カテゴリー「学問・資格」の189件の記事

2022/11/28

“ゼミは女子を優先” 男性教授にアカハラ疑い 帝京大が調査委_NHK

“ゼミは女子を優先” 男性教授にアカハラ疑い 帝京大が調査委_NHK

“ゼミは女子を優先” 男性教授にアカハラ疑い 帝京大が調査委
NHK 2022年11月26日 11時55分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221126/k10013904221000.html

「この男子学生によりますと、その後、教授に会ってメールの意味を尋ねたところ、「女性だと思い優先的に採るつもりだった。あんな名前なんだから誤認してもしかたがない。最終的には採る側の権限だ」などと言われたということです。」

 失礼ながら、男女差別以前にアホですね。
 こんな言い訳が通ると思っている時点でアウト。

 ということで、漫画でお勉強して、1から出直してほしいですね。


サイコミ
アカデミックSOS まつかわ

 アカハラ、不正、隠蔽が蔓延する、とある大学。 隠蔽された友の死の真相を暴くため、志方智和は大学の闇に切り込んでいく―― 緊迫の智略劇、開幕。

https://cycomi.com/fw/cycomibrowser/chapter/title/183

| | コメント (0)

2022/11/14

「どの医師もやっている」無診察で処方箋交付 容疑で医師ら書類送検_産経新聞

「どの医師もやっている」無診察で処方箋交付 容疑で医師ら書類送検_産経新聞

「どの医師もやっている」無診察で処方箋交付 容疑で医師ら書類送検
産経新聞 2022/11/9 17:15
https://www.sankei.com/article/20221109-WVKRRQHJS5J7VLTAWUUUSYRZEE/

「院長は「どの医師もやっており、罪悪感はなかった」と容疑を認めている。」
「院長は「病院の経営がうまくいかずに飲み始め、平成29年ごろから服用量が増えた」などと供述しているという。」

 同情すべき部分もありますが、「どの医師もやっており」はあんまり。
 余計なことを言う人というのは、どこにでもいますね。

 そして、この記事で最も注目すべきは次。

「今年8月、事務員の女が府警に相談して発覚した。」

 今の時代、こういうのは、いつかタレコミされます。
 外に出されたらアウトというネタは、爆弾だと思うべきでしょうね。

| | コメント (0)

2022/11/09

米国・ワクチンデマで荒稼ぎした医師の免許停止が検討_EARLのコロナツイート

米国・ワクチンデマで荒稼ぎした医師の免許停止が検討_EARLのコロナツイート

 日本でも、標準医療を蔑ろにする医師への制裁は検討してほしいですね。
 一般人の医師への信頼を裏切る行為なのですから。

 自費診療でやりたい放題していても、地域の医師会は手が出せず。
 心ある先生方は、苦々しく思われていることもあるようですから。


EARLのコロナツイート@EARL_COVID19_tw
午後0:27 2022年11月2日 Twitter for iPhone
2021年夏にオハイオ州下院委員会で新型コロナワクチンはALSや癌などを引き起こす、接種者を磁化することができると根拠なく主張し、調査にも応じなかった医師について、医師免許の停止も含めて検討
https://twitter.com/EARL_COVID19_tw/status/1587647643874099202?cxt=HHwWhIDQmdrHuogsAAAA

cleveland.com
Anti-vax doc who said COVID-19 shots magnetize hosts facing medical board investigation
The Ohio Medical Board issued a citation to Dr. Sherri Tenpenny, an anti-vaccination activist whose dubious claims to state lawmakers went viral in 2021.
https://www.cleveland.com/open/2022/10/anti-vax-doc-who-said-covid-19-shots-magnetize-hosts-facing-medical-board-investigation.html?outputType=amp



| | コメント (0)

2022/10/22

奨学金過払いめぐり東京地裁でも和解 学生支援機構が対応方針も説明_朝日新聞

奨学金過払いめぐり東京地裁でも和解 学生支援機構が対応方針も説明_朝日新聞

朝日新聞デジタル記事
奨学金過払いめぐり東京地裁でも和解 学生支援機構が対応方針も説明
田中恭太2022年10月13日 20時35分
https://www.asahi.com/articles/ASQBF6D5DQBFUTIL02S.html

「機構は、保証人が複数いる場合に各保証人が返済義務を等分に負うとされる民法上の「分別の利益」を、保証人に告げずに全額請求していた。別の保証人が起こした訴訟で、札幌高裁が5月、半額を超えて支払われた分などの返金を機構に命じ、そのまま確定。機構は、同様の保証人約2千人に過払い分計約10億円を返す方針を明らかにしていた。」

