カテゴリー「相続・葬儀・通夜」の204件の記事

2024/04/14

身寄りがいるかわからないケースで、親族の有無をどこまで調べるべきか_NHK

身寄りがいるかわからないケースで、親族の有無をどこまで調べるべきか_NHK

「誰が火葬のOK出したんや」兄はどこへ消えたのか?
NHK 2024年4月5日 9時01分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240404/k10014411941000.html

 いや、なかなかビックリ。


ではなぜ、“身寄りがない”ということになったのか。

京都市の職員は、家族の情報を確認するため「戸籍」の情報を調べてはいた。しかし、弟の恵一さんがいるとの情報にはたどり着けなかった。

問題は、調べた戸籍情報の範囲だったという。

兄の一さんの本籍地は、引っ越しなどで何度か移っていたが、当時、職員は京都“市内”にあった戸籍情報だけを調べていた。

だが、兄弟の記載があったのは、家族が京都“市外”にいたときの、以前の戸籍情報だったのだ。

係長
「調べる範囲を“市内”までということで判断させていただきました。ご両親も亡くなられ、ご結婚もされておらず、お子さんもいないという状況でしたので、『親族はいらっしゃらない』と判断してしまいました」



京都市の職員は弟夫妻にこう釈明した。

課長
「マニュアルといいますか、要するにどこまで調べるべきかという明確な規定がなかったところかと思います。結果として、ご兄弟様がご近所にいらっしゃるにもかかわらず、至らなかったところについては、課題があることだったと思います」
調査にかかる「期間」も障壁の1つになった、と職員は説明する。

京都市内の戸籍調査ならば3日ほどでできる一方、他都市の調査となると通常2週間ほどかかるという。


 これ、取材先を総務省まで広げてほしかったですね。
 ちょっと残念。

| | コメント (0)

2024/01/22

「墓じまい」で墓を取り違え、業者に560万円支払い命令…別区画の同じ家名の墓石を撤去_読売新聞

「墓じまい」で墓を取り違え、業者に560万円支払い命令…別区画の同じ家名の墓石を撤去_読売新聞

「墓じまい」で墓を取り違え、業者に560万円支払い命令…別区画の同じ家名の墓石を撤去
読売新聞 2024/01/15 19:04
https://www.yomiuri.co.jp/national/20240115-OYT1T50208/

 これは、今後も同様の事故が生じえますね。
 なにせ、「墓じまい」には資格なんてないのでしょうから。

「訴訟で、同社側は「現地で墓の写真を撮影し女性に送ったが、誤りは指摘されず、過失はない」と主張。女性側は「墓の区画番号を同社に伝えた。写真も受け取っていない」と訴えた。 黒田裁判官は、同社について、「霊園に問い合わせれば墓を容易に特定できた。専門業者としての注意義務を怠った」と過失を認定。女性に対しては「専門業者が墓を取り違えると想定するのは困難だった」とし、賠償責任を認めなかった。」

 金もらっている業者としての注意義務違反は間違いないですし。
 これ、気が付かない間にやられた被害の問題なんですよね。

 回復不能の損害で560万円って、安すぎるすらありますね。

| | コメント (0)

2023/12/31

東山魁夷の自宅、市川市の所有権が確定 遺族の上告棄却 最高裁_毎日新聞

東山魁夷の自宅、市川市の所有権が確定 遺族の上告棄却 最高裁_毎日新聞

東山魁夷の自宅、市川市の所有権が確定 遺族の上告棄却 最高裁
毎日新聞 2023/12/25 21:09(最終更新 12/25 21:09) 412文字
https://mainichi.jp/articles/20231225/k00/00m/040/278000c

「所有権を巡っては、同市が魁夷の妻(故人)の生前、寄付を受けたとして近隣に東山魁夷記念館を建設。また、自宅を公開するなどの整備計画を策定した。しかし、妻の遺族7人が所有権の移転登記をしたことから、同市が2020年8月に東京地裁に所有権の確認を求める訴えを起こした。1審・東京地裁では、贈与契約書があるとして遺族1人が勝訴。2審では、その贈与契約書は偽造されたものと判断し、同市が逆転勝訴していた。」

 贈与契約書の偽造が認定されたという話ですが。
 誰が偽造したか、というのは問題にならないのか気になりますね。

 そういえば、紀州のドンファン事件って、その後どうなったんでしょうね。

| | コメント (0)

2023/12/30

元弁護士に懲役10年を求刑 相続財産管理人の立場を悪用、2億円超着服_産経新聞

元弁護士に懲役10年を求刑 相続財産管理人の立場を悪用、2億円超着服_産経新聞

元弁護士に懲役10年を求刑 相続財産管理人の立場を悪用、2億円超着服
産経新聞 2023/12/21 16:45
https://www.sankei.com/article/20231221-WLPZQ7VSIVOQLEXA5HCREXU4B4/

