カテゴリー「認知症・高齢者社会」の170件の記事

2022/07/18

成年後見制度を使ったら失職 「違憲」主張する元職員の裁判始まる_朝日新聞

成年後見制度を使ったら失職 「違憲」主張する元職員の裁判始まる_朝日新聞

成年後見制度を使ったら失職 「違憲」主張する元職員の裁判始まる
朝日新聞デジタル記事 有料会員記事 寺島笑花2022年7月12日 19時00分
https://www.asahi.com/articles/ASQ7D5WTYQ7DTIPE022.html

「失職を伝える長崎市の通知書。「(成年後見制度を利用し)保佐開始となった平成30年9月21日付け失職であるため、登庁の必要はありません」と書かれている=2022年7月12日午後2時48分、長崎市万才町、寺島笑花撮影」

 成年後見制度とありますが、写真の説明からすると、「保佐」ですね。
 無料閲覧可能部分には記載ないので、これはミスリードだと思います。

 ただ、なかなかすごい話ですね。

「訴えによると、女性は市職員だった1992年に統合失調症を発症。2016年に退職願を出した。18年、判断力を欠いた状態で出した退職願を受理したのは違法だとして市を提訴。21年に長崎地裁が免職取り消しを命じ、福岡高裁が市の控訴を棄却したことで勝訴が確定していた。」

 これだけ読むと、かなり違和感あります。
 意思能力を理由にしていますが、本当は非自発的退職だったからなのかも。

 で、退職願の受理は違法だとなったけれど。
 その裁判の過程で、保佐制度を利用したのですね。

 すると、今度こそ、

「市は同年11月、女性が18年から制度を利用していたことが「欠格条項」に当たるとして、女性に失職を通知したという。」

となったと。

 これ、訴えるための準備行為が、敗因になってしまうと。
 訴訟担当弁護士からすると、気まずさ極地でしょうね。

 いや、織り込み済みで以前説明していればいいのですが。
 下手すると、顧問弁護士を訴える、なんてならないかちょっと心配。

 顧問弁護士としては、仕方ない選択肢だった可能性も当然ありますが。
 この裁判の流れだと、流れ弾に当たってしまう懸念もありそうな。

| | コメント (0)

2022/07/12

「つば」に新型コロナ感染防ぐ成分 お年寄りがかかりやすい一因か_朝日新聞デジタル

「つば」に新型コロナ感染防ぐ成分 お年寄りがかかりやすい一因か_朝日新聞デジタル

「つば」に新型コロナ感染防ぐ成分 お年寄りがかかりやすい一因か
有料会員記事新型コロナウイルス
朝日新聞デジタル アピタル 竹野内崇宏2022年7月7日 13時00分 有料会員記事
https://www.asahi.com/articles/ASQ767DWHQ76PLBJ001.html?iref=comtop_7_02

 これは、納得しやすい話ですね。
 唾液が出ないことが、咀嚼とかに影響しているだろうとも思えるし。


口腔乾燥症(ドライマウス)

高齢になると、ストレスや薬剤の影響、かむ力の低下などが原因で唾液の分泌量が減るため、口の中が乾燥する人が多く、口やのどが渇く、食事がとりにくい、発音がしにくいなどの症状のある方が多くなります。
口の中の乾燥がひどく、痛みなどの症状がある場合は、ほかの病気も考えられますので、早めに医師や歯科医師に相談しましょう。

