カテゴリー「育児」の94件の記事

2024/03/14

離婚後の「共同親権」導入、民放改正案を閣議決定…「法定養育費制度」創設へ(民放→民法)_読売新聞

離婚後の「共同親権」導入、民放改正案を閣議決定…「法定養育費制度」創設へ(民放→民法)_読売新聞

離婚後の「共同親権」導入、民放改正案を閣議決定…「法定養育費制度」創設へ
読売新聞 2024/03/08 10:31
https://www.yomiuri.co.jp/politics/20240308-OYT1T50047/

 何故か、標題は、民法が民放になっていますが。
 まぁ、それはさておいて。

「父母が合意した場合に共同親権を選択できるようにするもので、父母の一方が親権を持つ「単独親権」のみを規定した現行民法を見直す。」

「民法改正案では離婚後の親権について、父母が話し合いなどで協議が整わない場合は家庭裁判所が共同親権か単独親権かを判断すると規定。いずれかの親からの子への虐待や父母間のDV(家庭内暴力)など「子の利益を害する」場合には、家裁は単独親権に決める。」

「共同親権の場合でも「急迫の事情」があれば単独で親権を行使できるとした。」

 ある程度問題点に配慮している感じですね。
 実際に始まってみないとではありますが。

「改正案では「親の責務」を明確化し、婚姻関係の有無にかかわらず「子どもの利益」の確保を最優先する姿勢を打ち出した。」

 これが運用にどう影響してくるか。

「現在は、離婚後に父母間の取り決めや家裁の調停・審判がないと要求できない養育費について、取り決めがなくても同居親が別居親に最低限の養育費を請求できる「法定養育費制度」を創設する。支払いが滞った場合は他の債権者に優先して財産を差し押さえ、未払いの解消につなげる。」

 これは結構重要ですね。
 今までは払われず泣き寝入り多かった養育費が、今後は変わってくると。

 ただ、そうすると、子のいる人間と再婚する場合には。
 ある意味慎重にならないと、実はってことも多発するのかしら。

「離れて暮らす親が子どもと定期的に会う面会交流の申し立てについても、現在は父母にしか認められていないが、一定の条件で祖父母ら親族にも認める。」

 これは現在の恣意的な運用を前提にすると。
 どの程度実効性あるのかな、という気も。

| | コメント (0)

2024/03/05

PTA未加入で卒業記念品なし 「ほしいなら実費払って」は是か非か_毎日新聞

PTA未加入で卒業記念品なし 「ほしいなら実費払って」は是か非か_毎日新聞

PTA未加入で卒業記念品なし 「ほしいなら実費払って」は是か非か
社会 速報 毎日新聞 2024/2/28 05:30(最終更新 2/28 09:21)【大沢瑞季】
https://mainichi.jp/articles/20240227/k00/00m/040/333000c

「一般社団法人「全国PTA連絡協議会」代表理事の長谷川浩章さんは「近年、PTAは任意団体であり加入は強制ではない、という考えがメディアでも取りあげられ、未加入者が増えています」と問題の背景を指摘する。」

「PTAの加入・未加入に関係なく、全員に記念品を配る学校もあれば、加入者のみに配るところもあり、対応は各学校で分かれています」

「また近年、未加入者が増えた学校では、加入者が未加入者分の記念品代を負担しきれず、記念品贈呈をやめた学校もあります」

 で、

「加入・未加入に関わらず、全ての子どもに平等な対応が必要です。贈るのであれば、全員に贈るべきでしょう。それは、PTAは学校の教育活動に寄与するための社会教育団体だからです」

 これはおかしいですね。
 経済的な負担を一部の人間にだけ求め、タダ乗り奨励ですから。

 とは言え、当然そう言われるという批判が予測できるので、軌道修正。

「ただ、長谷川さんは、全ての子どもに平等に贈呈することをPTA会員が受け入れられない状況が続く場合は、記念品をなくすなど、制度自体を見直すことも必要という。」

 行き着くと、こうなりますね。
 ナッシング・オア・オールだと。

 問題の根底がどこにあるかですが、なんでもかんでも、学校やPTAに任せる。
 それが終わろうとしているのでしょうね。

 ただ、PTA入会の選択意思確認時に、入らないと、記念品配賦ありませんまで言われて。
 それでも入らず記念品を貰えないのは、親が子に責任持って対応すべきでしょう。

 この長谷川氏の意見は、そういう当たり前を見ないところから出ている気がしますけどね。

| | コメント (0)