「相続財産管理人の立場を悪用するなどして2億円余りを着服したとして、業務上横領罪に問われた元弁護士、(略)被告(51)の論告求刑公判が21日、熊本地裁で開かれ、検察側は懲役10年を求刑した。」

「弁護側は、被告が平成28年にギャンブル障害と診断されたほか、一部被害を弁済したことを評価すべきだと主張した。」

 ギャンブル障害との診断って、そもそも弁護士に不適合だったってことですか。
 だとすれば、それはそれで別の問題を産みますね。

「起訴状によると、令和2年5月~4年2月、相続財産管理人として預かったり、遺産整理業務で管理したりしていた計約2億3400万円を着服したとしている。」

 今後、このような業務を行う場合、預託金制度を創設する等の対応が必要ではないでしょうか。
 あるいは、弁護士会などが共同補償の保険料負担するとか。

 流石にこれだけ信頼を損なう事件が頻発していることを踏まえれば。
 「遺憾」で済ませられる状況にはないですよね。

| | コメント (0)

2023/12/28

独身で身寄りがいない人の相続はどうなるか_NHK

独身で身寄りがいない人の相続はどうなるか_NHK

「絶対に無縁仏にしてはいけない」その時、友人たちは…
NHK 2023年12月21日 18時45分
(社会部記者飯田耕太・ネットワーク報道部 記者内山裕幾・おはよう日本ディレクター丸岡裕幸・(分析)メディアイノベーションセンター所属渡辺聡史)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20231221/k10014293631000.html

 まぁそうなのだろうな、ですが。
 下記は、知っておいてよい知識なのでしょう。


法律上、残された遺産の相続権があるのは「親」「兄弟」「子ども」などです。

しかし亡くなった雄一さんには兄弟も、子どももいません。両親は亡くなっています。

さらに遺言書もなく、相続人が誰もいないのです。
このため雄一さんの携帯電話を解約しようとした時もなかなか進まず、詳しい財産調査などにも応じない銀行が多かったと言います。

雄一さんが25年近く暮らしたこの部屋も、今後、制度にのっとって売却され、預金なども含めて国の収入になります。


 つまり、有効な遺言を書いて、それが死後に確認される状態にしておく必要があると。

 なお、NHKが“遺品部屋”の実態を調査する手法として。
 官報で、相続財産清算人の選任を抽出。

 その上で、最後の住所がマンションなどの集合住宅の場合に、“遺品部屋”扱いしたと。
 こういう手法を書いてある記事は評価できます。

 今回、メディアイノベーションセンター所属の方が分析しているようなので。
 普通の記者が書いた記事とは違い、こういう配慮がされたのでしょうね。

| | コメント (0)

2023/10/27

入居者に何かあった時の「緊急連絡先」を更新し続ける_NHK

入居者に何かあった時の「緊急連絡先」を更新し続ける_NHK

なんで私が「相続人」に? ”遺品部屋”の処分代、払えますか
NHK 2023年10月24日 19時46分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20231024/k10014235141000.html

 いろんな問題が複合的に絡み合っていて。
 そうそう簡単には解決できそうにない問題でしょうね。

 ただ、できることはあるだろうと。

「《マンションの住民たちは》

この記事の最初のほうで紹介した千葉のマンションの管理組合が取り組むのは、入居者に何かあった時の「緊急連絡先」を更新し続けることです。」

 地道にやっていくしかないですね。

| | コメント (0)

2023/10/12

「死んでから他人に迷惑は…」墓じまいし別の墓や納骨堂に移す「改葬」10年で1・5倍_読売新聞

「死んでから他人に迷惑は…」墓じまいし別の墓や納骨堂に移す「改葬」10年で1・5倍_読売新聞

「死んでから他人に迷惑は…」墓じまいし別の墓や納骨堂に移す「改葬」10年で1・5倍
読売新聞 2023/10/10 09:49
https://www.yomiuri.co.jp/national/20231010-OYT1T50002/


「地元との縁は自分が死ぬまでになってしまうが、これなら将来も安心かな」。彼岸前の9月中旬、遠軽町に住む契約社員の男性(69)は父親の遺骨を町営墓地から約200キロ離れた三笠市の民間霊園「北海道中央霊園」に移した。

 (略)

 同霊園では、全国でも珍しい無料の「送骨サービス」に注文が相次いでいる。14年に始めた取り組みで、遺骨を粘着テープなどで 梱包こんぽう し段ボールに入れて郵送。利用者の多くは遠方のため来られない高齢の遺族で、職員が複数の遺骨を一緒に埋葬する「合葬墓」などへの納骨まで行う。


