カテゴリー「学問・資格」の179件の記事

2022/07/14

「沖縄弁護士」って

「沖縄弁護士」って

 下記ブログ記事を読んでいて、あれっと。


 ・・・とやるのは実はあまり賢い方法ではありません*1。というのも,これでやると,外国法事務弁護士や沖縄弁護士も含めたデータとなってしまうからです。

刑裁サイ太のゴ3ネタブログ
2022-04-21
弁護士名簿をダウンロードする方法
https://keisaisaita.hatenablog.jp/


 「沖縄弁護士」って、特殊な意味があるのですね。
 全く知りませんでした。

昭和四十五年法律第三十三号
沖縄の弁護士資格者等に対する本邦の弁護士資格等の付与に関する特別措置法
https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=345AC0000000033

 沖縄の本土復帰に伴い措置された制度に基づく資格なのだと。
 司法試験合格が担保されていない点に特徴があるのかな。

 まぁ、経理士資格と同じで、いつの日にかは対象者がなくなるのでしょう。
 で、沖縄の弁護士さんのうち、どの程度が対象者なのでしょうね。

| | コメント (0)

2022/07/10

「前日の酒が残っていただけ」 広島の大学教授が酒気帯び疑い_産経新聞

「前日の酒が残っていただけ」 広島の大学教授が酒気帯び疑い_産経新聞

「前日の酒が残っていただけ」 広島の大学教授が酒気帯び疑い
産経WEST 2022/7/10 14:21
https://www.sankei.com/article/20220710-ZWI4B5SNRVK5RLTCXUUV2ES2JA/

 名前からすると、福山大学薬学部教授ですか。
 うーん、残念なことです。

福山大学 薬学部
https://www.fukuyama-u.ac.jp/pharm/pharmacy/maeda-yorinobu/

| | コメント (0)

2022/06/13

減塩醤油とYouTube動画

減塩醤油とYouTube動画

 私は近年までほぼ運動してなくて。
 マッサージだけに頼る生活だったのですが。

 それでもなんとかなっていた理由としては。
 タバコ吸わないのと、酒は普段飲まないというのがあると思うのですが。

 加えて、幼少期以後、家庭では減塩醤油利用というのがあるのでは。
 そのように思っていました。

 で、調べてみようと、YouTubeで検索かけると。
 なんか、減塩醤油の危険性をうたう動画が幾つか。

 中には栄養士資格者を名乗りつつ動画出している例もあり。
 人によっては、即信じちゃう人いるんだろうなと。

 それなりに理由ある説明として、カリウムが多いからという話があるのですが。
 下記を見ると、濃口醤油とそれほど変わらないですね。

医療コラム 興生総合病院
腎臓病食(カリウム制限と調味量)透析教室より ~栄養管理科~
http://kohsei-hp.jp/colum/news339.html

 確かに、このコラムの減塩シオや減塩カレーについては。
 通常のものと比較すると桁違うので、どうよですが。

 だから、少なくともカリウム目線では、恐らく、減塩醤油が駄目、なのではなくて。
 カリウムの量にも気をつけて、減塩醤油を選びましょう、なのでしょう。

 カリウム以外だと、味が薄いから量使うというのがありましたが。
 そんなのそもそも論外ですよね。

 で、実は、私自身は、近年自分で醤油使うのは、刺し身・寿司食べる時くらいです。
 それ以外で醤油使うことはなく、調味料ほしければなるべく酢で食べます。

 その結果、たまに醤油を口にすると、ものすごく濃く感じます。
 なので、刺し身や寿司でも、醤油は最低限しかつけません。

 少なくとも、濃い塩味を普段は避ける食生活になっているのは。
 恐らく減塩醤油のおかげではないかと。

 話は戻り、先の減塩醤油の危険性煽るYouTube動画については。
 私は疑ってますし、少なくとも適切な説明していないと思っています。

 語るのが栄養士の方であったとしても、コロナ禍で一部変な医師たちがいたように。
 全ての栄養士の共通認識と同じとは限らないのではないかと。

 いや、素人なので、どこかできちんとして見解を確認したいのですが。

| | コメント (0)

2022/05/29

ツイッターでヤブ医者ニセ医者の見分け方_上田亮氏twitter

ツイッターでヤブ医者ニセ医者の見分け方_上田亮氏twitter


上田 亮@DjMHxn9GDGTO1U1

ツイッターでヤブ医者ニセ医者の見分け方として
「医者仲間がいて雑談/軽い冗談たわいない会話のやりとりがあるのは信頼できる医者」というのがあるのですが理由は上記Twと関係があります。気軽な雑談の中から大事な情報がインプットされ知識がアップデートされます。

