カテゴリー「携帯・デジカメ」の83件の記事

2024/03/22

スマホでカルテ、チャットで情報共有…「診療以外の時間が大幅に削減できた」病院に医師集まる_読売新聞

スマホでカルテ、チャットで情報共有…「診療以外の時間が大幅に削減できた」病院に医師集まる_読売新聞

スマホでカルテ、チャットで情報共有…「診療以外の時間が大幅に削減できた」病院に医師集まる
読売新聞 2024/03/11 05:00 田中健太郎、西井遼
https://www.yomiuri.co.jp/national/20240311-OYT1T50001/

「愛媛県四国中央市のHITO病院。人口約8万人の地方都市にある民間病院に今、全国の医療関係者から熱い視線が注がれている。」

「同病院では、医師や看護師、技師など患者に接する全職員にスマホ計570台を配備し、チャットで情報共有している。診察室に戻らなくてもスマホで電子カルテの入力、閲覧もできる。」

「篠原さんは「指示や引き継ぎなど診療以外の時間が大幅に削減できた」と語る。」

「働きやすさが評判を呼んで常勤医師は17年から19人増えて48人になった。石川賀代理事長は「今は医師に選ばれる病院にならないと生き残れない」と強調する。」

 この事例は、当事者医師の訴えに、病院側が対応してくれて。
 結果、ピンチをチャンスに変えられた事例ということなのでしょうね。

 で、やはり、医療でもDXが可能ですよね。
 現場の皆さんはできないというお話が多いのですが。

 ただ、今の若い働き手は、できないでは、離職してしまう。
 その現実をどう受け止めるか、なのでしょうね。

| | コメント (0)

2023/12/27

ナカバヤシ、「緊急名刺」作成アプリを提供開始。出先での緊急事態用_INTERNET Watch

ナカバヤシ、「緊急名刺」作成アプリを提供開始。出先での緊急事態用_INTERNET Watch

ナカバヤシ、「緊急名刺」作成アプリを提供開始。出先での緊急事態用
INTERNET Watch 永沢 茂 2023年12月7日 18:22
https://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1552859.html

「ナカバヤシ株式会社は、緊急時の名刺印刷を想定したiOSアプリ「緊急名刺」を11月30日よりApp Storeで提供開始した。iOS14以上に対応する。出先で名刺を忘れてしまったときや切らしてしまいそうなときに、簡単に名刺を作成できるとしている。」

 うーん、残念。
 iOSしかないのですね。

| | コメント (0)

2023/12/06

ホームドア整備に新手法 QRコード活用で転落事故防ぐ 都営地下鉄_毎日新聞

ホームドア整備に新手法 QRコード活用で転落事故防ぐ 都営地下鉄_毎日新聞

ホームドア整備に新手法 QRコード活用で転落事故防ぐ 都営地下鉄
毎日新聞 2023/11/18 11:34(最終更新 11/18 11:34) 1435文字【一宮俊介】
https://mainichi.jp/articles/20231118/k00/00m/040/061000c

「都交通局によると、ホームドアの整備が終わった路線では転落事故がゼロになっており、効果は一目瞭然だ。」

「19年までに設置が終わった三田、大江戸、新宿の3路線では、車両とホームドアに無線通信をする機器を取り付けることで双方のドアの開閉を連動させる仕組みを採用していた。しかし、残る浅草線は、京成と京浜急行電鉄、北総鉄道、芝山鉄道の4私鉄が乗り入れており、車両に機器を取り付けるだけで1編成当たり数千万円がかかる高額な費用を巡って各社との調整が難航した。また、車両数やドアの配置が会社によって異なり、ホームドアが開く場所を合わせることも課題だった。」

 なるほど。
 安全性のためだが、実施にはコストや調整が大変で課題だったと。

「そこで都が着目したのがQRコードだ。都交通局からQRコードを開発した「デンソーウェーブ」(愛知県阿久比町)に15年に持ちかけ、共同で専用システムを開発した。車両やドアの数などの情報が組み込まれた16センチ四方のQRコードステッカーを車両のドアに張り付け、ホーム上部に設置したカメラが読み込むことで、車両ドアに連動して対応するホームドアを開け閉めできるようになった。」

