カテゴリー「行政」の112件の記事

2022/12/06

地域の医療提供体制強化 改正感染症法など成立 参院本会議_NHK

地域の医療提供体制強化 改正感染症法など成立 参院本会議_NHK

地域の医療提供体制強化 改正感染症法など成立 参院本会議
NHK 2022年12月2日 19時45分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221202/k10013911501000.html

 都道府県が医療機関と事前に協定を結ぶことになると。
 従わないとペナルティも用意される。

「一方、協定を結んだ医療機関が、感染症の対応で、収入が減った場合には、流行前との差額を国や都道府県からの補助金と公的医療保険から、それぞれ補填する措置も明記されています。」

 コロナから3年でようやくここまで。

 なぜこれだけ時間がかかったのかは、政府のせいだけにするのではなくて。
 国民側の勘違いなども大きかったような気がします。

 歴史的に検証して、将来に是非役立ててほしいですね。

| | コメント (0)

2022/11/29

症状がない人や軽い人は医療機関を受診せずに療養を開始できる仕組み_NHK

症状がない人や軽い人は医療機関を受診せずに療養を開始できる仕組み_NHK

発熱外来の受診者が急増 自己検査の啓発などが急務 新型コロナ
NHK 2022年11月26日 14時35分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221126/k10013904261000.html

「ことし9月に行われた感染者の全数把握の簡略化にともない、詳しい報告の対象外となり症状がない人や軽い人については、自分で検査を行って陽性だった場合は自治体の「健康フォローアップセンター」に登録し、医療機関を受診せずに療養を開始できる仕組みになっています。」

「健康フォローアップセンターは都道府県ごとにそれぞれの名称で設置されていて、厚生労働省のホームページでも一覧で連絡先が掲載されているほか、都道府県のホームページなどでも情報を確認できるようになっています。」

 広島県は、フォローアップセンターがネットで明示されていません。
 どうやら個別に連絡するようになっているようですが、不親切。

広島県感染症・疾病管理センター(ひろしまCDC)
新型コロナウイルス感染症と診断された方へ 掲載日2022年11月1日
https://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/hcdc/corona-kanjya.html

新型コロナウイルス感染症に係る自宅療養のしおり 広島県
https://www.pref.hiroshima.lg.jp/uploaded/life/857489_8054061_misc.pdf

 なんでわかりやすい発信をしてくれないのでしょうね。

| | コメント (0)

2022/11/23

「とにかく法令や行政、国会運営について、文書や報告の中身は細部までこだわる」は良いことなのでは

「とにかく法令や行政、国会運営について、文書や報告の中身は細部までこだわる」は良いことなのでは

ついに辞表提出!寺田稔総務相の”意外な素顔と評判”
FRIDAY 2022/11/20(日) 20:40配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/3fd553a87164270faee67ce231867b7293daca06

「その他にも「とにかく法令や行政、国会運営について、文書や報告の中身は細部までこだわる。少しでも違っていると突っ込まれて直される」(略)」(いずれも与党関係者ら)との声が伝わる。」

 寺田氏が、総務大臣に適任かどうかは別にして。
 この声は、寺田氏を批判する内容として掲載するのは筋違いでしょう。

 むしろ、法令や行政には、総務大臣、国会議員として、細部に拘ってくれないと困る。
 間違っていたら大問題だし、実際騒ぎになってしまう筈。

 そうでなくていいと思っている周囲がいたことが、寺田氏の不幸の1つかもしれない。
 面従腹背ってことだったのかもしれませんが。

 ただ、どうも人望はなさそうですね、この方。
 結果、救ってやろうという声が出なかった感じですし。

 それにしても、岸田首相って……。

| | コメント (0)

2022/11/16

わずか2分で返礼品 ふるさと納税「自販機」で再起図る高野町_産経新聞

わずか2分で返礼品 ふるさと納税「自販機」で再起図る高野町_産経新聞

わずか2分で返礼品 ふるさと納税「自販機」で再起図る高野町
産経新聞 2022/11/13 11:00 山田 淳史
https://www.sankei.com/article/20221113-IMF2OT53TBL6ZOMLMSWD5J4QNM/

