カテゴリー「アニメ・コミック」の204件の記事

2022/11/28

“ゼミは女子を優先” 男性教授にアカハラ疑い 帝京大が調査委_NHK

“ゼミは女子を優先” 男性教授にアカハラ疑い 帝京大が調査委_NHK

“ゼミは女子を優先” 男性教授にアカハラ疑い 帝京大が調査委
NHK 2022年11月26日 11時55分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221126/k10013904221000.html

「この男子学生によりますと、その後、教授に会ってメールの意味を尋ねたところ、「女性だと思い優先的に採るつもりだった。あんな名前なんだから誤認してもしかたがない。最終的には採る側の権限だ」などと言われたということです。」

 失礼ながら、男女差別以前にアホですね。
 こんな言い訳が通ると思っている時点でアウト。

 ということで、漫画でお勉強して、1から出直してほしいですね。


サイコミ
アカデミックSOS まつかわ

 アカハラ、不正、隠蔽が蔓延する、とある大学。 隠蔽された友の死の真相を暴くため、志方智和は大学の闇に切り込んでいく―― 緊迫の智略劇、開幕。

https://cycomi.com/fw/cycomibrowser/chapter/title/183

| | コメント (0)

2022/10/27

一度きりの大泉の話_萩尾望都

一度きりの大泉の話_萩尾望都

一度きりの大泉の話
萩尾望都
出版社 ‏ : ‎ 河出書房新社 (2021/4/21)
発売日 ‏ : ‎ 2021/4/21
https://www.amazon.co.jp/dp/B092D32ZPY/

 萩尾望都先生の漫画は、昔からかなり好きですね。
 SFへの愛が溢れていた以前のものは特に。

 後年のサイコ的なものは、たぶん読み手を選ぶのでしょうけど。
 しかし、あれもまた萩尾先生でしか描けないものだったのでしょう。

 で、萩尾先生と竹宮先生、そして増山さんがともに暮らした大泉。
 今回、この本で分かったことは、その青春の日々は、必ずしもハッピーな日々ではなかったということ。

 というよりも、今もって、萩尾先生の精神に影響を与える事件があった。
 そして、そのことが、最近の萩尾先生を繰り返し苦しめているのだと。

 この事件は、恐らく、誰が悪いというのではないのですね。
 いや、非常に失礼な言い方をすれば、ある意味全員が悪いともいえるのですが。

 ただ、若く思慮が足りない若者同士では、ありがちなことかもしれません。
 世の中、いつの間にか、なんとなくそれは風化していく。

 しかし、この場合、風化しなかったのですね。
 なぜか。

 萩尾・竹宮のお二人の才能が格別過ぎて、永続してしまうから。
 時間が経っても、風化どころか掘り起こされることしかない。

 この本を書いたのは、もう二度とこの話をしたくないから。
 思い出すだけで変調をきたす話題に、触れたくないのだと。

 萩尾先生が、この本を出すしかなかったことは、よくわかります。
 そして、何故タイトルで「一度きりの」とつけたのか、という気持ちも。

 私は、竹宮先生の作品も好きだし、増山さんが元になるカノンシリーズも好きです。
 世にも稀な才能が集結して、あれら作品群が出来たこともまた否定できません。

 でも、同じジャンルで、複数の才能あるクリエーターが創作を行っていけば。
 どうしても、似たような作品を扱ってしまうことがあり得ます。

 SF小説の世界では、それをお互いに茶化して扱う、ある種の寛容さがあった。
 著作権侵害だなんて怒らず、やられたらやりかえしたれ、で笑いあったり。

 しかし、彼女たちは若く、良くも悪くも、純粋過ぎたのでしょうね。
 かぶりが生じたことを、突き詰めざるを得なくなってしまった。

 もちろん、知識豊かな、そして先を見る目のあった増山さんがいたことで。
 萩尾・竹宮両先生の作品世界が、当時、豊穣を得た部分はあるでしょう。

 ただ、増山さんのコミットの仕方の危険性を、竹宮先生は気が付かなかった。
 逆に、文中記述からは、萩尾先生は直感的に感じ取っていたのでしょうね。

 カノンシリーズが完結しなかったことは、これでなんとなく納得できました。
 共同作品の難しさを、改めて感じます。

 そして、青春の苦さということについても。

 青春というのは、後で美化されるけれど、決していいことばかりじゃない。
 いや、それは皆知っている筈なのですが、他人には求めてしまう。

 私は、この本に会えたことを素直に喜びます。
 そして、だから竹宮先生を嫌いになったりもしないということも明言します。

 この本は、萩尾ファンはもとより、竹宮ファン特にカノンシリーズを読んだ人には。
 是非、読んでほしい本だと思います。

 なお、読んでいて、萩尾先生の作風の変化はこの事件の影響かなと。
 思っていたら、末尾の城さんの寄稿中で肯定する話が。

 後年の作品群は、あの事件がなければ生まれていなかったのかと。
 考えてしまうと、ちょっと複雑ですが、それもまた人生なのかも。

| | コメント (0)