午後1:17 2022年5月14日 Twitter for iPhone
https://twitter.com/DjMHxn9GDGTO1U1/status/1525329324005797888


 なるほど。
 一理ありそう。

 ただ、変な連中が徒党を組んでいる場合にどう見分けるのか。
 そこは、またもう1つフィルター要るんだろうなと。

| | コメント (0)

2022/05/20

和田春樹氏は2001年に「横田めぐみさんが拉致されたと断定する根拠は存在しない」と主張していた_朝日新聞

和田春樹氏は2001年に「横田めぐみさんが拉致されたと断定する根拠は存在しない」と主張していた_朝日新聞

長老たち「ロシアの言い分聞くべき」 若手専門家が猛反発
毎日新聞 2022/5/18 05:00(最終更新 5/18 05:00) 有料記事 金森崇之
https://mainichi.jp/articles/20220515/k00/00m/030/141000c

 この「長老たち」の一人である和田春樹氏。
 歴史学者でロシア史に詳しいとされる東大名誉教授だそうですが。

 この方、昔から、こういう感じの人だったんですね。


 70年代、和田氏は韓国民主化支援、佐藤氏は在日朝鮮人の権利擁護運動を手がけ、ともに朝鮮半島研究誌の編集などにかかわったが、80年代以降は北朝鮮に対する認識をめぐり立場が分かれていた。拉致問題では和田氏が01年、「横田めぐみさんが拉致されたと断定する根拠は存在しない」とする論文を発表。佐藤氏は「拉致疑惑をないものにせんがための意図的なキャンペーン」と批判し、対立していた。

【北朝鮮拉致事件】
北朝鮮めぐり、「救う会」会長と和田春樹氏が論戦
(04/18 20:30)
http://www.asahi.com/special/abductees/TKY200404180159.html


 下記buvery氏のツイートで知りました。

buvery@buvery 午前8:03 2022年5月19日 Twitter for Android
https://twitter.com/buvery/status/1527062395482320896?cxt=HHwWgMCliY7Km7EqAAAA

 で、東大って、素晴らしい教授達ももちろんいますけれど。
 この和田氏のような人たちが少なくないのもまた事実であり問題ですよね。

 学問の自由を標榜するのなら、自浄作用を働かせられるようにしないと。
 将来、人文分野ことごとく壊滅という悲劇もあり得るんじゃないかな。

| | コメント (0)

2022/05/06

国家公務員の兼業規制は厳しい

国家公務員の兼業規制は厳しい

更迭の藤井元経済安保室長に停職12カ月の懲戒処分、辞職
産経新聞 2022/3/9 12:44
https://www.sankei.com/article/20220309-GYKLYL53YROIZHZDJE5KBFXSYY/

 藤井敏彦氏は、経済サンボ縫製準備室室長を更迭され。
 後に懲戒処分を受け、辞職に至ったわけですが。

懲戒処分について 2022年3月9日 経済産業省
https://www.meti.go.jp/press/2021/03/20220309004/20220309004.html

懲戒処分について 令和4年3月9日 内閣官房国家安全保障局
https://www.cas.go.jp/jp/houdou/20220309_chokai_shobun.html

 兼業規制は、相当厳しいというのがわかりますね。
 これくらい当然と思う人もいるのでしょうけど。

 まぁ、藤井氏は、勤務時間中に兼業関係の行動が見られたようなので。
 実質でもアウトではあるのでしょうけれど。

 産経記事では「内閣官房の職員に対しては、性的な内容を含むメールを複数回送っていた。」というのもありますから、いろいろダメな人だったぽいですしね。

 ただ、一般論として、国家公務員を各大学などが招く場合。
 相当注意しないとダメなんですね。

 いや、大学側がどこまで気にすべきなのかではあるのですが。

| | コメント (0)

2022/04/30

賠償金も流用、横領額2億4千万円超か 熊本の弁護士_産経WEST

賠償金も流用、横領額2億4千万円超か 熊本の弁護士_産経WEST

賠償金も流用、横領額2億4千万円超か 熊本の弁護士
産経WEST 2022/4/25 16:31
https://www.sankei.com/article/20220425-KY5KSR4K7RPOZFGTMX4I2BLQLA/

「熊本県弁護士会は25日、成年後見人として管理していた口座などから約8800万円を横領した疑いが判明していた平田秀規弁護士について、調査の結果、被害額が計2億4千万円超に上る疑いがあると発表した。代理人を務めた損害賠償請求訴訟で得た賠償金なども私的流用したという。」