 自販機はいいんですが、ちょっと気になるのは返礼品。

「当初は寄付額1万~10万円で運用を開始。返礼品には、町内の宿坊の割引券や町内で使える商品券などを用意した。町によると、自販機による寄付は9月末時点で49件、95万4千円と滑り出しは上々だ。

商品券が選ばれるケースが圧倒的に多く、担当者は「現地で使えるのがメリット。(返礼品の)送料が発生しないのでとても助かっている」と話す。」

 商品券と聞いてビックリですが。

「高野町内の協力事業所等(宿坊、土産物店、飲食店、各種サービス業等)で利用できる商品券」なんですね。

高野町ふるさと商品券 参加事業所の募集について
http://www.town.koya.wakayama.jp/kurashi/furusato/21337.html

 商品券を貰って、一時所得課税対象でないとは言えないわけで。
 特別控除額50万円を超えないことだけは、注意してねなんでしょう。

ふるさと納税自動販売機の設置について 和歌山県高野町
https://www.town.koya.wakayama.jp/img_data/2022/05/1b8e5e9ee5956bbd30c053caac222b21.pdf

| | コメント (0)

2022/11/03

電子処方箋事業が令和5年1月開始

電子処方箋事業が令和5年1月開始

 オンライン資格確認義務化は令和5年4月開始ですが。
 その前に、令和5年1月から、電子処方箋事業が開始するのですね。

 電子処方箋事業の開始で何が変わるのか。
 おそらく、薬局のあり方が、劇的に変わるのですね。

「薬局はリアルタイムで患者の薬剤情報や医師の処方情報、特定健診情報等々を入手して調剤・服薬指導が可能になる」
「電子処方箋 2023年1月スタート予定」2021年12月1日 ヘルスビジネスオンライン
https://www.healthbusiness-online.com/2080/

 で、患者からはマイナカードがあることが、電子処方箋利用の必須条件かと思えば。
 実は、そうではないのですね。

 なくても、電子処方箋の発行や重複投薬等チェックはしてもらえる。
 ただし、患者の過去のお薬の情報を参照し、診察や調剤の判断に役立てるのはできない。


質問 患者はマイナンバーカードがないと電子処方箋を利用できないのですか?

○ 患者は、マイナンバーカードがなくても電子処方箋の仕組みを利用できます。
 マイナンバーカード・健康保険証を問わず、電子処方箋の発行や重複投薬等チェックなどが可能です。
○ ただし、マイナンバーカードで受付を行う患者が、過去のお薬情報の提供に同意した場合に限り、医師、薬剤師等は患者の過去のお薬の情報を参照し、診察や調剤の判断に役立てることができます。
「利用申請開始!はじめよう、電子処方箋」令和4年10月17日 厚生労働省
https://www.iryohokenjyoho-portalsite.jp/docs/online_setumeikai_2.pdf#page=34


 事業者としての、病院・診療所・薬局はもとより。
 患者側としても、一定の理解が必要になりそうです。

参考)

利用申請開始!はじめよう、電子処方箋
~準備作業から利用方法を解説!~
【医療機関・薬局の皆さまへ】
令和4年10月17日 厚生労働省 医薬・生活衛生局
https://www.iryohokenjyoho-portalsite.jp/docs/online_setumeikai_2.pdf

厚生労働省から解説「オンライン資格確認の導入が原則として義務付けられます」
限定公開 厚生労働省 2022/07/22 17:40
https://www.youtube.com/watch?v=IMmVrsrhNdg

三師会・厚生労働省合同開催 オンライン資格確認の原則義務化に向けた医療機関・薬局向けオンライン説明会(令和4年8月24日18:30~)
厚生労働省 2022/08/24 1:13:06
https://www.youtube.com/watch?v=1H3mhnEd-U8

オンライン資格確認の導入で事務コストの削減とより良い医療の提供を
~データヘルスの基盤として~
【医療機関・薬局の方々へ】
令和4年9月 厚生労働省保険局
https://www.mhlw.go.jp/content/10200000/000663427.pdf


