp.ボード
https://play.google.com/store/apps/details?id=fm.wars.shogiquest&hl=ja&gl=US

 去年、東京の知人に対局しましょうと言われて、久々にネット将棋触って。
 その後もちょくちょく触っているのですけれど、やはり自分はへぼ状態のまま。

 結局、トレーニングが大事で、詰将棋が大事なのですが。
 最近、なかなか良いものが見つかりました。

 androidアプリの将棋クエストの中にある詰めチャレというメニュー。
 iOSアプリもあるようです。

 で、1日10問の詰将棋を、1問30秒以内に解けるかというもの。
 AIが応手してくれるので、非常にいいです。

 難易度はいろいろ出てきますので、一目のものもそうでないものもあります。
 中には、その後暫く考えないと解けなかったものが出てきます。

 正解そのものは表示されないので、自分で分かるまで考えるしかない。
 いや、かえってその方がいいのかなというのもあります。

 また、履歴があって、一定の問題数までは、復習ができます。
 自分が間違った問題は、やり直しして、確認できるのですよね。

 これ、お気に入りとかに入れられたら、もっといいのですが。
 あと、対局同様に、検討モードがあるともっといいですけどね。

 そして、1日2回限定で、時間内で何問解けるかのマラソンがあり。
 自分の成長具合を確認できるのもいいですね。

 パソコンでもできるようになってくれれば、なおいいのですが。
 現時点では、対局ができるだけのようですね。

| | コメント (0)

2021/12/19

駒場の同窓会館はゲストハウスになっていた

駒場の同窓会館はゲストハウスになっていた

学食訪問・東大駒場『ルヴェ ソン ヴェール駒場』 「仏料理の入り口」交流、食文化の発信担う
2021/12/15 08:38
https://www.sankei.com/article/20211215-BHQO5URJIZJLNE3SZ476ODQYRI/

「店は平成16年、同大ゲストハウスとして、旧制一高時代の同窓会館だった建物を改修して開業した。」

 将棋部のたまり場だったあの汚れた同窓会館は、今や別世界になっていたのですね。
 もうあの空間は存在しないのだなぁ。

| | コメント (0)

2021/08/16

森内先生はAI学習で着実に強くなっている_森内俊之の森内チャンネル

森内先生はAI学習で着実に強くなっている_森内俊之の森内チャンネル

森内の成績発表!気になるあの棋士との比較も大公開
森内俊之の森内チャンネル 2021/08/04
https://www.youtube.com/watch?v=AiZss6ZIJHI

 森内先生の過去の棋譜を解析して、現在との比較を。
 まさに、AI学習の結果が反映しているというのがよくわかります。

 で、一致率・悪手率は意味わかりますが。
 WPRはAI最善手の勝率の差の平均だと。

 なぜWeightedなのかというと、序盤・中盤・終盤の違い補正だと。
 なるほど、どれだけ「神の一手」に近いか、なのかな。

 なお、下記を先に視聴しておく方がいいでしょうね。
 将棋AIの歴史とブレークスルーが学べる貴重な動画だと思います。

HEROZエンジニアの方に将棋AIついて教わりました!
森内俊之の森内チャンネル 2021/07/16
https://www.youtube.com/watch?v=RHwv3psWniU

| | コメント (0)

2021/08/04

渡辺明名人の将棋講座【現代トップ棋士の研究とは】_戸辺チャンネル

渡辺明名人の将棋講座【現代トップ棋士の研究とは】_戸辺チャンネル

 アベマ繋がりか、戸部チャンネルに、渡辺明名人が登場。

渡辺明名人の将棋講座【現代トップ棋士の研究とは】
戸辺チャンネル 2021/07/28
https://www.youtube.com/watch?v=kO_NB9AaYEI

「今回は特別編として渡辺明名人による定跡講座をお届け。第79期名人戦七番勝負で現れたある局面をテーマ図に、そこからの指し手の考え方、そしてそれを踏まえた上での日々の研究について赤裸々に語ります。AIの登場によりトップ棋士の研究がどのように変わったのか…定跡講座としても、棋士という生き方を知る上でも非常に聞きごたえのある大盤講座となっています。」

 これはなかなか凄い。

 1980年代から現代矢倉に至るまでの考え方の転換・変遷がわかるのと。
 現代のプロ棋士がAIをどのように捉えて、活用しているのかがわかる。

 そうですね。

 AIは「なぜ」を教えてくれない。
 それを問うのが研究だと。

 2007年発刊の「頭脳勝負-将棋の世界」(渡辺明)のP95では。
 「私は、トッププロがコンピューターに負け越す日が来るとは思っていません。」とあり。

 かつての自分の予測を裏切る現実とどう向き合うかについても。
 冷静に整理されているのでしょうね。

 それにしても。
 動画で喋っている渡辺名人は、奥様の描かれた漫画の中の登場人物と、本当に同一人物なのでせうか……。

将棋の渡辺くん 伊奈めぐみ マガポケ
https://pocket.shonenmagazine.com/episode/13932016480029113140

| | コメント (0)

より以前の記事一覧