2024/02/14

祖母「解放されたかった」 女児放置死、USJ外泊_産経新聞

祖母「解放されたかった」 女児放置死、USJ外泊_産経新聞

祖母「解放されたかった」 女児放置死、USJ外泊
産経新聞 2024/2/5 20:18
https://www.sankei.com/article/20240205-JD5PIGCJR5ICFHGNVCIGBWKEEQ/

「大阪府富田林市で2022年6月、(略)ちゃん=当時(2)=が自宅の柵内に放置されて死亡した事件で、保護責任者遺棄致死罪などに問われた祖母(略)被告(47)の裁判員裁判公判が5日、大阪地裁堺支部で開かれた。被告人質問で孫を放置し外泊を繰り返したことについて「(世話から)解放されたかった」と述べた。」

 祖母ですが、47歳なのですね。
 一般的な視点での祖母に期待することは難しい年齢ですか。

 そして、何故祖母が孫を育てることになったのかというと。
 息子夫婦が育児しなかったから。

 いろいろと切ないですね。
 しかし、今後、似たような事件が再発しそうな気がします。

| | コメント (0)

2024/01/23

近大生「一気飲み」後死亡、元学生らが遺族に解決金計5090万円の支払いで和解_読売新聞

近大生「一気飲み」後死亡、元学生らが遺族に解決金計5090万円の支払いで和解_読売新聞

近大生「一気飲み」後死亡、元学生らが遺族に解決金計5090万円の支払いで和解
読売新聞 2024/01/15 18:22
https://www.yomiuri.co.jp/national/20240115-OYT1T50202/

「両親は20年7月、元学生ら18人と近大に約1億500万円の損害賠償を求めて提訴。近大とは再発防止策の徹底などを条件として和解し、元学生に対する昨年3月の1審・大阪地裁判決は、16人の救護義務違反を認め、約4200万円の賠償を命じた。元学生12人が控訴していた。
 控訴審で高裁は、飲み会の参加者が一気飲みをはやし立てた行為について「アルコールハラスメントに該当する」と指摘し、和解を提案。解決金には1審判決の賠償額に遅延損害金などが加えられたという。」

 これ、損害賠償金の負担もさることながら。
 この事件に関わっていたことが分かったら、元学生の人生は詰むのでしょうね。

 もう、一気飲みを煽るだけで、アルハラ加担を認定される時代。
 人の親である方々は、是非、お子さんに教えてあげて下さい。

 いや、オッサン世代の皆さんも、十分にご注意下さいかな。

| | コメント (0)

2024/01/19

「結局、前科がつきました」SNSでの誹謗中傷、被害者が本気出すとどうなる?_共同通信

「結局、前科がつきました」SNSでの誹謗中傷、被害者が本気出すとどうなる?_共同通信

「結局、前科がつきました」SNSでの誹謗中傷、被害者が本気出すとどうなる? 身元すぐ判明→賠償拒否→告訴→罰金刑
47news 2024/01/08(共同通信社=赤坂知美)
https://nordot.app/1109433053483647707?c=39546741839462401

「ただ、弁護士費用などを考えると赤字だ。しかも、全額を支払ったのは3人のうち1人だけで、女性2人は体調などを理由に支払いを拒んでいる。3人が直接謝罪に訪れることもない。
 そこで、菩提寺さんは支払いを拒んだ女性2人を刑事告訴。その結果、2人とも名誉毀損罪で略式起訴され、裁判所はそれぞれに罰金10万円の略式命令を出した。」