オンライン資格確認の導入が原則として義務付けられます
~データヘルスの基盤となります~
【医療機関・薬局の皆さまへ】
令和4年7月22日厚生労働省保険局
https://www.mhlw.go.jp/content/10200000/000968032.pdf

オンライン資格確認の導入について(医療機関・薬局、システムベンダ向け)
厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_08280.html


| | コメント (0)

2022/10/15

名将・木内監督追悼にCF、市が関係者に説明せず募集開始…同意得られず中止に_読売新聞

名将・木内監督追悼にCF、市が関係者に説明せず募集開始…同意得られず中止に_読売新聞

名将・木内監督追悼にCF、市が関係者に説明せず募集開始…同意得られず中止に
読売新聞 2022/10/10 23:19
https://www.yomiuri.co.jp/national/20221007-OYT1T50108/

「茨城県取手市は6日、高校野球の監督として春夏3度の甲子園優勝を果たした同市名誉市民の木内幸男さん(2020年11月死去)の企画展にかかる費用について、クラウドファンディング(CF)型ふるさと納税による寄付の募集を中止すると発表した。市がCFの実施を事前に木内さん側に説明しておらず、同意が得られなかったためだという。」
「今年7月、市の担当者が木内さん側に企画について電話で説明し、賛同を得たが、CFについての説明はしていなかった。」

「CFについて事前に説明しなかったことについては、「事業実施への了承が得られたので、費用面は市の財源の問題と思い、説明しなかった」と釈明した。」

 カネを集めるのに名前を使うことになる以上、説明しないのはあり得ない。
 そういう感覚がなかったのでしょうね。

 今後も起こりそうな事件です。
 他山の石とすべきでしょうね。

| | コメント (0)

2022/10/14

政府 再来年秋 健康保険証を廃止 マイナカード一体化発表_NHK

政府 再来年秋 健康保険証を廃止 マイナカード一体化発表_NHK

政府 再来年秋 健康保険証を廃止 マイナカード一体化発表
NHK 2022年10月13日 14時34分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221013/k10013857201000.html

「また、運転免許証との一体化の時期についても、当初予定していた2024年度末から前倒しする方針も示しました。」

 免許証と同じレベルのカードになると。
 であれば、なおさら番号についての過度な秘密主義はもうやめてほしい。

「政府は、廃止の時期が来てもマイナンバーカードを取得しない人などに対しては、働きかけを進めていくと同時に、何らかの対応を検討していくとしています。」

 ムチ政策だとしても、あまり極端なことはできないでしょうね。
 すると、実際には、新規交付が変わって、徐々に切り替え、が一番ありそう。

「また基本ソフトの「アンドロイド」を使う一部のスマートフォンで、来年5月からマイナンバーカードの機能を搭載し、オンラインで行政手続きが可能になるほか、民間事業者がマイナンバーカードで本人確認をする際に国に支払っている電子証明書の利用料を3年間、無料にすることを明らかにしました。」

 もうスマホなくしたら死にますね。
 いかにスマホをなくさないか、現代人の必須スキルになりそう。

「また、確定申告の医療費控除の手続きも、マイナポータルを通じて自動入力できるようになります。」

 税理士事務所側で、ここがスムーズにできるようにしてほしいのですが。
 マイナンバーの扱いがガチガチすぎると、どうしようもないのかも。

「普及に取り組む自治体を後押ししたいとしていますが、自治体からは反発も予想されます。」

 インボイス対応もあって、地方自治体は過労死出るかもしれませんね。
 いや、根本は、行政の長に適正なリソース配分できる能力がないからですが。

「この中で、カードを取得していない人に、取得しない理由を複数回答で尋ねたところ「情報流出が怖いから」が35.2%と最も多くなりました。」

 ほら、ここが最大のガンなのは明らか。
 河野大臣、もう一段階思い切ってくれないかなぁ。

| | コメント (0)

