カテゴリー「学問・資格」の232件の記事

2024/02/07

「ヤブ医者」「金のため」コロナ禍に誹謗中傷投稿、発信者特定し賠償命令も…忽那賢志・阪大教授「泣き寝入りしたら後進も被害」_読売新聞

「ヤブ医者」「金のため」コロナ禍に誹謗中傷投稿、発信者特定し賠償命令も…忽那賢志・阪大教授「泣き寝入りしたら後進も被害」_読売新聞

「ヤブ医者」「金のため」コロナ禍に誹謗中傷投稿、発信者特定し賠償命令も…忽那賢志・阪大教授「泣き寝入りしたら後進も被害」
読売新聞 2024/02/03 15:00 (田中俊之)
https://www.yomiuri.co.jp/national/20240203-OYT1T50095/

「「ヤブ医者」「こいつは死刑」。攻撃する匿名の投稿はすぐに目立つようになった。21年にワクチン接種が始まると、投稿数はさらに増え、内容もエスカレート。「金のために接種を煽るクズ野郎」とも中傷された。」

 こういうことを書き込んだ人たちは、自分がどれだけの悪意を相手にぶつけたのか。
 全く自覚がないのだと思います。

 だから、訴訟になってからおびえたり、開き直ったり。


22年12月、特に悪質な投稿約50件について、発信者情報の開示を大阪地裁に申し立てた。全ての開示が認められ、40人ほど発信者を特定。約半数とは、解決金の支払いを条件に和解が成立した。

 コロナ禍が収束し、感染症法上の位置付けが「5類」に引き下げられた後の昨年7月、和解に応じなかった投稿者17人を提訴。うち3人に対し同地裁は昨年12月、投稿を「悪質」と認め、計約70万円の損害賠償を命じる判決を言い渡した。和解などで2人への訴えは取り下げ、残る12人との訴訟が現在も続いている。

 訴訟の弁護士費用などで600万円近くをかけ、特に悪質な投稿者は名誉 毀損きそん 容疑などで刑事告訴にも踏み切った。


 真摯にコロナ禍に活動した医療関係者たちがバカを見ないように。
 是非、きちんとした裁判例を残してほしいなと。

 裁判は心労も多く、基本報われない要素が大きいでしょう。
 それでもやるのは何のためかって話です。

 子供がいじめられるから病院辞めますという話は、何度も聞きました。
 そこまで追い込んだ人たちに自覚がない、だからで許せるわけがないでしょうね。

| | コメント (0)

2024/01/21

岡口判事の「不法行為」投稿、認定2件に…賠償額は増やさず_読売新聞

岡口判事の「不法行為」投稿、認定2件に…賠償額は増やさず_読売新聞

岡口判事の「不法行為」投稿、認定2件に…賠償額は増やさず
読売新聞 2024/01/17 18:03
https://www.yomiuri.co.jp/national/20240117-OYT1T50150/

「地裁は19年の投稿のみ名誉毀損が成立するとしたが、高裁は17年の投稿も「性的好奇心に訴えかけて閲覧を誘導しようとするもので、遺族は精神的苦痛を受けた」として不法行為にあたると判断した。しかし、提訴前に時効(3年)が成立したとして賠償額を増やさなかった。」

 これ、

「両親が抗議すると、18年に「因縁をつけている」、19年に「俺を非難するよう洗脳されている」と書き込んだ。」

 が、大失着で、連続大悪手だったわけですよね。
 もっと言えば、その後も早期に遺族の元へ直接謝罪に行くべきだった。

 それを全部スルーして、弾劾訴追になってから反省を言い出したのは。
 多分、どうみても心象最悪ですよね。

 「意地張らずに、早く謝罪に行け」と言ってくれる人って周囲にいなかったのか。
 なんかすごくかわいそうだな、と思います。

 どんなに年齢を重ねても、どんなにステイタスがあっても。
 謝るべきところは謝らないと、覆水盆に返らずということはある。

 私には、今でも何かあれば叱ってくれる人たちがいる。
 幸せだなと。

| | コメント (0)

