カテゴリー「行政」の207件の記事

2024/04/14

身寄りがいるかわからないケースで、親族の有無をどこまで調べるべきか_NHK

身寄りがいるかわからないケースで、親族の有無をどこまで調べるべきか_NHK

「誰が火葬のOK出したんや」兄はどこへ消えたのか?
NHK 2024年4月5日 9時01分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240404/k10014411941000.html

 いや、なかなかビックリ。


ではなぜ、“身寄りがない”ということになったのか。

京都市の職員は、家族の情報を確認するため「戸籍」の情報を調べてはいた。しかし、弟の恵一さんがいるとの情報にはたどり着けなかった。

問題は、調べた戸籍情報の範囲だったという。

兄の一さんの本籍地は、引っ越しなどで何度か移っていたが、当時、職員は京都“市内”にあった戸籍情報だけを調べていた。

だが、兄弟の記載があったのは、家族が京都“市外”にいたときの、以前の戸籍情報だったのだ。

係長
「調べる範囲を“市内”までということで判断させていただきました。ご両親も亡くなられ、ご結婚もされておらず、お子さんもいないという状況でしたので、『親族はいらっしゃらない』と判断してしまいました」



京都市の職員は弟夫妻にこう釈明した。

課長
「マニュアルといいますか、要するにどこまで調べるべきかという明確な規定がなかったところかと思います。結果として、ご兄弟様がご近所にいらっしゃるにもかかわらず、至らなかったところについては、課題があることだったと思います」
調査にかかる「期間」も障壁の1つになった、と職員は説明する。

京都市内の戸籍調査ならば3日ほどでできる一方、他都市の調査となると通常2週間ほどかかるという。


 これ、取材先を総務省まで広げてほしかったですね。
 ちょっと残念。

| | コメント (0)

2024/04/13

県庁の〝手のひら返し〟で大損した民間企業が激怒「『契約書準備してます』っていうから発注したのに…」いきなり大量キャンセル、契約前なら行政は許されるの?_共同通信社

県庁の〝手のひら返し〟で大損した民間企業が激怒「『契約書準備してます』っていうから発注したのに…」いきなり大量キャンセル、契約前なら行政は許されるの?_共同通信社

県庁の〝手のひら返し〟で大損した民間企業が激怒「『契約書準備してます』っていうから発注したのに…」いきなり大量キャンセル、契約前なら行政は許されるの?
共同通信社 2024/04/04 (共同通信=滝野瀬雅史)
https://nordot.app/1143754856246280524?c=39546741839462401

「「物品購入状況説明書」だ。企業からの調達を前提に、県の担当部署が「契約書等を準備しています」という内容が書かれていた。
 ところが、長野県が医療機関に問い合わせた結果、意外に需要が少ない。県はあわてて「5万着はキャンセル」と伝えた。ただ、企業側は困った。既に調達先に発注してしまっているためだ。企業も調達先にキャンセルしたい旨を伝えたが、応じてくれたのは2万着だけ。このままでは、残りの3万着分を損することになる。
 長野県にも言い分はある。企業とはまだ正式な契約を結んでいなかった。
 それでも、企業はこの状況に黙っていなかった。長野県を相手取り、1億3千万円の支払いを求めて提訴。2月になって長野地方裁判所は判決を出した。2年半に及んだ法廷闘争は、結局どうなったのか。」

「「企業としては、長野県側のそれまでの対応から契約の成立は確実であると信じ、かつ、信じる相当の理由があった」
 ひと言で言えば、長野県が信義則に違反したという内容。県は約6700万円を支払うよう命じられた。」

 そりゃそうですね。
 状況からしても急ぐしかなかったのでしょうから。

「長野県、企業共に判決を不服として控訴した。審理の舞台は東京高裁に移る。」

 行政がこういう対応をとると、民間は以後身構えますね。
 それでいいと思っているのだろうか。

| | コメント (0)

2024/04/10

NPO法の要件緩和は辻本議員が大きく関わっていたらしい_参議院議員 浜田聡氏

NPO法の要件緩和は辻本議員が大きく関わっていたらしい_参議院議員 浜田聡氏

東京都が国家賠償請求訴訟で敗訴した件はNPO法や辻元清美議員と関係があるのでは?
参議院議員 浜田 聡 2024/04/02
https://www.youtube.com/watch?v=duVI2fuu1Sw