高齢者のお口の健康 (一社)日本口腔保健協会
https://jfohp.or.jp/okuchikenko_navi/senior/



 更に、高齢者は、トイレに行く回数増えるので、水分摂取避ける傾向があり。
 ますます、影響しているのではないかと思えます。

 ということで、コロナ禍に関係なく、水分摂取を意識すべき時期ですが。
 ますます、水分摂取大切だ、ということになるんじゃないかな。

 ただ、高齢者だけが注意すべきというのでもないですね。
 私、鼻呼吸できていない気がするなぁ。


唾液の分泌を促すには耳の下や顎の下にある唾液腺を刺激する「唾液腺マッサージ」が効果的ですが、日常生活や食べ物によっても増やすことができます。

●よく噛んで食べる
噛むことで唾液腺が刺激されて、分泌が活発になります。ガムを噛むのも効果的です。

●水分を補給して口の中を潤す
ただしカフェインには利尿作用があり、水分が排出されてしまうので、水分補給にお茶やコーヒーにはおすすめしません。

●鼻呼吸を心がける
口呼吸は口腔内を乾燥させます。

●唾液の分泌を促進させる食べ物
レモンや梅干しなどのすっぱいものが代表的ですが、昆布に含まれるアルギン酸や納豆のポリグルタミン酸も唾液の分泌を促進します。また、セロリやニンジン、アーモンドなども唾液の分泌を促します。

唾液を増やす心がけ (一社)日本訪問歯科協会
https://www.houmonshika.org/oralcare/c154/


| | コメント (0)

2022/04/30

賠償金も流用、横領額2億4千万円超か 熊本の弁護士_産経WEST

賠償金も流用、横領額2億4千万円超か 熊本の弁護士_産経WEST

賠償金も流用、横領額2億4千万円超か 熊本の弁護士
産経WEST 2022/4/25 16:31
https://www.sankei.com/article/20220425-KY5KSR4K7RPOZFGTMX4I2BLQLA/

「熊本県弁護士会は25日、成年後見人として管理していた口座などから約8800万円を横領した疑いが判明していた平田秀規弁護士について、調査の結果、被害額が計2億4千万円超に上る疑いがあると発表した。代理人を務めた損害賠償請求訴訟で得た賠償金なども私的流用したという。」

「弁護士会によると、賠償金が代理人を経由して受け渡されることを悪用するなどして、令和2年以降、県内外の依頼人から横領していた疑いがある。」

 弁護士自治って、一体なんなんでしょうね。
 まぁ、税理士でも酷い人は、もっと酷いのだと思いますが。

| | コメント (0)

2022/02/25

ENEOSが「モス」や「サイゼ」を自動配送_ITmedia

ENEOSが「モス」や「サイゼ」を自動配送_ITmedia

ENEOSが「モス」や「サイゼ」を自動配送 1万3000カ所の給油所活用で目指す姿とは
自動走行ロボットの輸送インフラを構築
ITmedia ビジネスオンライン リテール大革命
2022年02月15日 06時00分 公開 [太田祐一,ITmedia]
https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2202/15/news032.html

 これはすごいですね。
 ウーバー配達員の多くが、もう不要になる未来が見えている。

 そもそも危ない運転しているケースも多いので。
 ロボットで安全性が確保できるのなら、お互いハッピーか。

 利用者の95%は再度利用したいと回答したというのですが。
 そりゃそうだろうなと。

 で、今回月島での実証実験だったそうですが。
 地方でも、田舎過ぎなければ、十分利用価値ありますよね。

 老人になると、地方では、自動車乗れなくなるのがネックで。
 買い物の手段に困るというのがあるわけですが。

 このような配送が一般化すれば、問題が解決しますね。
 私自身の老後には十分間に合うと期待できそう。

| | コメント (0)

2021/12/21

成年後見制度利用促進専門家会議 令和3年12月15日

成年後見制度利用促進専門家会議 令和3年12月15日

厚生労働省
第12回 成年後見制度利用促進専門家会議(web会議)
令和3年12月15日(水)14:00~16:00
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_22666.html

 後見人制度そのものは、いったん採用したら止められないが。
 専門家で報酬が多額に掛かりやすい後見監督人の関与にメリハリつけよう。

 実際、専門家の不正の問題もあるのだし。
 漫然と続けさせるのは問題だ。

 というような趣旨ですかね。
 どうも勘違いした解説も出ている感じですけれど。

 で、例によって抽象論先走りの話に感じます。
 結局のところグダグダになって、正直、あまり期待できないのでは。

 いや、少しでもマシな制度にする努力は必要なのですが。
 

| | コメント (0)