「保証人への通知で、元の借り主に再び請求する場合があることを必要以上に強調するなど、返金申請をためらわせる文言を使わないことや、返金申請書の提出期限が過ぎたり、記録が破棄されたりしても、柔軟・丁寧な対応に努めることなどを明言した。」

 要するに、過去の行動は完全に間違っていたと認めるってことですね。

「原告の埼玉県の男性は「和解は良かったが、問題の報道後すぐに機構が適切に対応してくれれば裁判をする必要はなかったし、今回のような対応をすべきだったのではと思う」と話した。」

 おっしゃるとおり。

 ただ、そもそも奨学金ありきで大学に行くのって。
 学校側が、生徒に普通に勧めるからですよね。

 大学に行くより、将来の就職を考えるのであれば。
 専門学校や高専の方が良い場合も、決して少なくない筈ですね。

 経済的負担や将来の付加価値を考えるのであれば。
 大学に行くことの意味は、再度問われるべきです。

 仮に、好きな学問で大学院に行くのだという場合でも。
 文系の場合、その後の就職先がなくて経済的貧困になりやすいというのも徐々に知られつつある筈。

 返済あり奨学金は、就職・結婚後も返済が続いてトラブルになりやすい。
 その事実について、学校の進学相談担当教師への教育が大事でしょう。

 進学率ありきなのかどうかはわかりませんが。
 返済のある奨学金前提での進学は、誰にでも勧めるべきではない。

 私はそのように思います。
 繰り返し書きますが、大学に何のために行くのか、社会が再度考えるべき時期ではないかとも。

| | コメント (0)

2022/10/13

仙台市の専門学校を家宅捜索 柔道整復師の国家試験問題流出事件で_朝日新聞

仙台市の専門学校を家宅捜索 柔道整復師の国家試験問題流出事件で_朝日新聞

朝日新聞デジタル記事
仙台市の専門学校を家宅捜索 柔道整復師の国家試験問題流出事件で
高嶋将之、山口啓太2022年10月8日 11時15分
https://www.asahi.com/articles/ASQB83QHSQB8UTIL008.html

 これで不正が確認できた場合、過去の合格者取消等が行われる可能性がありますね。
 何をメルクマールにして判断するのでしょうか。

 本人はそうと知らないで合格していることもあるでしょうし。
 なかなか線引きは難しそうですが。

 ただ、いずれにせよ、本人の人生は大きく歪むのでしょうね。

 

| | コメント (0)

2022/10/07

「HPVワクチン勧めただけで『警察に通報』『厚労省に通報』する『一般の』人達がいた」io302氏twitter

「HPVワクチン勧めただけで『警察に通報』『厚労省に通報』する『一般の』人達がいた」io302氏twitter

 半ワクチンの人たちって、常軌を逸していると見えますが。
 当事者たちは、正義の実現のためなので、おかしいとは思わないのでしょうね。


io302@io302

『子宮頸がん(HPV)ワクチン被害者連絡会って、ワクチンで被害を受けた「一般の」人達でしょ?』って思う人も多いんだろうが、HPVワクチン勧めただけで

『警察に通報』
『厚労省に通報』

する『一般の』人達がいたんですよ。まだ10年も経過してません

https://twitter.com/io302/status/1577786943265419265?cxt=HHwWgsCtybG3tuUrAAAA


 ジハードだから許される、という人間心理。
 というだけではなくて、自分たちに対する反対意見は徹底的に潰そうとする動き。

 半ば組織化されていて、セミプロ的とさえ見えます。
 言論の自由と言いますが、個の意見を潰す側に回すクラスターの存在をどうすべきか。

 憲法学者とかは、本当はそういう問題領域と向かい合うべきなのに。
 彼らには、それが自分たちの扱うべき問題に見えないのでしょうね。

 つまり、学問としては、憲法学という領域は終わりつつある。
 そう見えてしまいますね。

| | コメント (0)

2022/10/05

既掲載論文の著作権委譲に関するお願い_学士会

既掲載論文の著作権委譲に関するお願い_学士会

事務局からのお知らせ 学士会
『學士會会報』既掲載論文の著作権委譲に関するお願い
https://www.gakushikai.or.jp/info/info_copyright.html

著作権について
著作権の概要及び委譲について
https://www.gakushikai.or.jp/pdf/info/copyright.pdf

 過去に掲載された稿を電子化して、会員限定閲覧させるようにしようと。
 ところが、著作権譲渡の手続を受けておかないと、これはできないと。

 一定の時期からは、執筆依頼時にセットで依頼しているので大丈夫だが。
 過去分はないので、今回依頼していると。

 気になるのは、一定期間までに連絡がないと、移譲了承したとして処理するとの話。
 これって、無問題ではないけど、割り切ります、ということなんでしょうね。

 これに近い悩みを持っているところは多そうなので。
 1つの参考事例にはなりそう。

| | コメント (0)