 なるほど。

 開示請求し、民事の損害賠償請求を求めたが、応じず、謝罪もない人たちがいたと。
 そういう人たちには、刑事で名誉毀損による前科がつくことになったと。

 これを知るべきは、何より、子を育てる親でしょうね。
 学校などの情報リテラシー教育がキャッチアップするのは、まだはるか先でしょうし。

 前科者になることで、この社会でどれだけ不利益を受けることになるのか。
 そして、それは不平等ではなく、報いと受け止められ、救済も期待できない。

 そのことの意味を教えられるのは、恐らく親しかいないんでしょうから。

| | コメント (0)

2024/01/12

お小遣い長年未納です。「請求書」送りました…中1の数学自由研究、最優秀賞の出来栄えにお父さんは舌を巻く_南日本新聞

お小遣い長年未納です。「請求書」送りました…中1の数学自由研究、最優秀賞の出来栄えにお父さんは舌を巻く_南日本新聞

お小遣い長年未納です。「請求書」送りました…中1の数学自由研究、最優秀賞の出来栄えにお父さんは舌を巻く
南日本新聞 2024/01/08 08:15
https://373news.com/_news/storyid/188127/

「「お小遣いが長年未納のため、以下の通りご請求いたします」。鹿児島市の鹿児島大学付属中学校1年、川原千鶴さんは昨夏、父親の正行さん(44)に1枚の請求書を手渡した。記されていたのは未払い期間の合計ではなく、工夫して計算した遅延金を含めた総額。切実な思いで取り組んだ成果は、第11回「算数・数学の自由研究」作品コンクール(理数教育研究所主催)の中学校の部で最優秀賞に選ばれた。」

「研究のタイトルは「父への請求書発行」。千鶴さんは小学6年の4月から中学1年の8月までの17カ月間、毎月の約束だったお小遣いをもらえなかった。父親に催促しても、「そのうちね」とはぐらかされるばかり。」

「請求書を受け取り、遅延金の説明を受けた正行さんは、「それまでは聞き流していた。よく調べており、文句なしの出来栄え」と舌を巻く。千鶴さんは、「動揺しながらも払ってもらえた。最近また滞っているので、次はまた新たな請求方法を考えたい」と話している。」

 舌を巻くって……。

 お父さん、いろいろと恥ずかしくないのかしら。
 まぁ、その分娘さんが光るんでしょうけど。

| | コメント (0)

2024/01/05

備後圏域(福山周辺)の分娩取扱医療機関が激減(14-3=11へ)

備後圏域(福山周辺)の分娩取扱医療機関が激減(14-3=11へ)

 ずっと地場の産科が危機的状況だと聞いてはいましたが。
 それでもこれはショックとしか言えません。

2023年度(令和5年度)第1回 びんご圏域活性化戦略会議
2023年8月18日(金)福山市
https://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/uploaded/life/308078_1778556_misc.pdf
_
P14 ③分娩取扱医療機関
https://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/uploaded/life/308078_1778556_misc.pdf#page=15

 14の医療機関のうち、4つが2023年あるいは2024年に閉院・あるいは取扱中止へ。

「井口産婦人科小児科医院(福山市)2023年6月末閉院
 堀田産婦人科(尾道市)2024年3月末分娩取扱中止予定
 よしだレディースクリニック(福山市)2023年4月末分娩取扱終了
 西井ウイメンズクリニック(笠岡市)2023年12月末閉院予定」

「分娩取扱数(備後圏域全体)約5,000件
 ※⑥⑧⑫⑭閉院等による影響 ▲約1,400件」

 枝廣市長がいる間に形がつくのかどうか。
 この危機感を早く共有してほしいと思います。

 ちなみに、上記の会議資料の存在は、下記で知りました。

今年は昭和99年、サヨナラ古き良き日本 世界32位から逆襲
昭和99年 ニッポン反転(1)
日本経済新聞 2024年1月1日 2:00 [会員限定記事]
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA04BUZ0U3A201C2000000/

 私の周囲では批判的な人も少なくないですが。
 私は、実務家目線のある枝廣市長に頑張ってほしいなと思います。

| | コメント (0)

