カテゴリー「育児」の67件の記事

2022/11/02

娘を抱えて新幹線に乗ったら隣の席の人が「ハズレだ」と言ってヘッドホンを付けたという出来事について_togetter

娘を抱えて新幹線に乗ったら隣の席の人が「ハズレだ」と言ってヘッドホンを付けたという出来事について_togetter

togetter 2022年10月25日
娘を抱えて新幹線に乗ったら隣の席の人が「ハズレだ」と言ってヘッドホンを付けたという出来事について「気持ちはわからんでもないが…」
https://togetter.com/li/1963717

 まぁ、コメントの多くはそうだろうなだし。
 実際に、当事者がそう思ったというのも分かる。

 ただ、敢えて言うけれど。
 この隣の席の人は、それでも「我慢」している。

 そのことへの感謝の表明って、本人からはないんですよね。
 つまり、自分は弱者だからケアして貰って当たり前、という意識がある。

 そうではあっても、一定のケアはされていることへの感謝がないと。
 この人が望むような、お互いに寛容さを期待できる社会は遠いんじゃないかな。

 相手にも事情がある、その中で一定の配慮は示されている。
 そこに気が付けないと、相手を責めることにしかならない。

 いや、この人の気持ちが分からないというのではないのです。
 ただ、それだけでは、この人が期待する社会は近づかないような気がするなと。

| | コメント (0)

2022/10/31

あびる優の元夫 子供を渡さないのはなぜなのか?_北村晴男氏

あびる優の元夫 子供を渡さないのはなぜなのか?_北村晴男氏

あびる優の元夫 子供を渡さないのはなぜなのか?
弁護士北村晴男ちゃんねる 2022/09/06配信
https://www.youtube.com/shorts/5gqtzbW9g8c

 離婚する際に親権を渡すフリをしておいて。
 離婚後に親権者変更をすれば、親権が自分のものになると。

 で、それをあびる優側は実行したわけですね。


――なぜ離婚後、あびるさんは親権者の変更を申し立てたのでしょうか。

そもそも離婚したときには、私が親権を持つことに彼女は同意していたんです。なぜ突如として不服を申し立ててきたのか、その真意はわかりません。

あびる優の元夫が独占告白 「娘を渡すことは絶対にできない」
AERAdot. 2020/12/10 18:00
https://dot.asahi.com/dot/2020120900076.html?page=3


 うーん。
 そういうやり口を教えた法律家がいるのでしょうね。

 しかし、それを実行しても、相手が応じなかった状態だと。
 で、応じなかった場合、強制執行は事実上されないと。

 そして、間接強制しかないとなるが。
 応じないと損害賠償命令が出ても、犯罪ではないと。

 これって、かつて2ちゃんねるでひろゆきが採った対応ですね。
 彼は踏み倒して、今や堂々と公の場に出ている。

 本件で、元夫を非難する人は、ひろゆきってどう思うのかな。
 そこは野次馬的に気になります。

 で、昔、抵当権消滅のウルトラCとして滌除という制度がありました。
 かなりバランスを欠く制度で批判も多く、今は改正されていますが。

 問題を抱えた制度って他にもあるのかもしれません。
 あれば制度を依頼者のために有利に使うのが法律家なんでしょうね。

 ただ、そうだとすれば。
 やはり、制度を変えなきゃしょうがないのでしょうかねぇ。

| | コメント (0)

2022/08/09

「“風邪と同じだから大丈夫”はとんでもない暴論」子どものコロナ後遺症 軽視できないデータと当事者の証言_TBS NEWS DIG

「“風邪と同じだから大丈夫”はとんでもない暴論」子どものコロナ後遺症 軽視できないデータと当事者の証言_TBS NEWS DIG

「“風邪と同じだから大丈夫”はとんでもない暴論」子どものコロナ後遺症 軽視できないデータと当事者の証言
TBS NEWS DIG NEWS DIG編集部 久保田智子 2022年8月7日(日) 08:00
(JNN 7月28日放送・配信『SHARE』より)
https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/114772

 「2020年から4000人以上のコロナ後遺症患者を診察するヒラハタクリニック・平畑光一院長」へのインタビューによれば、子どもの後遺症はなかなか深刻ですね。

「ーー子どもの“コロナ後遺症”に気づけないとどうなるんでしょうか?