2021/10/07

事業承継信託_信託協会

事業承継信託_信託協会

事業承継信託 信託協会
https://www.shintaku-kyokai.or.jp/products/individual/assetsuccession/business_succession.html

 これによると、事業承継信託は4パターンに分類できると。

1 他益信託

 これは現経営者はもう受益者でなくなってしまうパターン。

2 遺言代用信託

 相続発生までは現経営者が受益者だが、相続発生により後継者が第2受益者に。
 相続発生しても、信託が終了しないのがポイントでしょうか。

3 帰属権利者型信託

 2との違いは、相続発生時に信託が終了してしまう点。
 信託終了時に、信託財産となっていた自社株を帰属権利者に交付することになると。

4 受益者連続型信託

 現経営者死亡により、第一後継者に受益権を取得させ。
 更に、第一後継者死亡時に、第二後継者に受益権を取得させる。

 この他、認知症への備えの対応で、指図権を後継者に移転する対応も可能と。

| | コメント (0)

2021/08/18

長谷川式では得点による重症度分類は行わない_加藤伸司教授

長谷川式では得点による重症度分類は行わない_加藤伸司教授

「HDS-Rは,認知症のスクリーニングを目的に作成されたものであり,得点による重症度分類は行わない」

 長谷川式で何点だから、認知症の疑いがあるは言えるけど。
 何点だから、AさんはBさんより進行している、とは言えないのでしょうね。

 あくまで二進法のテストとして理解すべきということだと理解できます。
 ここは、一般人はおろか、医療・介護業界の人でも認識されていないこともありそう。


Ⅳ.判定方法

 最高得点は 30 点満点であり,20 点以下を認知症の疑い,21 点以上を正常と判定した場合にもっとも高い弁別性を示す(sensitivity 0.93 specificity 0.86).HDS-Rは,認知症のスクリーニングを目的に作成されたものであり,得点による重症度分類は行わない.

改訂 長谷川式簡易知能評価スケール( HDS-R) の使い方
東北福祉大学総合福祉学部福祉心理学科・教授/認知症介護研究・研修仙台センター・センター長
加藤伸司
http://ninchisyoucareplus.com/plus/pdf/070421%E5%8A%A0%E8%97%A4%E6%8A%84%E9%8C%B2.pdf

| | コメント (0)

2021/08/14

河村市長ってもうヤバいですね

河村市長ってもうヤバいですね

河村市長がかじった金メダルを交換へ 費用はIOC負担
朝日新聞デジタル 2021年8月12日 11時28分
https://www.asahi.com/articles/ASP8D3QJFP8DUTIL003.html

「河村市長はメダルをかんだ翌5日に「宝物を汚してしまい、配慮が足りなかった」と謝罪し、「嫌がらせの認識は全くなかった」「あの時は非常にフレンドリーな感じだった」などと述べていた。」

 こういうことをしてはいけない、という自制が効かないということですから。
 高齢者特有の判断力低下の一種とみるのが素直でしょう。

 つまり、もうヤバい人、ということを周知のものとした。
 この人についていくと、後で大事故しか待っていない。

 この辺をすでに察知していたであろうというのが、あの方。
 流石ですね。

「小池氏からメール来ない」 衆院選連携に悩む河村市長
朝日新聞デジタル 有料会員記事 岡本智、小林圭、関謙次、堀川勝元 2021年7月19日 16時00分
https://www.asahi.com/articles/ASP7L6S6NP7GOIPE01V.html

| | コメント (0)