2022/10/23

「風の大地」は未完か_かざま鋭二氏逝去

「風の大地」は未完か_かざま鋭二氏逝去

「早すぎる」と坂田信弘氏 ゴルフ漫画の巨星逝く かざま鋭二氏が膵臓ガンのため他界10/4(火) 17:47配信 ゴルフ情報ALBA.Net
https://news.yahoo.co.jp/articles/8ae59d66e58c23218f7ea13170743a21c38cdd2d

2022.10.04 ビッグコミックBROS
【訃報】かざま鋭二氏ご逝去
https://bigcomicbros.net/75203/

 知りませんでした。
 ビッグコミックオリジナル11月5日号を見てビックリ。

 「風の大地」は恐らく未完で終わるのですね。
 かざま鋭二先生のご冥福をお祈りします。

| | コメント (0)

2022/10/10

アニメ「理系が恋に落ちたので証明してみた。」の原作者が不満をぶちまけた漫画がとてもアツい「これも愛だよ!」「負けないで!」_togetter

アニメ「理系が恋に落ちたので証明してみた。」の原作者が不満をぶちまけた漫画がとてもアツい「これも愛だよ!」「負けないで!」_togetter

アニメ「理系が恋に落ちたので証明してみた。」の原作者が不満をぶちまけた漫画がとてもアツい「これも愛だよ!」「負けないで!」
togetter 2022年10月1日
https://togetter.com/li/1952418

 笑ってしまいました。
 こういう、不満のような、実は援護射撃だ、というお話はいいですね。

 原作者もまたアニメへの愛があることを感じるのが、ポイントなんだろうなと。
 そして、一厘の本音が見えるのもまた、笑わせてくれます。

 うん、こういうやりとりができる関係がいいですね。
 この漫画、機会があったら読んでみようかしら。

| | コメント (0)

2022/09/03

「スーパーの裏でヤニ吸うふたり」がいい味

「スーパーの裏でヤニ吸うふたり」がいい味

スーパーの裏でヤニ吸うふたり 1巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス) Kindle版
地主 (著) 形式: Kindle版
https://www.amazon.co.jp/dp/B0B683NKKV/

 いや、タバコはすっごく嫌いな私ですが。
 この漫画は、すっごく好きですね。

 主人公の佐々木さんが、本当にニブくて、人が良くて、最高。
 もう一人の主人公である田山さんというか山田さんも、いいキャラで。

 内容はタイトル通りであるわけですが。
 二人のふれあいが、なんかじわじわ来るんですわ。

 現時点では、まとめなどで大半読めちゃうんですが。
 いいなと思ったら、是非1巻買って、巻末0本目も読んでみてねです。

 どこまで続くのか分からないけれど、まったり続いてほしいなぁ。

癒やし系店員目当てでスーパーに通う40代のおじさんが裏の喫煙所で強い見た目の子にいじられるマンガ「スーパーの裏でヤニ吸う話」まとめ
通称ヤニすう。二人の関係が最高なんです
togetter 2022年5月27日
https://togetter.com/li/1892883


| | コメント (0)

2022/08/06

漫画「ちはやふる」最終回 全247話で完結、競技かるた愛好者増やす_産経新聞

漫画「ちはやふる」最終回 全247話で完結、競技かるた愛好者増やす_産経新聞

漫画「ちはやふる」最終回 全247話で完結、競技かるた愛好者増やす
産経新聞 2022/8/1 00:34
https://www.sankei.com/article/20220801-MZGOO4NU2ZKBVB3EXF637J2XQQ/

 え、まだ続いていたんですか、というのが正直なところですが。
 平成19年からだと、15年ですか。

 連載が途中中断など挟まなかったのだとすれば、なかなか素晴らしいことです。
 王家の紋章やガラスの仮面とは、ちと違うのでしょうね。

 それにしても、ガラスの仮面は、なんとか完結させてほしいなぁ。
 2012年に49巻が出てもう10年だから、期待しない方がいいんでしょうけど。

ガラスの仮面 49 Kindle版
美内 すずえ
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07KG5CCNQ

 クライマックスは目前!とわかるだけに、ねぇ。

| | コメント (0)

2022/08/05

「連絡を無視される」「打ち合わせのすっぽかし多数」作者が体調不良に NUUDE連載「影守人のジグとメル」が第2話で連載終了に_ねとらぼ

「連絡を無視される」「打ち合わせのすっぽかし多数」作者が体調不良に NUUDE連載「影守人のジグとメル」が第2話で連載終了に_ねとらぼ

「連絡を無視される」「打ち合わせのすっぽかし多数」作者が体調不良に NUUDE連載「影守人のジグとメル」が第2話で連載終了に
ねとらぼ 2022年08月02日 12時35分 公開
[ケンゾー,ねとらぼ]
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2208/02/news098.html