2024/01/20

「お子ちゃま発想」「ガキだよね」…元弁護士への取り調べ映像、損害賠償訴訟の口頭弁論で再生_読売新聞

「お子ちゃま発想」「ガキだよね」…元弁護士への取り調べ映像、損害賠償訴訟の口頭弁論で再生_読売新聞

「お子ちゃま発想」「ガキだよね」…元弁護士への取り調べ映像、損害賠償訴訟の口頭弁論で再生
読売新聞 2024/01/18 18:14
https://www.yomiuri.co.jp/national/20240118-OYT1T50190/

 この弁護士には同情一切ないですが。

「法廷では、特刑部の検事が黙秘する(略)氏に対し「お子ちゃま発想」「ガキだよね」などと述べる映像が計約13分間にわたってモニターに映し出された。」

「国側は発言があったことを認めた上で、取り調べは適法だとして争う姿勢を示している。」

 つまり、この手の発言は、相当な頻度で生じており。
 それは適法だと検察は認識していると。

 要するに、テレビドラマより実態はもっと酷いと。
 いいんですか、それで。

 もう取り調べの可視化を躊躇する意味はない。
 そのように一般の国民が認識するまで、あと少し、かな。

| | コメント (0)

2024/01/18

昇進早めたい若手は出勤を、定型業務はAIが担う-PwC英部門会長_Bloomberg

昇進早めたい若手は出勤を、定型業務はAIが担う-PwC英部門会長_Bloomberg

昇進早めたい若手は出勤を、定型業務はAIが担う-PwC英部門会長
Sabah Meddings、Katherine Griffiths
Bloomberg 2024年1月16日 7:30 JST
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2024-01-15/S7BK8TT1UM0W00

「会計事務所プライスウォーターハウスクーパース(PwC)の英部門幹部は、従来は若手に任されていた定型業務を人工知能(AI)が担う準備が整いつつあることから、若手社員は昇進を早めるためにオフィスで勤務する時間を増やすべきだと述べた。

  PwC・UKのケビン・エリス会長は、スイスのダボスで開幕した世界経済フォーラム(WEF)年次総会でのインタビューで、生成AIは「若手社員がこれまで訓練し経験を積んできた業務」を除去しつつあると指摘。「対面で仕事をする時間を増やすことが重要だ」とし、「だからこそオフィスにいる人たちをもっと協働させる必要がある」と述べた。」

 先輩のやり方などを見て学ぶ機会がないわけですから。
 そりゃそうだろ、ですが。

 これに納得いかない人たちもいますね。
 現場の採用・教育担当者は頭抱えているんだろうなぁ。

| | コメント (0)

2024/01/14

【速報】熊本県弁護士会が会員を懲戒請求 B型肝炎訴訟弁護団で1億4千万円使途不明_熊本日日新聞

【速報】熊本県弁護士会が会員を懲戒請求 B型肝炎訴訟弁護団で1億4千万円使途不明_熊本日日新聞

【速報】熊本県弁護士会が会員を懲戒請求 B型肝炎訴訟弁護団で1億4千万円使途不明
熊本日日新聞 | 2024年1月12日 16:54
https://kumanichi.com/articles/1290623

「熊本県弁護士会(渡辺裕介会長)は12日、会員の(略)弁護士(熊本市)が全国B型肝炎熊本訴訟弁護団の代表名義の銀行口座から出金を繰り返し、計約1億4千万円の使途不明金を発生させたとして、懲戒請求したと発表した。(略)弁護士は弁護団の代表だった。」

 御本人と思われる方が、ココナラに顔写真付きで出てきており。
 いろんなことが書いてあるのですが。

 うーん、なんだか切ないなぁ。
 ちなみに、熊本は、つい最近、別の弁護士の事件が話題になったばかり。

2億2千万円横領 元弁護士に求刑懲役10年 熊本地裁
熊本日日新聞 | 2023年12月21日 19:43
https://kumanichi.com/articles/1269542

 二度あることは三度ある、のかしら。

| | コメント (0)