2022/10/11

登大遊氏「テクノロジーマップ、技術カタログの在り方について」

登大遊氏「テクノロジーマップ、技術カタログの在り方について」

 登大遊氏によるデジタル庁での発表用資料ですが。
 題材の扱いが意表でした。

テクノロジーベースの規制改革推進委員会(第1回)提出資料
テクノロジーマップ、技術カタログの在り方について
2022年10月3日(月)
登大遊 *Daiyuu Nobori, Ph.D.* 所属: 独立行政法人 情報処理推進機構 (IPA) 等
https://www.digital.go.jp/assets/contents/node/basic_page/field_ref_resources/b1ae707f-8dfa-4b40-8003-e8eec74f6a02/32230edd/20221003_meeting_technology_based_regulatory_reform_outline_05.pdf

「どのようにして組織内の A 群の技術人材に自主的に受け入れられ、支持される技術情報を書き、発信すればよいか。それらの技術人材が育成された、1990 年代の著名な数々のコンピュータ雑誌等に、ヒントがある。」

 いやぁ、これはビックリでしたけど。
 あの時代、パソコン雑誌に夢中になった世代だけに、分かる気がします。

 もちろん、私はそんな技術的な部分はほとんどわかってなくて。
 HP95LX/100LX/200LXあたりで遊んでいた程度でしたけど。

 で、是非、出版社の方などに読んでほしいのは下記。
 
「A 群の技術人材に読んでもらえて自然に広まる「正統的技術記事」とは」
https://www.digital.go.jp/assets/contents/node/basic_page/field_ref_resources/b1ae707f-8dfa-4b40-8003-e8eec74f6a02/32230edd/20221003_meeting_technology_based_regulatory_reform_outline_05.pdf#page=12

 これからの出版の生きる道を示唆している気がします。

| | コメント (0)

2022/09/28

田辺静岡市長と川勝県知事がどれだけ仲が良いか_新直轄警らNo.3氏twitter

田辺静岡市長と川勝県知事がどれだけ仲が良いか_新直轄警らNo.3氏twitter


新直轄警らNo.3@5ejwRThPHUqe4GT
田辺静岡市長と川勝県知事がどれだけ仲が良いか

こちらの動画を見ていただけたら県外の方でもすぐに理解できると思います。

川勝知事と田辺市長の対談 150723
san akagi 2015/07/23 1:34
https://www.youtube.com/watch?v=q5Oq9CP881g

https://twitter.com/5ejwRThPHUqe4GT/status/1574037075908648960


 川勝氏は、元々嫌いなタイプの人物ですけれど。
 この動画をみると、ますます嫌いになりますね。

 ただ、田辺信宏市長も、芝居がかったアクションって感じはするなぁ。

| | コメント (0)

大雨被害の静岡県、自衛隊への災害派遣要請まで2日間 担当者は_朝日新聞

大雨被害の静岡県、自衛隊への災害派遣要請まで2日間 担当者は_朝日新聞

朝日新聞デジタル記事
大雨被害の静岡県、自衛隊への災害派遣要請まで2日間 担当者は
床並浩一2022年9月26日 17時29分
https://www.asahi.com/articles/ASQ9V5S9XQ9VUTPB00R.html


「県によると、自衛隊法に基づき、川勝平太知事が陸上自衛隊板妻駐屯地(同県御殿場市)の第34普通科連隊長に派遣を要請したのは26日午前10時25分だった。

 (略)

 今回の災害をめぐっては、県は23日夜に警戒態勢に入り、24日午前3時に災害対策本部を設置した。

 同6時半には静岡市、川根本町を含む23市町に災害救助法を前日付で適用することを決め、県内の被害状況の把握を進めながら陸自の派遣要請について市町側と調整。だが、25日まで要請は見送った。担当者は「市町側の意向を確認していた」と話した。

 (略)



 川勝静岡県知事を選挙で選んだ、静岡県民の方々は。
 今、どういう思いなのでしょうね。

 あのあたり、労働運動系の選挙勢力が強い土地柄だとしても。
 住民自身がどう思うか、というのが選挙に影響しない筈はない。

 だとすれば。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