2021/06/30

「今日死ぬか」と問われた妻、目を閉じて「ええよ」…夫はマフラーで首を絞めた_読売新聞

「今日死ぬか」と問われた妻、目を閉じて「ええよ」…夫はマフラーで首を絞めた_読売新聞

「今日死ぬか」と問われた妻、目を閉じて「ええよ」…夫はマフラーで首を絞めた
読売新聞 2021/06/25 07:42
https://www.yomiuri.co.jp/national/20210624-OYT1T50273/

 これ、妻が施設入所を拒んだのですね。
 妻が「他人に迷惑をかけることを嫌がり」夫が限界まで尽くしていたと。


 一方、亥聖子さんは15年頃、脳 梗塞こうそく を患い、左半身がまひし、その後、骨折で長期間入院した。体が不自由な亥聖子さんは、他人に迷惑をかけることを嫌がり、介護施設への入所を拒んだため、村武被告が介護をしていた。しかし、村武被告は昨年頃から、体力的にも精神的にも限界を感じ、心中を決めたという。


 ただ、

「村武被告は結審前、最終意見陳述で「もっと簡単に介護の援助を受けられる世の中になればいいと思う」とも述べた。」

 というのは、介護援助を受けるハードルの高さが原因とも読める。
 しかし、どうなんでしょう。

 本事例の逆に、妻が夫を介護している事例というのは多いでしょう。
 そして、夫が施設に行きたくないと、駄々をこねている場合も少なくない。

 結果、妻は疲弊し、先に亡くなる原因にすらつながっていく。
 そのような事例が、世の中で一定数以上あるのではないでしょうか。

 だとしたら、この場合、問題は、むしろ夫の意思を無視できる制度設計。
 妻のために、夫を強制的に入所できる仕組みがあって良い筈。

 そのような方向性の解決は理解できますが。
 介護援助のハードル問題というのは、何かピンぼけのような気がしています。

 そもそも、現代日本の福祉は、コスト的に全く見合っていない。
 税収バランスで持続可能性を考えると、正直、手厚すぎるのです。

 これって、ゴールドプラン立案期に水準を上げすぎたせいで。
 本来は、もっと福祉の水準は落とすべきです。

 万人に供給するのが福祉であるならば、なおさら。
 あまりにも福祉に幻想をもたせ過ぎでしょう。

 厚労省は、医療と福祉を一体で議論したがりますが。
 私は、医療と福祉を切り離して議論すべき時期が近づいている気がします。


| | コメント (0)

2021/06/29

地方でタワマン建設ラッシュ! その理由は?_NHK

地方でタワマン建設ラッシュ! その理由は?_NHK

地方でタワマン建設ラッシュ! その理由は?
NHK 2021年6月22日 20時06分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210622/k10013097071000.html


 マンションを購入した人の70%あまりが山形市民で、その4割程度は、持ち家から住み替える人だということです。

 その上で、山形特有の理由として、▽高速バスを利用すれば、仙台に1時間で行くことができ通勤通学に便利なこと、▽山形新幹線で首都圏にも行きやすいことなどを挙げていました。

進む中心部への人口回帰

 郊外の持ち家から中心部にあるマンションへの人口シフト。
 実は高齢化社会の進展と相まって、地方で急速に進んでいます。

 (略)

 不動産調査会社の「東京カンテイ」に話を聞いたところ、▽病院や市役所が近くにあって生活しやすいこと、▽将来の運転免許の返納に備え、車が不要な場所に移り住むニーズがあること、▽一戸建てよりも光熱費が安くすみ、雪国では欠かせない除雪をしなくてすむことなどから、高齢者を中心に中心部に住むニーズが高まっているということです。


 私の地元の福山市でも、一部見られる現象のような気がします。
 ただ、福山市の場合、駅前の医療環境があまりよくない。

 これから、福山駅前に診療所・病院を建設するのって、ありかもしれませんね。
 駐車場を含めた敷地をどう確保するか、というのが大問題ではありますが。

 その意味では、広島市内のようにビル診が増えてもおかしくはない。
 これからに注目したいところです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