「(略)

 でも実際は、後遺症が進むと勉強は一切できなくなります。教科書を見るだけでもつらくなり、文章は読めるけど内容が頭に入らないなど深刻です。そういう状態で無理やり勉強させたり、鍛えたらそのうちできると思って本を読ませ続けたりすると、症状がますます重くなってしまいます」」

 これを見て、親に勘違いするな、というのが無理かもしれない。
 事前に聞いていても、言ってしまいそうという気がしてなりません。

 ではどうすべきか。
 平畑院長の言葉は下記。

「ですので、コロナを軽視しないで、かからないようにすることが大事です。後遺症にならない一番の方法は感染しないことです。多くの方にとって、特に感染が爆発的に拡大している状況においては、ワクチンも打っておいた方がいいものであると思います。

そして、コロナにかかってしまったら『子どもにもコロナ後遺症がある』『無理をさせてはいけない』ということを意識して、感染後も子どもに気を配ることが重要です」

 これ、親や教育者たちが是非知るべき知識でしょうね。
 知らなかったことが不幸を招いたとの事例多発は、もう見えている気がします。


| | コメント (0)

2022/07/11

東京都小学校PTA協議会が全国組織から退会決定 会費納金を疑問視_朝日新聞

東京都小学校PTA協議会が全国組織から退会決定 会費納金を疑問視_朝日新聞

朝日新聞デジタル記事
東京都小学校PTA協議会が全国組織から退会決定 会費納金を疑問視
有料会員記事 高浜行人、田中聡子、山本知佳2022年7月9日 15時49分
https://www.asahi.com/articles/ASQ7952HKQ76UTIL034.html

「東京都小学校PTA協議会(都小P)は9日、「日本PTA全国協議会」(日P)から来年3月に退会することを正式に決めた。会員から集めた会費の半分を納めるメリットが乏しく、日Pに会員の意見を集約する仕組みがないためとしている。」
「都小Pは現在、都内の一部の公立小約190校の会員約9万人から集める年会費約180万円(児童1人当たり20円)のうち、半分を日Pに支出している。これを疑問視する声が上がっていた。」

 PTAの役割が零になったというつもりはありませんが。
 現代における役割は問われるべきですね。

 少なくとも、全国組織に会費半額上納する現状が健全なのか。
 そのような疑問が出てくるのは、ごもっとも。

「9日にあった都小Pの理事会で、参加した15人中9人が賛成した。反対は1人、棄権は5人。6月の総会で、退会準備を進めることを決めていた。7月中にも退会届を出す。」

 昔だと、いわば「子供を人質にされて」思っても言えなかったのかと。
 まさに、時代が変わってきているのだと認識させられますね。

| | コメント (0)

2022/06/23

こども家庭庁って何?子どもの権利は?財源は?_NHK

こども家庭庁って何?子どもの権利は?財源は?_NHK

「こども家庭庁」って何?
子どもの権利は?財源は?
NHK政治マガジン 2022年6月16日特集記事
https://www.nhk.or.jp/politics/articles/feature/84474.html

 うーん、なんか皆言っている力点が違う気が。
 同床異夢という言葉が頭に浮かびますね。

こども政策の推進(こども家庭庁の設置等)
内閣官房
https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/kodomo_seisaku_suishin/index.html

 結局のところ、文科省とはどう向き合うのか。
 そこを玉虫色のままでやって、何ができるのか。

 創設時には岸田政権でなくなっている可能性もありますが。
 なんかいろいろ不安だな、というのが率直な感想です。

| | コメント (0)

2022/06/22

小学校高学年の男の子と30代の母親 用水路に流されて死亡 石川_NHK

小学校高学年の男の子と30代の母親 用水路に流されて死亡 石川_NHK

小学校高学年の男の子と30代の母親 用水路に流されて死亡 石川
NHK 2022年6月19日 14時30分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220619/k10013678321000.html

「18日夕方、石川県白山市で小学生の男の子が足を滑らせて用水路に転落し、助けようとした母親も一緒に流されました。親子は病院に搬送されましたが、いずれも死亡が確認されました。」

 福山近辺は、用水路による事故が極めて多く。
 全くもって他人事ではありませんね。

 本件では、「……、近くの高さ1メートルほどのフェンスを乗り越えて用水路に近づき、足をすべらせて転落したとみられる……。」なので、確かにフェンスはあったのですが。

 農業のために用水路が大事というのはわかります。
 しかし、地域によっては、もはやその役割を終えているケースも少なくない。

 私の自宅近辺では、もう田はほぼありません。
 畑が若干残っている程度で、しかも、用水路は排水に利用していたりします。

 少なくとも、全部の用水路がむき出し状態になっている必要は既にない気がします。
 水を取り込む部分以外は暗渠を基本にして、安全性を重視すべき時代ではないかと。

 暗渠にすれば、清掃の問題などが残りますから。
 すれば良いだけではない、というのはある程度理解してではありますが。

 それでも、地方自治体は用水路の暗渠への転換を積極的に進めていくべきでしょう。
 農業を軽視してはいけませんが、死亡事故がこうも多いのを放置してよい筈がない。

| | コメント (0)

2022/02/17

再婚後に出産の子は “今の夫の子に” など 法改正へ4要綱答申_NHK

再婚後に出産の子は “今の夫の子に” など 法改正へ4要綱答申_NHK

再婚後に出産の子は “今の夫の子に” など 法改正へ4要綱答申
NHK 2022年2月14日 18時47分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220214/k10013483531000.html