 なかなか、ドイヒーな話ですね。
 これが許される業界って、あとどのくらいあるんだろう。


 陽歌れいりさんは、以上のような状況が1年ほど続き、「蕁麻疹で眠れなくなる、突発性難聴になる」といった状態にもなったそうです。

 状況の改善を担当編集者以外の社員にも数回求めましたが、5月号に掲載された2話の作業過程でも変わらず。陽花れいりさんは、同作品が「NUUDEには必要ないのだ」と改めて感じ、2話も体調を崩しながら描き切ったという状況だったため、「私にとっても作品にとっても良くない」と連載終了を判断したそうです。


 小学生の頃は、漫画家になりたかった私ですが。
 ある意味、この方面の才能がなくて幸せだったのかもしれないなぁ。

 で、作品は現時点では試し読みできるみたい。

影守人のジグとメル(BL情報サイトちるちる)
https://www.chil-chil.net/goodsDetail/goods_id/119162/

 試し読みだと、なんか面白そうではありますね。
 ただ、BLモノでしたか……。友人K君の奥さんが大好物そうだなぁ。

| | コメント (0)

2022/07/07

"「少年マガジン」の連載陣で私より年上なのは、森川ジョージ先生だけ"_赤松健氏

"「少年マガジン」の連載陣で私より年上なのは、森川ジョージ先生だけ"_赤松健氏

「なんでよりによって自民党から出るんですか?」『ラブひな』『ネギま!』…ヒットメーカー赤松健を決心させたもの 赤松健さんインタビュー#2
文春オンライン 加山 竜司2022/03/0
https://bunshun.jp/articles/-/52455


「少年マガジン」の連載陣で私より年上なのは、森川ジョージ先生だけですもん。週刊少年誌に描くのは、やっぱり若い作家がいいんじゃないでしょうか。

https://bunshun.jp/articles/-/52455?page=4


 当然、赤松先生が森川先生を批判しているわけではない。
 そのような理解の上での話ですが。

 森川先生が高齢だからといって、「はじめの一歩」の連載を終了したらどうなるか。
 マガジンの販売数、一気に落ち込むでしょうね、きっと。

 連載では「はじめの一歩」の一歩現役復活が薄々見えてきたわけですし。
 なんとか、王者リカルド挑戦までは描ききってほしいなぁと。

 で、私自身、赤松氏の漫画はそれほど好きじゃないんですけれど。
 彼の、アニメや漫画での表現の自由を守るための活動は、評価しています。

 この後の参議院選、どうなるかですけれど。
 表現の自由を壊す人たちに利する結果にだけは、なってほしくないなぁ。

| | コメント (0)

2022/07/05

冨樫義博氏_腰大事「2年ほど椅子に座れない状態で描けませんでした」_オリコン

冨樫義博氏_腰大事「2年ほど椅子に座れない状態で描けませんでした」_オリコン

冨樫義博氏、展覧会の開催報告 「話の続き描けよ」と自覚も執筆再開で腰大事「2年ほど椅子に座れない状態で描けませんでした」
オリコン 2022-07-04 04:00
https://www.oricon.co.jp/news/2240753/full/


■冨樫義博氏の直筆メッセージ全文
御報告

 (略)

確かに2年ほど椅子に座れない状態で描けませんでしたが、従来のやり方をあきらめることで現在は何とか執筆を再開しております。皆さま、くれぐれも腰は大切に。これを書いている2週間前までお尻をふく姿勢がとれず、ウンコするたびシャワー浴びてました。あらゆる動作が常人の3~5倍時間がかかります。腰大事。

 (略)



 腰痛めて大変、というのは以前なにかで読みましたけれど。
 現在もシャレにならない状況が継続していたのですね。

 うーん、ここまで体酷使してしまう仕事なんですね。
 漫画家って。

 小学生の頃、なりたかったけれど、才能ない自覚で挫折。
 でも、なれていても地獄だったのかもしれませんねぇ。

| | コメント (0)

2022/06/28

この写真、君だよね?Twitter特定班でよく見かける手法で浮気調査をする『裏アカ女子が探偵に特定される話』_togetter

この写真、君だよね?Twitter特定班でよく見かける手法で浮気調査をする『裏アカ女子が探偵に特定される話』_togetter

【漫画】この写真、君だよね?Twitter特定班でよく見かける手法で浮気調査をする『裏アカ女子が探偵に特定される話』→「ぶっ飛んでて面白い」「気をつけよう…」
togetter 2022年6月22日
https://togetter.com/li/1905422

 写真がいろんな手がかりになるという話はよく聞きますね。
 インスタなんてのは、もう材料の宝庫なんだろうな。

 早速下記をポチりました。

SNS探偵オノノキツカサ(1) Kindle版
カレーとネコ (著), 馬酔高 (著)
https://www.amazon.co.jp/dp/B0B3D6FHSQ/

 う、いいところで2巻に続くですか。
 今ならまだヤンマガWEBで読めるのかな。

ヤンマガWEB
SNS探偵オノノキツカサ
カレーとネコ 馬酔髙
https://yanmaga.jp/comics/SNS%E6%8E%A2%E5%81%B5%E3%82%AA%E3%83%8E%E3%83%8E%E3%82%AD%E3%83%84%E3%82%AB%E3%82%B5

| | コメント (0)

より以前の記事一覧