「弁護士会によると、賠償金が代理人を経由して受け渡されることを悪用するなどして、令和2年以降、県内外の依頼人から横領していた疑いがある。」

 弁護士自治って、一体なんなんでしょうね。
 まぁ、税理士でも酷い人は、もっと酷いのだと思いますが。

| | コメント (0)

2022/04/25

「学者には、三つの自由が必要」(三日月章)_玉井克哉先生twitter

「学者には、三つの自由が必要」(三日月章)_玉井克哉先生twitter

 これ大事ですね。


玉井克哉(Katsuya TAMAI)@tamai1961

法学では「三つの自由」と呼ばれますね。ドイツの碩学が「学者には、三つの自由が必要だ。師説からの自由、支配的学説からの自由、そして過去の自分の見解からの自由だ。自分の生涯は、この三つの自由のための闘いであった」と述べたという。たしか法律学全集の月報で、三ケ月先生が紹介しておられた。

午前11:41 2022年4月18日 Twitter for iPhone
https://twitter.com/tamai1961/status/1515883290687053826?cxt=HHwWhIDR5cj0v4kqAAAA


 「師説からの自由」は結構大事ですね。
 これ違うと、何故俺の言うことを聞かないんだ、という人いますから。

 学者で、これが実践できている人は、恐らく少数派だと思います。
 師の言うことは何でも聞けが、日本の学問の伝統芸。

 有名なのは、会計学者である番場嘉一郎先生と弟子の中村忠先生。
 中村先生の著書によれば、中村先生は2回破門されたのだという。

 番場先生の説に首肯できず、逆らったからだったような記憶(ここは記憶不確か)。
 ただ、それでもいつの間にか破門解かれているところが、なんというか。

 「支配的学説からの自由」は、貫ける人もそうでない人もいるのでしょう。
 私は、かつて「財務諸表三本化の理論」を主張した染谷先生を思い出します。

 染谷先生、キャッシュフロー会計の台頭までキワモノ扱いされていましたよね。
 中村忠先生も、結構酷いこと言っていた筈です(「考え方・読み方」あたり)。

 そして、「過去の自分の見解からの自由」ですが。
 これは、きちんと自分の過去の学説のおかしさを自己批判するのが前提ですね。

 「昔からそう言ってました」としらばっくれる自由ではない。
 それは、学問の自由以前に、学問への誠実さを欠く行為でアウト。

 この点を踏まえてであれば、当然に必要な自由ですね。
 学問は、間違いを乗り越えて進歩していくものなのですから。



| | コメント (0)

2022/02/22

『季刊 会計基準』廃刊

『季刊 会計基準』廃刊

 ビックリ。
 衝撃のアルベルトだわ。

『季刊 会計基準』廃刊のお知らせ
https://www.asb.or.jp/jp/info/134858.html

 2022年3月号(2022年3月18日発行・第76号)で廃刊ですか。
 第一法規側の申し入れなのでしょうか。

 いや、どんどん紙媒体は厳しくなっていきますが。
 電子書籍でも残せなかったというのが、より厳しさを実感させます。

 会計学者って、活躍の場がどんどんなくなっていくのですかね。
 まぁ、実務家からすれば、縁遠い世界ではありますが。

| | コメント (0)

2022/02/02

相手の嫌がる対応は相手に学べ

相手の嫌がる対応は相手に学べ

 最近、いろいろと、下品な対応をしているtwitterアカウントとか。
 話題になっていますね。

 それは、国内であれば、学徒を名乗るのが恥ずかしい人たちであり。
 海外であれば、日本に対して敵対的な態度をとる国々。

 で、それらの対応を見て、呆れるのが普通の人なのでしょうが。
 しかし、もはや、放置する時代は過ぎたのだと思います。

 我々、あるいは、日本として、どう対処すべきなのかについて。
 彼らの対応に学ぶべきなのだと思います。

 つまり、何故彼らがそうしているかと言えば。
 それが一番効果的だと信じているからなのでしょう。

 ところが、その多くは我々には響かない。
 だから無視する、というこれまでの手法は、ちょっと待つべきでしょう。

 なにせ、彼らが効果的だと信じているのは、彼らがやられて嫌だからです。
 自分が嫌だから、相手にやっている、そこを理解すべきです。

 その品性批判は今横において、手法は是非学ぶべきでしょう。
 どうするのが、一番相手が嫌なのか、よく認識しておくべき。

 カードを切るタイミングは、見極めが必要であり。
 早すぎても、遅すぎても、効果を減衰させますけれど。

 「そうか、あの時、こう相手に言ってやるべきだったのか」

 その学びの場として、下品な呟きは見学の価値があります。
 私自身はtwitterやらないので、あくまで見学ですけれどね。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