 これでイケるという着眼と、GOサイン出たのがなかなかすごい。
 素人だと、荒唐無稽という人もいそうですが、ちゃんと実現できたのですね。

 で、実際にどうかは、動画で見るのが一番ですかね。

世界初!都営地下鉄浅草線のQRコードホームドア開閉連動技術(令和5年3月25日 東京ウィークリーニュース No.75)
東京都 Tokyo Metropolitan Government 2023/03/25
https://www.youtube.com/watch?v=LZCyhAfAdDQ

 記事に戻ると。

「さらに、都とデンソーウェーブはこの新たな技術の特許を他の事業者が無償で使えるようにした。既に京急や小田急電鉄、JR東海が取り入れている。」

 コストカットが半端ないですが、それを他の事業者にも使わせるようにしたと。
 QRコードの精神が生きているわけでしょうね。

 で、今回のQRコードはちょっと特殊なものを使っているのだとか。

独自の「QRコード」を編み出した理由を聞いてみると…ホームドア設置率100%を達成する都営地下鉄
東京新聞 2023年10月21日 03時00分
https://www.tokyo-np.co.jp/article/284136

 こういった現場の工夫が広がっていくことは本当に嬉しいことですね。

| | コメント (0)

2023/09/22

「指紋認証ではなく、ある指の関節のシワ部分を登録」デイリー新潮

「指紋認証ではなく、ある指の関節のシワ部分を登録」デイリー新潮

「高速でETCは使わない」「近所のコンビニで缶ビールを一気飲み」…不倫夫が明かした“バレ防止”の数々に心当たりがある人も
デイリー新潮 2023/9/8(金) 11:01配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/828fdf17a108d1d5d360c74b09b215c181be3a20

 すごい。

「指紋認証ではなく、ある指の関節のシワ部分を登録しています。寝ている間に妻が僕の指で解除しようとしてもできないはず。」

 そこまでやるんだ。

「相手の家でシャワーを浴びるのはいいけど、使っている洗剤が自宅とは違うから、タオルで体を拭けない。家からタオルを持っていきます」(55歳)

「相手の家に上がったときは、靴下の裏をチェックします。家とは違うゴミがついている可能性があるから……」(43歳)

 そこまでして、不倫するんですね。
 人間ってすごいなぁ。

| | コメント (0)

2023/05/12

auじぶん銀行では、他行宛振込手数料が無料で使える枠があるらしい

auじぶん銀行では、他行宛振込手数料が無料で使える枠があるらしい

 個人に限るようですが。
 そして、預金残高縛りなどがあるようですが。

 他行宛の振込手数料が、無料で使える枠があると。

【じぶんプラス】手数料無料で他行へ振込むにはどうしたらいいですか?
auじぶん銀行 ID:1325
https://help.jibunbank.co.jp/faq_detail.html?id=1325&page=1

「振込手数料の無料回数 ステージごとに、他の銀行への振込手数料を無料でご利用いただける回数が異なります。なお当行間および三菱UFJ銀行へのお振込みは全てのお客さまが無料です。」(じぶんプラス auじぶん銀行)
https://www.jibunbank.co.jp/customer_stage/

 使い方次第では、便利なのかも。

| | コメント (0)

2023/04/14

スマホで110番通報すると警察では大まかな位置情報が分かる

スマホで110番通報すると警察では大まかな位置情報が分かる

名古屋・18歳女性刺殺事件 直前に待合室に座る男女「こっち見ないで」
テレ朝news[2023/04/10 23:30]
https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000294846.html

 こちらで、目に止まったのは下記。

「そして新たな事実も。男性が電車と接触する約10分前、男性のスマートフォンから110番通報があったといいます。警察からの問いかけには答えず“女性がすすり泣くような声”が聞こえ、切れました。警察は、大まかな位置情報を頼りに出動しました。」

 つまり、スマホで110番通報すると、大まかな位置情報は警察に分かると。
 もう、そういう時代になっているのですね。

| | コメント (0)

2023/03/17

マイナンバーカード署名用パスワード(6桁から16桁)のパスワードロックがかかっても_河野太郎大臣twitter

マイナンバーカード署名用パスワード(6桁から16桁)のパスワードロックがかかっても_河野太郎大臣twitter

 そうか、パスワードロックがかかっても。
 4桁のパスワードあれば、なんとかなるんだ。


河野太郎@konotarogomame

マイナンバーカード署名用パスワード(6桁から16桁)のパスワードロックがかかっても、マイナンバーカード利用者証明用パスワード(4桁の数字)を利用可能な場合は、スマートフォンアプリとコンビニのキオスク端末を利用して初期化することができます。

https://jpki.go.jp/jpkiidreset/howto/index.html
午後11:53 2023年3月13日
https://twitter.com/konotarogomame/status/1635293102301933568?cxt=HHwWgMDTpbKa3bEtAAAA