2022/09/10

どうして「あの人」は陰謀論にはまるのか

どうして「あの人」は陰謀論にはまるのか

エイシストX@atheistXXX
【悲報】ワクチン4回目を接種した実父が昨晩亡くなりすぎてしまう
https://twitter.com/atheistXXX/status/1566399139079827457

 この方のTwitter見ると、このデマは、他にも亜種があるようですね。
 テンプレートを回している人たちが存在しているのでしょうけれど。

 で、こういう方々って、どこかで回帰分析されていて。
 恐らく、傾向値把握されているのだと思いますが。

 さて、現代人に必要な情報リテラシーとしては。
 このようなSNS情報でのデマ情報を、いかに排除するかですね。

 問題をややこしくしていることの1つとしては。
 判定マーカー誤認の問題があると思います。

 あるジャンルではとても信頼できる専門家の方であっても。
 医療や科学では、トンデモ情報を平然と発信していることが少なくありません。

 このような人は、一般人にとっては判定マーカーの役割を果たすので。
 信じてしまうと、他の情報の真偽も、それで上書きしてしまうことになります。

 つい最近も、「ある人」のそういう投稿を見てビックリ。
 専門ジャンルでは、本当に素晴らしい知見のある人なのに、残念。

 で、そういう人は一定のファンがいるので、デマが拡散しやすくなってしまう。
 さて、では何故そういう現象が起きるのか、考えていたのですが。

 これって、恐らく、医療でいうところの標準医療の考え方について。
 その専門家の人の業界知識では、理解できないから、なのでしょうね。

参考)
病院長メッセージ
ー第9回ー 「標準医療は最善の医療である」
茨城県立中央病院 茨城県地域がんセンター 病院長 吉川裕之
https://www.hospital.pref.ibaraki.jp/chuo/wp-content/uploads/2013/11/a6a49c70e13bc0f1a89d4c9b03e9702d.pdf

 これを理解していないと、どこかにアルカナがあるのではないかと。
 秘匿された情報があるのではないかという、陰謀論好き好き状態になりやすい。

 自分だけは知っている、他の人間を出し抜ける。
 知らない他人への優越感も抱けるという、増幅のための副産物までついてくる。

 実際、医療関係者だって全てが善人であるわけではなくて。
 こういう人たちを食い物にする人たちが混じっているので、識別がしにくくなる。

 で、逆に言えば、医療や科学に関係ない専門業界で言えば。
 アルカナに相当するものは、結構存在していることが多いのでしょうね。

 だから、我々は、アルカナを求めて良いジャンルとそうでないジャンルがある。
 まずは、そこから知るべきなのだろうなと思ったりします。

| | コメント (0)

2022/08/19

大日向先生がメチャ優しい

大日向先生がメチャ優しい

 かつてのあの毒舌を知っている身からすると。
 信じられないことですが。

Obinata@tobin1022
https://twitter.com/tobin1022

 大日方先生、受験生にメチャクチャ優しいですね。
 やはり、30年という時間経過は大きいってことですか。

 あの頃は、キレキレだけど、超上から目線の説明でした。
 だから、私は、後で川村先生の講義に流れて行ったのですが。

 ただ、大日方先生の、中村財務諸表論のポイント分析は流石でした。
 あれがなかったら、中村説って、無味乾燥に見えていたかも。

 通説って、じんわり来るんですよね。
 それが、後になって分かってきた気がします。

 まぁ、大日方先生にお会いする機会はないんじゃないかと思いますが。
 何か機会があれば、お礼は申し上げたいかもしれません。

 会計については、歌を忘れたカナリヤ状態ですけれど。
 それでも、自分の基礎の一部を育ててくれたのは間違いありませんから。

| | コメント (0)

2022/08/15

「住民票を不正請求」弁護士を懲戒処分 制度不備か_九州朝日放送

「住民票を不正請求」弁護士を懲戒処分 制度不備か_九州朝日放送

「住民票を不正請求」弁護士を懲戒処分 制度不備か
九州朝日放送 2022/7/25(月) 20:15配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/d4c5b5186a0f74485b152d56ad0a6f4e78ef2243

「この問題を巡っては配川弁護士に住民票などの取得を頼んだ男性が裁判制度を悪用。

さらに、被告の女性に気付かれないよう女性とは無関係の場所に未払い賃金を請求する裁判の書類を送って勝手に手続きを進め、いわゆる「欠席裁判」で130万円あまりが知らぬ間に差し押さえられる事件が起きていて、制度の不備が問題視されています。」

 弁護士会が、早期に対応しなければ。
 何らかの規制を立法的に行うべき、という声が当然出てきますね。




| | コメント (0)

より以前の記事一覧