カテゴリー「一般社団法人・一般財団法人」の17件の記事

2022/02/23

一般社団法人星野仙一解散

一般社団法人星野仙一解散

 TSR情報さんよう版令和4年2月21日号より。

 「一般社団法人星野仙一」が解散とあり、ちょっとびっくり。

 要するに、星野仙一記念館の閉館に伴うものなのですね。

倉敷の星野仙一記念館、11月で閉館へ 生前「ワシの応接間」
朝日新聞デジタル記事 小沢邦男2021年10月15日 17時08分
https://www.asahi.com/articles/ASPBH5KC3PBHPPZB008.html

| | コメント (0)

2021/11/25

「恩返したい」出身の市に10億円寄付 奨学金に 神奈川 逗子_NHK

「恩返したい」出身の市に10億円寄付 奨学金に 神奈川 逗子_NHK

「恩返したい」出身の市に10億円寄付 奨学金に 神奈川 逗子
NHK 2021年11月22日 8時03分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211122/k10013356991000.html

「逗子市によりますと、今月10日、逗子市出身でアメリカ在住の男性から大学生の奨学金事業を始めることを条件に現金10億円を寄付すると申し出があり、市は財団法人を設立し、来年度から給付型奨学金の事業を始める方針を決めました。」

「寄付を申し出た男性は幼い頃に父親を亡くし、大学に進学する際に逗子市から教育費の援助を受けたことから「恩返ししたい」と話していたということです。」

 こういう話が、日本でも寄附が進む起爆剤になるのかしら。

| | コメント (0)

2021/07/23

「うずしお先生」名乗り接触、強制性交容疑で逮捕 産経WEST

「うずしお先生」名乗り接触、強制性交容疑で逮捕 産経WEST

「うずしお先生」名乗り接触、強制性交容疑で逮捕
産経WEST 2021/7/18 17:47
https://www.sankei.com/article/20210718-DQESLMCEFRPCBEXGW2E6BCUR6E/


「性奴隷の誓約書を書いてもらい、同意の上でプレーしただけ」と容疑を否認している。


逮捕容疑は8日午後、大阪府内で、20代女性に「個人情報をばらす」などと脅し、性的暴行を加えたとしている。松本容疑者はアプリ上で「うずしお先生」と名乗り、性交渉の見返りに高額の援助を行うとして女性と接触。事前に裸の動画や運転免許証の写真などを送らせ、手書きの誓約書を書かせていた。


 最近、現実が、たちの悪い冗談のようになってきましたね。


府警によると、松本容疑者は、性暴力加害者の更生活動などを行う一般社団法人「さなぎの樹」(同市北区)で代表理事を務めているという。


府警によると、逮捕容疑の女性以外にも20代前後の女性6人から、うずしお先生と名乗る男から同様の被害を受けたとする申告があり、府警は余罪を調べている。


 性犯罪は再犯率が極めて高く、通常、更生は困難と言われている通り。
 正直、阿部定までやれとは言いませんが、GPSや薬剤使用による抑制は、喫緊の課題では。 

 永井豪「凄ノ王」では、主人公が全く反省のない青沼をネズミにしてしまう。
 お前はそこからやり直せと。

 それよりはマシかなとも。

| | コメント (0)

2020/06/08

一般財団法人神奈川県経営者福祉振興財団(TSR)

一般財団法人神奈川県経営者福祉振興財団(TSR)

一般財団法人神奈川県経営者福祉振興財団
TSR 2020/06/01(月)民事再生法申請 負債総額15億8234万円
神奈川共済保険事業一般財団法人神奈川県経営者福祉振興財団
~中小企業の経営者向け共済保険を販売していた~

この種の共済は結構あるでしょうけど、皆苦境なのでしょうか。
そのうち大騒ぎになるかも。

「保険事故が発生したことにより当財団に対して保険金請求権を有する保険金請求者の保護を最大限図りつつ、終身保険以外の保険契約については民事再生手続の開始決定後、順次解除する。終身保険契約については一定期間保障を継続したうえで一定の弁済を行い、共済保険事業終了後に当財団を清算する予定。」


最終は清算なのに、民事再生でやるというのが、ちょと意外ですが。
解散だと、手続きがモデラートにならないのでということでしょうか。

誰か詳しい人に教えてほしいところ。

| | コメント (0)

2018/03/03

阿波おどり赤字4億、市観光協会の破産申し立て

阿波おどり赤字4億、市観光協会の破産申し立て

 4億円超の銀行借入の保証契約を市が結んでいたと。
 市民は、知っていたのだろうか。


阿波おどり赤字4億、市観光協会の破産申し立て
読売新聞 2018年03月02日 14時07分

 (略)

 市観光協会は公益社団法人で、阿波おどりは協会と徳島新聞社が主催。雨天中止になれば有料チケットの払い戻しが必要になり、協会がこれまで損失を負担してきた。さらに桟敷席の改修費などで累積赤字が膨らみ、金融機関からの借り入れで穴埋めしてきた。