2023/12/30

成年後見人の弁護士が預金の540万円を流用 生活費や事務所費に_朝日新聞

成年後見人の弁護士が預金の540万円を流用 生活費や事務所費に_朝日新聞

朝日新聞デジタル記事
成年後見人の弁護士が預金の540万円を流用 生活費や事務所費に
中山直樹2023年12月20日 18時12分
https://www.asahi.com/articles/ASRDN5TRDRDNTIPE00M.html

「弁護士会によると、(略)弁護士は2019年に成年後見人に選任された事案で、被後見人の預金を管理する口座を開設。21~22年にかけて23回にわたり計約547万円を引き出し、事務所の運営費や生活費に流用したとされる。(略)弁護士は全額を弁済した上で、自ら家庭裁判所に申告、「心身の不調で事務所の売り上げが低下した。反省している」などと説明したという。」

 うん、専門家期待を裏切って許されない行為なのは間違いないですが。
 ある意味、一番同情できますね。

 ただ、福岡県弁護士会は頭が痛いでしょうね。
 広島県弁護士会もそうだと思いますが。

| | コメント (0)

元弁護士に懲役10年を求刑 相続財産管理人の立場を悪用、2億円超着服_産経新聞

元弁護士に懲役10年を求刑 相続財産管理人の立場を悪用、2億円超着服_産経新聞

元弁護士に懲役10年を求刑 相続財産管理人の立場を悪用、2億円超着服
産経新聞 2023/12/21 16:45
https://www.sankei.com/article/20231221-WLPZQ7VSIVOQLEXA5HCREXU4B4/

「相続財産管理人の立場を悪用するなどして2億円余りを着服したとして、業務上横領罪に問われた元弁護士、(略)被告(51)の論告求刑公判が21日、熊本地裁で開かれ、検察側は懲役10年を求刑した。」

「弁護側は、被告が平成28年にギャンブル障害と診断されたほか、一部被害を弁済したことを評価すべきだと主張した。」

 ギャンブル障害との診断って、そもそも弁護士に不適合だったってことですか。
 だとすれば、それはそれで別の問題を産みますね。

「起訴状によると、令和2年5月~4年2月、相続財産管理人として預かったり、遺産整理業務で管理したりしていた計約2億3400万円を着服したとしている。」

 今後、このような業務を行う場合、預託金制度を創設する等の対応が必要ではないでしょうか。
 あるいは、弁護士会などが共同補償の保険料負担するとか。

 流石にこれだけ信頼を損なう事件が頻発していることを踏まえれば。
 「遺憾」で済ませられる状況にはないですよね。

| | コメント (0)

2023/12/24

岡口判事「投稿の真意伝わらず、SNSは怖い」 弾劾裁判で本人尋問_朝日新聞

岡口判事「投稿の真意伝わらず、SNSは怖い」 弾劾裁判で本人尋問_朝日新聞

朝日新聞デジタル記事
岡口判事「投稿の真意伝わらず、SNSは怖い」 弾劾裁判で本人尋問
有料記事 遠藤隆史2023年12月20日 19時15分
https://www.asahi.com/articles/ASRDN6CTHRDNUTIL00H.html

「岡口判事は「こんな判決だと浮かばれないという思いで投稿したが、(投稿の)真意が伝わらなかった。SNSは本当に怖いと思った」と述べた。」

 SNSは怖いって、じゃなんで、ツイッターやっていたの。
 真意が伝わらないって、じゃなんで、言葉が大事な商売やっているの。

 という疑問が湧くのが、一般人の感覚でしょう。

 でも、多分、一番の疑問は、なんでさっさと遺族に謝罪しなかったのか。
 もっと前に謝るチャンスはあったのに、きちんと向き合わなかったのは何故か。

 こういうことになってから謝罪の意思表示したのは、逆に、非常に感じ悪い。
 いや、誰でもそう思うでしょうし、それが分からなかったのかと。

 法律関係者の多くが、この方の業績を称賛して。
 もったいないから弾劾はおかしいというニュアンスのこと言っていますが。

 私からすると、法律関係者って、それほど一般人の感覚がわからないのかと。
 ある意味怖くなりますね。

 いや、普段つきあっている法律関係者がそうではないだけに。
 自分は恵まれているのかもしれないと思ったりもしますが。

 で、この方、出版社の期待に応え、多分、退官後は学者になるのでしょうね。
 時間をかけて取り組む仕事は向いていそうなので、いいんでしょう。

 しかし、弁護士とか、その場その場で対人対応が必要な業務については。
 避けておくほうが、これまでの評価を落とさないような気がしますね。

 なんとなくですが、恐らく御本人も自覚されているんじゃないかと思いますが。

| | コメント (0)