2023/10/28

たとえ公人相手でも侮辱的なあだ名を許すべきではない

たとえ公人相手でも侮辱的なあだ名を許すべきではない

 私は岸田首相、あまり好きではありません。
 いろいろ問題があるのは事実ですから。

 ただ、100点じゃなくても、55から60点くらいの首相なのですよね。
 決して、0点というかマイナスの、旧民主党時代の首相たちと同じレベルではない。

 だから、与党は、不平あっても、なかなか降ろそうという話にならない。
 中途半端だから動きがないというのが、かえって困りものなのですけれど。

 最近、気になるのは、岸田首相に、侮辱的なあだ名をつけて報道している人たちがいること。
 これって、学校で言えば、「言葉による暴力」ですね。

 どうしていい大人達が、平気で、子どもたちの前で、そういう言葉を使うのか。
 本当に恥知らずなのは、前から分かっていましたけれど。

 問題は、それを我慢して、やめろと首相や周囲が言わないこと。
 自分のためではなく、子どもたちのためにやめようと言うべきでしょう。

 そして、何より言っている人たち。
 あなたたちは、恥知らずです。

 相手を攻めるのに、そんな言葉しか選べない人たち。
 そういう人たちをいかに政治的に削除していくかは、我々社会の課題でしょうね。

 民主主義だから、どんな言葉を使ってもいいというのなら。
 子供の目に触れない、どこかよその空間で罵りあってほしい。

| | コメント (0)

2023/10/23

低所得世帯の高3と中3に大学受験・模試費用を補助へ…こども家庭庁、進学の機会を確保_読売新聞

低所得世帯の高3と中3に大学受験・模試費用を補助へ…こども家庭庁、進学の機会を確保_読売新聞

低所得世帯の高3と中3に大学受験・模試費用を補助へ…こども家庭庁、進学の機会を確保
読売新聞 2023/10/22 05:00
https://www.yomiuri.co.jp/national/20231021-OYT1T50267/

「こども家庭庁が、所得が一定以下のひとり親や低所得世帯の高校3年生と中学3年生を対象に、大学受験や模擬試験にかかる費用の補助を始めることがわかった。家庭の経済状況にかかわらず、進学の機会を確保するのが狙いで、開始は2024年度の見通し。

 児童扶養手当を受け取っているひとり親世帯や、住民税非課税世帯の18歳以下の子どもは、全国で260万人に上る。このうち補助対象になるのは高校3年生と中学3年生で、受験することなどが条件となる。

 高校3年生には、大学入学共通テストや大学の受験料などとして計約5万円を補助する。中学3年生に対しては、模試を受けるために必要な費用を助成することにしている。」

 有識者会議で言われたからということのようですが。
 なんか時代を感じますね。

| | コメント (0)

2023/09/25

「頭ギュンするよ」保育士暴言、検証へ 愛知のこども園_産経WEST

「頭ギュンするよ」保育士暴言、検証へ 愛知のこども園_産経WEST

「頭ギュンするよ」保育士暴言、検証へ 愛知のこども園
産経WEST 2023/9/20 20:34
https://www.sankei.com/article/20230920-LZZKZYPA2FKI5HAK4MGHKSXWXQ/

「町などによると、1歳児クラスで複数の保育士が「頭ギュンするよ」「ほんとこの子嫌だ」など脅迫や人格否定の発言をしていた。関与した5人の保育士はすでに自主退職した。」

 人材不足の世の中ではありますが。
 こういうのは余りにも酷いですね。

 ただ、自主退職した5人は、これからどうなっていくのか。
 デジタルタトゥーの現代では、暗い未来しか見えませんね。

 で、彼らが何故始めたのか、何故止められなかったのか。
 そういう研究って、そろそろ出てきてもいいと思うのですが。

 私自身は、いじめは、一種の生物の本能的行動由来と思うので。
 単なる規範的指導で律する今のアプローチは、明らかに不適だと思っています。

 もっと、本質的、効果的な手法がないか。
 革新的な研究者の登場が待たれる、のかな。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