 市は、協会が借入金を返済できない場合、市が肩代わりする契約を結んでいた。市は今年2月、新年度は契約を更新しないことを協会側に伝え、補助金約2200万円を出さないと通知。赤字の解消は困難とみられ、金融機関も市に返済を求めてきたことから、これ以上の負担増を回避する必要があると判断した。

http://www.yomiuri.co.jp/national/20180302-OYT1T50090.html

 破産しても、4億円超の借入金返済は、市の負担で残る。
 これ以上の損失を生じさせないため、というだけですね。

 しかし、運営上の損失なのだとしたら、法人をどうにかするだけで済むのか。
 根本的な問題があるような気がします。

| | コメント (0)

2017/12/21

日本相撲協会は「認定取消相当」じゃないの

日本相撲協会は「認定取消相当」じゃないの


「貴乃花親方の言動、非難に値」横審「全員の意見」
朝日新聞 2017年12月20日12時58分

 つまり、いじめられた親がPTAの役員やっていたら。
 自分の子供を守るより、PTAへの協力義務が優先だと。

 そして、そうしなかったら、非難に値すると。
 いじめに荷担した連中を守って、被害者に見舞いの一言もなくても。

 つまり、横綱審議会って、非常識の集まりってことでしょう。
 相撲が国技って言い方が、恥ずかしくないのかね。

 横綱審議会は「解体相当」で。
 日本相撲協会は、「公益認定取消相当」じゃないの。

 今、何か一票入れさせてくれるのなら、100票ほど入れたい。

| | コメント (0)

2017/06/29

顧問税理士のための 相続・事業承継業務をクリエイティブにする方法60

顧問税理士のための 相続・事業承継業務をクリエイティブにする方法60

 待っていたファンタジスタ白井の新作です。
 いや、正確には改定新版なのでしょうけど。

顧問税理士のための 相続・事業承継業務をクリエイティブにする方法60
白井一馬
中央経済社 平成29年7月10日初版発行

 前作の改訂という位置づけですが、かなりバージョンアップしています。
 著者の言う通り、続編というべきなのでしょうね。

 初版以後の税制改正を踏まえて、内容を更に深化させた感じですね。
 既存項目はパワーアップし、新規項目を意欲的に取り込んでいます。

 例えば、小規模宅地特例は、二世帯・有料老人ホームを取り扱っています。
 まさに、今の世の中で、税理士が実務で必要とする知識。

 これに加えて、初版でもあった、信託・一般法人の知識を入れ。
 更に、再編・種類株式まで入れて、最後は事業承継税制。

 既にある程度、白井ワールドが分かっている人には、理解の確認と深化に。
 まだ、出会ってない人たちには、目から鱗の知識がいっぱい。

 そんな位置づけの一冊になるのではないでしょうか。

 で、この本の目指すところは、特別な税理士になろうということではなく。
 大過なく、普通の税理士として、お客様に迷惑を掛けないようにしよう。

 そのような価値観に基づいているのだと思います。

 派手なことをしましょうではなく、基本に忠実に。
 ただ、その基本は、今の時代を踏まえた、時代遅れにならないもので。

 だから、そのような価値観に賛同できれば、是非お勧めです。
 私も、同じですから。

[おまけ]
白井一馬先生の講演会の様子(2016.10.7)

ひじき柵破壊

飼い始めた日

| | コメント (0)

2017/05/29

共済会・会社の給付・貸付と共済会の福祉事業〈2016年版〉

共済会・会社の給付・貸付と共済会の福祉事業〈2016年版〉


共済会・会社の給付・貸付と共済会の福祉事業〈2016年版〉
労務研究所編 労務研究所 2017年3月11日第1刷発行

 民間企業113社、うち共済会あり88社の協力でまとめた由。

 共済会がどのような祝金を、どの程度出しているか。
 死亡給付金や障害見舞金を、どの程度出しているか。

 医療費、人間ドック補助、福祉事業、災害見舞金はどうか。
 退会給付、貸付金はどうか。

 読むための本というより、いざという時に調べるための本ですね。
 メモとして残しておきます。

| | コメント (0)

2016/09/30

「税理」2016年10月号に執筆記事が掲載されました

「税理」2016年10月号に執筆記事が掲載されました

 「税理」2016年10月号(日本税理士会連合会/監修)に執筆記事が掲載されました。

 特集:知りたい部分から学ぶ 「一般社団法人・一般財団法人」!!
 一般社団法人・財団法人の具体的な利用場面とメリット
 /税理士・公認会計士 濱田 康宏

 持分のない法人として脚光を浴びている一般社団法人・一般財団法人について、具体的な利用局面ごとに解説を加えています。特に、社団である日本将棋連盟と財団である日本相撲協会との対比は、何故、相撲協会のガバナンスに問題が生じやすいのかを浮き彫りにしています。機会があれば、是非お読み下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/09/11

「非営利法人の役員の信認義務」松元暢子

「非営利法人の役員の信認義務」松元暢子

 多忙にかまけて、まだ読み終わっていませんが、メモ。

非営利法人の役員の信認義務
営利法人の役員の信認義務との比較考察
松元暢子
商事法務 2014年4月30日初版第1刷発行

○アメリカの非営利法人は二種類

public benefit corporation

mutual benefit corporation
  残余財産帰属を定款に決めておける

   …… 日本とは違う

○役員

 取締役 director 通常無報酬
 取締役会 board of directors
 役員 officer
 メンバー member 定款次第でない場合もある

○foundation

 非営利法人の場合と信託の場合がある
 組織形態ではない

 この部分が最も示唆的だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)