 これは知りませんでした。
 NPO法の要件緩和に辻本議員が大きく関わっていたと。

 個人的印象ではありますが。
 NPOは不正も多いし、運営者たちのマインドに問題が多いと感じており。

 私自身は、昔から、接点持たないようにしているのですけれど。
 こういうのを見ると、印象間違ってなかったのかなぁと。

 暇空茜氏が国賠で東京都に勝訴しても、全く報じないマスコミの姿。
 これは、本当に「ナニカ」に日本が大きく支配されていると言われて文句言えないでしょうね。

 そして、それには、大きく、共産・社会・旧民主・現立件民主党の議員たちが。
 関わってきたんじゃないか、ということを裏付ける話、ということになるのかな。

 それにしても、恐ろしすぎますね。

| | コメント (0)

2024/04/07

川勝平太知事は日本語が不得手だったのか_(「それは読売新聞の報道のせい」産経新聞)

川勝平太知事は日本語が不得手だったのか_(「それは読売新聞の報道のせい」産経新聞)

「それは読売新聞の報道のせい」 辞職表明した静岡・川勝平太知事との一問一答(下)
産経新聞 2024/4/2 21:17
https://www.sankei.com/article/20240402-PTXCEFCCKFN4HKODAL5WWZGQPM/

 前から問題発言の多かった方ですが。
 要するに、日本語が不得手だったのかなと。

 知事自身が主張するように、読売新聞のせいかどうか。
 それは、下記動画とかを見た視聴者がどう判断するかなのでしょうけれど。

【ノーカット】静岡県・川勝知事が会見「6月議会をもって職を辞する」「職業差別は皆無です」自身の発言について釈明(2024年4月2日)| TBS NEWS DIG
TBS NEWS DIG Powered by JNN 2024/04/02
https://www.youtube.com/watch?v=Z3yVgFT3F04

 ただ、聴いていると、結構苦痛ですね。
 何せ、発言の整合性がとれてないじゃんが、バンバン。

 そして、明らかにとれない部分は全部他人のせい、に聞こえます。
 自分はそんなつもりはないで逃げ切れた今までが異常だった気がしますね。

| | コメント (0)

2024/04/01

うそのセクハラ被害訴えた教諭など計5人を懲戒処分に 都教委_NHK

うそのセクハラ被害訴えた教諭など計5人を懲戒処分に 都教委_NHK

うそのセクハラ被害訴えた教諭など計5人を懲戒処分に 都教委
NHK 2024年3月27日 22時01分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240327/k10014404581000.html

「都教育委員会によりますと、多摩地域の都立高校に勤める48歳の男性主幹教諭は、去年7月、女性教諭になりすまし、知人の男性教諭からセクハラを受けたと、うその被害を訴えるとともに、免職を求める投稿を都の相談窓口の専用サイトに送ったということです。」

 これでも、本人は停職レベルの懲戒なのですね。
 それこそ、免職にならないのは、どうしてなのでしょう。

 教師も人間なんて言いますが。
 嘘をついて人を騙す人間をそのまま教師に据え置くって、ついていけない。

| | コメント (0)

2024/03/29

新型コロナで猶予の社会保険料「高圧的取り立て中止を」 自民・中田氏_カナロコ

新型コロナで猶予の社会保険料「高圧的取り立て中止を」 自民・中田氏_カナロコ

新型コロナで猶予の社会保険料「高圧的取り立て中止を」 自民・中田氏
カナロコ 政治・行政 | 神奈川新聞 | 2024年3月25日(月) 22:50 (有吉 敏)
https://www.kanaloco.jp/news/government/article-1066135.html

「中田氏は(1)均等割支払いの原則強要(2)従わない場合の滞納割り増し措置発動の示唆-など中小企業への年金事務所の対応例を列挙。「支援融資の返済先行などを理由とした複数年変動型納付計画を示しても一顧だにされなかったケースもあるという。従わなければ直ちに財産差し押さえをするという姿勢では、やっとコロナ禍を乗り切った中小企業でもつぶれてしまう」などとただした。」

 社会保険料徴収の話はともかく、年金事務所の対応は、最低に近いですね。
 最近、一番頭が痛い話の1つです。

| | コメント (0)