「明治31年から続く民法の「嫡出推定」の制度では、離婚から300日以内に生まれた子どもは前の夫の子と推定することなどが規定されていて、これを避けたい母親が出生届を出さず、戸籍のない子が生じる主な原因と指摘されています。」

「民法の改正に向けた要綱では、再婚している場合は離婚から300日以内に生まれた子どもでも今の夫の子と推定するとして、これに伴って「前の夫」と「今の夫」で、法律上、父親が重複する可能性がなくなることから、女性に限って離婚から100日間、再婚を禁止している規定を廃止するとしています。」

 これまで問題になっていた点をなんとかしようと。
 正直、どちらが紛争が減るかなのでしょうけど、良い方に転んでほしいですね。

「民事訴訟法の改正に向けた要綱では、民事裁判での手続きのIT化を進めるため、現在は書面に限られている裁判所への訴状や準備書面の提出について、オンラインでの手続きを可能にするとしたうえで、弁護士などの代理人には、オンラインでの提出を義務づけるとしています。」

「さらに、訴状や判決など裁判の記録は、裁判所が、原則として電子データで管理し、当事者などの関係者は、インターネット上で記録を閲覧し、ダウンロードを可能とすることも盛り込まれました。」

 こういうのを管理する際に、マイナカードが出てくるのでしょうか。
 うーん、弁護士さんも、時代に対応できないと厳しくなるかもしれませんね。


| | コメント (0)

2021/11/20

首相の給付基準「世帯主」発言を修正 長官「児童手当の制限と同様」_朝日新聞

首相の給付基準「世帯主」発言を修正 長官「児童手当の制限と同様」_朝日新聞

首相の給付基準「世帯主」発言を修正 長官「児童手当の制限と同様」
朝日新聞西村圭史2021年11月16日 12時48分
https://www.asahi.com/articles/ASPCJ4552PCJULFA00H.html

 よく分かっていないのなら、部下に任せればよかったんでしょうけどね。

「18歳以下の子どもを対象にした10万円相当の給付策で、岸田文雄首相が所得制限を「世帯主ごと(の年収)で判断する」と述べたことについて、松野博一官房長官は16日の会見で「児童手当における所得制限と同様、主たる生計維持者の収入を基準として判断されることになる」と述べ、世帯の中で所得が最も高い人の年収で判断すると修正した。」

「世帯合算で判断しない場合、例えば夫婦で800万円ずつの年収計1600万円の世帯も給付の対象になる。一方、収入があるのは片方の親だけで年収960万円の家庭は対象外となる。」

 割り切りで、児童手当の所得制限の考え方に合わせましたと。

| | コメント (0)

2021/11/15

HPVワクチン、積極的勧奨の再開決定 厚労省部会_産経新聞

HPVワクチン、積極的勧奨の再開決定 厚労省部会_産経新聞

HPVワクチン、積極的勧奨の再開決定 厚労省部会
産経新聞 2021/11/12 16:45
https://www.sankei.com/article/20211112-5WJCSOS3RBIK7K3AQRIMJKJEQA/

HPVワクチン再開 科学的知見の集積で機熟す
産経新聞 2021/11/12 19:55
https://www.sankei.com/article/20211112-L3CW5QING5LP7I7STMS467O7IQ/

「厚労省は近く正式決定し、再開時期の検討に入る。積極的勧奨の中断後に定期接種期間が過ぎ、無料の接種機会を逃した女性に対する救済措置も検討しており、今回とは別の専門分科会で対応を議論する。」

 良かった。
 しかし、まだこれは第一歩ですね。

 女性だけが打てばいいわけではなく。
 感染を伝播する男性への接種が本来不可欠。

 そこまで進まないと、本当に理解には進まない。
 そして、日本中の女性に呪いをかけた新聞社が当事者責任をとらないことを、決して許してはいけないのでしょう。


橘 玲@ak_tch

「HPVワクチン勧奨再開、課題は? 3回接種を2回にする指摘も」この新聞社も。あれだけ「過去の検証が必要だ」とふだんから主張しているのに、いつになったら自分たちの不都合な過去を検証するのか。

後7:51 2021年11月13日 Twitter Web App
https://twitter.com/ak_tch/status/1459473991404457988

| | コメント (0)

2021/10/19

息子が教えてくれた安全豆知識@funfunfluffy_米国での身の守り方

息子が教えてくれた安全豆知識@funfunfluffy_米国での身の守り方

 これはすごい。
 アメリカの話のようですが、日本でも参考になりますね。


chinami@funfunfluffy

息子が教えてくれた安全豆知識

・トルネードが止まって見える時は自分の方へ向かって来ている

・ハロウィンのキャンディーからシナモンの匂いがしたら毒入り

・一人で歩く時はポニーテールにしてはいけない

・誰かにつけられてると思ったら右に4回曲がり、それでもついてきてたら911

午前9:06 2021年10月17日 Twitter for iPhone
https://twitter.com/funfunfluffy/status/1449527110322688000


 


| | コメント (0)

より以前の記事一覧