 この知識、いつか役立ちそう。

| | コメント (0)

2023/02/28

重大な性犯罪の「前兆事案」…声かけ・盗撮・つきまとい、小学生の被害者が多数_読売新聞

重大な性犯罪の「前兆事案」…声かけ・盗撮・つきまとい、小学生の被害者が多数_読売新聞

重大な性犯罪の「前兆事案」…声かけ・盗撮・つきまとい、小学生の被害者が多数
読売新聞 2023/02/27 13:41
https://www.yomiuri.co.jp/national/20230227-OYT1T50072/

「被害に遭わないようにするため、外出時には複数人で行動することや、帰宅時間、行き先を保護者が確認しておくことが必要だとしている。

 このほか、防犯ブザーや、連絡がとれるようにスマートフォンを持っておくことも有効とし、同課担当者は「一人で街灯のない暗い場所を歩いている児童を見かけるなど、違和感を覚えることがあったら110番してほしい」としている。」

 スマホを持たせるべきか、持たせないべきか、いろいろ議論ありますが。
 まずは使い方をきちんと教えるところからじゃないのかなぁ。

| | コメント (0)

2023/02/25

SIMカード再発行でスマホ乗っ取り、不正送金…男2人を全国初逮捕_読売新聞

SIMカード再発行でスマホ乗っ取り、不正送金…男2人を全国初逮捕_読売新聞

SIMカード再発行でスマホ乗っ取り、不正送金…男2人を全国初逮捕
読売新聞 2023/02/23 14:10
https://www.yomiuri.co.jp/national/20230223-OYT1T50080/

「他人になりすましてSIMカードを再発行させてスマホを乗っ取り、不正送金などを行う手口は「SIMスワップ」と呼ばれ、被害は世界で広がりつつある。」

「発表では、2人は昨年7月、仲間と共謀し、大阪府の40歳代男性名義で再発行したSIMカードを利用し、スマホを使って金融機関のアプリに不正にログイン。男性名義の口座から約600万円を両被告らの管理する口座に送った疑い。」

 要するに、本人が知らない間に、再発行させてしまうのですね。
 そのための本人確認は、偽造運転免許証が利用されたと。

 SIMカード発行は、対面確認がないので緩い。
 その点を衝いた手口ではありますが、「応用」利きそうな手口でもあります。

 ただ、これ非常に怖いですね。
 どうやって防止できるのか、今できる対策は何なのか、気になります。

| | コメント (0)

2022/11/22

機能停止の「COCOA ココア」削除前に最後のアップデートが必要な訳_福井新聞

機能停止の「COCOA ココア」削除前に最後のアップデートが必要な訳_福井新聞

機能停止の「COCOA ココア」削除前に最後のアップデートが必要な訳 11月17日から配信、新型コロナ接触確認アプリの削除方法・手順まとめ
福井新聞 2022年11月18日 午後8時00分
https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/1671630

 接触確認アプリ「COCOA」は、陽性者全数届出見直しにより機能停止が決まったと。
 ところが、単純にアンインストールだけすると、通信活動が残ってしまうと。

 バッテリー消費や、通信料への影響があるので。
 これはセットで止めるべきだが、最新版だとアンインストールで止まるのですね。

 なので、よくわからない人は、最新版のアップデート済んでから削除してねと。
 ただ、わかっていれば、通信を個別停止すればいいのだと。

「iOSの場合は、iPhone端末の「設定」→「接触通知」→「接触通知をオフにする」を選択。Androidの場合は、OSの設定アイコンから「Google」→「COVID-19 接触通知システム」→「接触通知システムを使用」をオフにすれば処理を止めることができるという。」

 記事は、よく分かっていない人向けっぽいですが。
 恐らくそれも厚労省のレク結果なのでしょうね。

 このアプリはいろいろ問題を抱えていたのは事実ですけれど。
 それは、厚労省の対応が問題だったのであり、初期の開発者達の善意が傷つけられたのは、すごく残念です。

 何もわからない手探りの中で、開発した人たちの熱意あればこそ。
 ある程度状況分かってから過去を叩くのは、卑怯ですらあります。

 今回の危機は、またいつか来る危機でしょう。
 その時に、善意を期待できなくなる社会は、恐らく……。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