2023/12/23

速報!48人の弁護団破れる!違法な子の連れ去りはそれを指南した弁護士にも損害賠償請求を認めるほどの違法性ありと最高裁が判断!!_papi-bushi(パピブシ)

速報!48人の弁護団破れる!違法な子の連れ去りはそれを指南した弁護士にも損害賠償請求を認めるほどの違法性ありと最高裁が判断!!_papi-bushi(パピブシ)

 まだ、公式な判決文などが出ていないのですが。

速報!48人の弁護団破れる!違法な子の連れ去りはそれを指南した弁護士にも損害賠償請求を認めるほどの違法性ありと最高裁が判断!!
note papi-bushi(パピブシ) 2023年12月19日 08:07

子の連れ去りについて違法な助言をした弁護士に損害賠償をしたひと。中身はごく普通の父親です。自分の経験から同様の被害に遭われている当事者の人の助けになるのではないかと思える事を発信していこうと思います。 発信して欲しい事などありましたら教えてくださいね。
https://note.com/papi13bushi/n/n91f044f560b0

 これ、下記の東京高裁判決が確定したということでしょうね。

親権ない妻の子連れ別居「違法」 助言の弁護士にも責任 高裁が維持
朝日新聞デジタル 村上友里2023年1月26日 13時31分(2023年1月26日 18時40分更新)
https://www.asahi.com/articles/ASR1V4639R1TUTIL04G.html

「高裁判決後の会見で男性は「突然子どもを奪われて悲しい思いをしている親が日本にはたくさんいる。子どもを連れて出るように法律の専門家から言われれば信じてしまう。弁護士が違法な助言をしたと裁判所が認めてくれてよかった」と話した。」

 要するに、弁護士が損害賠償を認められるレベルの「助言」をしており。
 それは、

「また、元妻の代理人弁護士2人が子どもの連れ出しを肯定したのは人身保護に関する過去の判決にそぐわず、「独自の見解に基づく違法な実力行使を助言した」として賠償責任を認定した。」

 とされるように、正当性を欠くものであったと。

 仮に、とにかく連れて出ちゃえば勝ち、なんてことを言っていた弁護士がいるとすれば。
 今後は、それって下手すると、ただじゃ済みませんって話なのでしょうね。

 うん、それにしても最高裁判決、早く読みたいですね。

| | コメント (0)

2023/12/17

日本学士院に新会員7人 光格子時計の香取教授ら_産経新聞

日本学士院に新会員7人 光格子時計の香取教授ら_産経新聞

日本学士院に新会員7人 光格子時計の香取教授ら
産経新聞 2023/12/12 21:07
https://www.sankei.com/article/20231212-Z25SZTXJUBKOPMXQQFHJBPH23Y/


「日本学士院は12日、300億年に1秒も狂わない超高精度な「光格子時計」を開発した量子エレクトロニクスの香取秀俊東京大教授(59)ら7人を新会員に選んだ。

他には商法の岩原紳作東大名誉教授(70)、建築学・耐震工学の岡田恒男東大名誉教授(87)、政治学・政治過程論の川人貞史東大名誉教授(71)、計量経済学・環境経済学の佐和隆光京都大名誉教授(81)、医学・医理工学の白土博樹北海道大教授(66)、公共経済学の八田達夫アジア成長研究所理事長(80)。」

 岩原先生は70歳だからわかりますが。
 佐和先生や八田先生は80歳代。

 もっと早く選んでおくべきとはならないのでしょうか。

「現在の会員は計135人。特別職の国家公務員(非常勤)で任期は終身。」

 あぁ、人数的な空き、つまり順番待ちの問題もあるのですね、おそらく。
 すると、香取教授の59歳って、いかに高い評価なんだってなるのかしら。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