2024/03/25

HPVワクチンの男性接種、東京都が助成 女性と種類に違いも_毎日新聞

HPVワクチンの男性接種、東京都が助成 女性と種類に違いも_毎日新聞

HPVワクチンの男性接種、東京都が助成 女性と種類に違いも
寺町六花 毎日新聞 2024/3/14 16:00(最終更新 3/14 16:00)
https://mainichi.jp/articles/20240312/k00/00m/040/222000c

 先日、副作用のことだけを書いた記事を出した毎日新聞ですが。
 この記事は、そのことはほぼスルーして、医学寄り。

「HPVワクチンは国内では2013年から、小学6年~高校1年の女性を対象に、全額公費負担の定期接種として実施されている。一方、欧米では男性にも定期接種化が進んでおり、オーストラリアでは接種率が男女とも約80%に達する。」

 そりゃ、バラ撒く側が打たなきゃ、効果は半減です。
 当然、ワクチンの意味からして、男性にも打たなきゃとなる。

「定期接種が男性に拡大されるまでの措置だといい、都の担当者は「海外では男女接種が進んでおり、国に定期接種化の議論を進めるよう働きかけたい」と話す。」

 東京都の医療福祉政策で、初めてまともな話を聞いた気が。
 国に先んじたので、ここは高く評価したいですね。

 これを書いた毎日新聞の記者さんは、結構頑張ったんだろうな。
 でも、他の毎日記者が書いた、あの噴飯ものの記事はなんとかしてほしいです。

 これ以上、ワクチン未接種で亡くなる人たちを増やさないでほしいし。
 妻や娘を亡くして嘆く男性も減らしてほしいと願います。

| | コメント (0)

2024/03/15

「磐田は文化が高い。あそこは浜松より元々高かった」(川勝知事)_読売新聞

「磐田は文化が高い。あそこは浜松より元々高かった」(川勝知事)_読売新聞

川勝知事「藤枝東はボール蹴るのが一番重要、勉強よりも何よりも」「磐田は文化が高い…浜松より元々」
読売新聞 2024/03/14 07:20
https://www.yomiuri.co.jp/national/20240314-OYT1T50029/

「磐田市については、浜松市を引き合いに「磐田は文化が高い。あそこは浜松より元々高かった」などと持ち上げた。」

 これで怒らないのだとすれば。
 浜松の方々は、よほど我慢強いのでしょうね。

| | コメント (0)

2024/03/13

昼休み前に電子レンジで弁当温めて処分…市職員、1年以上続ける_読売新聞

昼休み前に電子レンジで弁当温めて処分…市職員、1年以上続ける_読売新聞

昼休み前に電子レンジで弁当温めて処分…市職員、1年以上続ける
読売新聞 2024/03/07 15:00
https://www.yomiuri.co.jp/local/kansai/news/20240307-OYO1T50060/

 標題もですが。

「22年4月~昨年1月には、終業時間の30分前に自席のノートパソコンの電源を落とし、5分前になると、カバンを机の上に置いて帰宅の準備をする行為を毎日のように続けていた。上司からはやめるよう注意されていたが、改善しなかったという。」

 これはねぇ。

「昨年4月、「男性職員の勤務態度が悪い」との情報が市に寄せられたため、同市水道局が調査。一連の行為は地方公務員法で規定された職務専念義務に違反すると判断し、懲戒処分と比べて軽度の行為に適用される訓告処分とした。」

 60歳代の職員だそうですが。
 これまでどうやって生きてきたんだろう。

| | コメント (0)

2024/02/25

名古屋市教委幹部で200万円分配か 活動費名目で支出、教員団体から金品受け取り_産経新聞

名古屋市教委幹部で200万円分配か 活動費名目で支出、教員団体から金品受け取り_産経新聞

名古屋市教委幹部で200万円分配か 活動費名目で支出、教員団体から金品受け取り
産経新聞 2024/2/18 12:13
https://www.sankei.com/article/20240218-KH5WBVPVYVOBBHRX34XVMWJNIU/

「名古屋市教育委員会が校長会など教員団体から金品を受け取っていた問題で、帳簿の記録から、市教委幹部数人に現金が分配されていた疑いがあることが18日、関係者への取材で分かった。」

「市教委幹部個人に支出されていれば、市職員倫理規則を大きく逸脱する可能性がある。」

「関係者によると、令和5年度の受領額が最も多い40万円超を受け取った局長級幹部は、人事案を承認する立場にあった。市教委の聞き取りに「各種会合費に充てた」と説明した。」

 送った側も、送られた側も、総入れ替え、しないのでしょうかね。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