 古里に帰って墓参りをする風習も過渡期を迎えている。

 (略)

 だが、きょうだい4人の家族は今、誰も町内に住んでいない。長男である男性は車で往復5時間かけて通い続けてきたが、「2人の娘や孫の代に負担をかけられない」と札幌近郊の民間霊園で永代供養すると決めた。古里で最後となる墓参りを終え、男性は「さみしさはあるが、先祖も許してくれるだろう」とほっとした様子で話した。

 高齢化が進み、多くの人が亡くなる「多死社会」の到来で、人々の暮らしは変化を迫られている。


 墓地行政に詳しい北海道大の上田裕文准教授(造園学)は「先祖に対して失礼と考える人がいるが、むしろ自分の代で責任を持とうとする 真摯しんし な行為で、その逆が無縁墓として表れる。生前に親らとコミュニケーションをとり、墓のあり方について考える人が増えてほしい」と話している。


 今年、身内でいろいろあって、まさにこのあたりの問題を考える機会が。
 ただ、敢えて言えば、お寺側も考えていかないといけない時期なんだろうなと。

| | コメント (0)

2023/09/13

お葬式、親族が施行拒むケース増加…困窮者の扶助費が初の100億円突破_読売新聞

お葬式、親族が施行拒むケース増加…困窮者の扶助費が初の100億円突破_読売新聞

お葬式、親族が施行拒むケース増加…困窮者の扶助費が初の100億円突破
読売新聞 2023/09/06 15:00
https://www.yomiuri.co.jp/national/20230906-OYT1T50196/

「葬祭扶助は、遺族が困窮していたり、身寄りのない故人がお金を残していなかったりした場合、遺族のほか、親族、家主や民生委員ら葬儀を行う第三者が自治体に申請すると支給される。」

 常にもらえるわけではないのですね。

「横浜市や大阪市では、故人の身元を特定し、親族に葬儀の施行や遺骨引き取りの意向を確認しているが、「疎遠」を理由に拒まれるケースが多く、第三者による葬儀が増えているという。」

 ある意味、第三者による葬儀が行われているだけすごいのかなと。

「長野大の鈴木忠義教授(社会福祉学)は「親族が葬儀を担うことを前提とした仕組みは破綻しつつあり、葬祭扶助に頼らざるを得ない状況が続いている」と指摘。その上で、「子育てや介護と同様に葬儀や埋葬に関するニーズも高まっている。社会保険の枠組みから葬祭費を捻出するなど、公的な仕組みを検討する必要がある」と話している。」

 そもそも葬儀そのものを再考すべき時期なのかもしれません。
 いや、流石にそれは言い過ぎか。

 しかし、従来の「当たり前」が日々変わっていく。
 そのことを痛感しますね。

| | コメント (0)

2023/06/21

北九州の元司法書士を逮捕 遺産相続手続きの預かり金着服容疑_NHK

北九州の元司法書士を逮捕 遺産相続手続きの預かり金着服容疑_NHK

北九州の元司法書士を逮捕 遺産相続手続きの預かり金着服容疑
NHK 2023年06月14日 12時24分
https://www3.nhk.or.jp/lnews/kitakyushu/20230614/5020013545.html

「警察の調べによりますと、3年前の2020年6月、県内に住む80代の女性から親族の遺産について相続の手続きを依頼され、この年の8月、預かっていた現金635万円を着服したとして業務上横領の疑いが持たれています。」

 既に破産開始決定を受けているのですね。
 業界として何らかの対策をという話になるのかもしれません。

| | コメント (0)

2023/04/28

神田川俊郎さん 三回忌でも4億円不動産相続されず 長男語った真相_女性自身

神田川俊郎さん 三回忌でも4億円不動産相続されず 長男語った真相_女性自身

神田川俊郎さん 三回忌でも4億円不動産相続されず 長男語った真相
女性自身 2023/4/21(金) 13:52配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/d4f7cdffb4a7a51280b77675cc8fe7f7ef9e9be3

 これって、「相続」という言葉について。
 世の中の理解と、法律上の理解にギャップがあるのが1原因ですね。

 つまり、法律上は、既に、被相続人死亡時に相続は終わっている。
 財産帰属を具体的に定める遺産分割協議は別途あって。

 それが終わっていることを、世の中では。
 「相続が終わった」と言う人が多いわけですね。

 そして、その意味で言えば、既に「相続は終わっている」。
 ただ、公示という意味での相続登記が未完了だというだけ。

 登記情報の変動を見張っていて書いている記事なので。
 このあたり、分かっていてわざと、一般人を誤信させる記事にした可能性も否定しきれません。

 いろんな意味で、問題がある記事ですよね。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