カテゴリー「経済・政治・国際」の732件の記事

2022/11/27

首相、自主的な寄付「規制困難」…本人が「困惑していない」主張なら家族の請求も困難_読売新聞

首相、自主的な寄付「規制困難」…本人が「困惑していない」主張なら家族の請求も困難_読売新聞

首相、自主的な寄付「規制困難」…本人が「困惑していない」主張なら家族の請求も困難
読売新聞 2022/11/26 06:56
https://www.yomiuri.co.jp/politics/20221126-OYT1T50088/

 そりゃ、信教の自由を現状のまま肯定するのなら。
 限界があるのは当然ですね。

「政府案は、霊感商法の手法などを使った寄付勧誘を禁止し、これに違反する勧誘を受けて「困惑して」寄付した人は、寄付を取り消し、宗教法人などに寄付金の返還を請求できるようにするものだ。寄付者本人が取り消し権を持っているのに行使しない場合で、寄付者の家族が本人に対する養育費などの支払い請求権を持っていれば、家族が本人に代わって取り消し権を行使できるのが債権者代位権の制度だ。新法では、家族が将来受け取れる養育費なども請求できるように民法の特例を設ける。」

 やりやすくはなる、のでしょうか。
 実効性がどの程度あるのか、現状ではまだ見えませんが。

「立憲民主党の長妻政調会長は世界平和統一家庭連合(旧統一教会)に関し、「マインドコントロール下で困惑しないで進んでする寄付が繰り返されている」と述べ、困惑しないで寄付した場合も取り消し対象とするよう求めた。」

 あー、長妻発言ですか。
 無視でいいですね。

「河野消費者相は、マインドコントロールを定義して規制するのは難しいとの考えを改めて示した。」

 そりゃそうでしょう。

「政府は、寄付勧誘を受ける人が適切な判断力を失わないよう法人・団体に配慮を求める規定なども盛り込むことで、寄付する人を保護したい考えだ。」

 これまでは、寄附を行う人の善意、篤志を重視した社会だったわけですが。
 寄附者を明示あるいは必要に応じて特定する仕組みが必要な時代、そんな気がします。

| | コメント (0)

2022/11/24

金融庁が人材マッチングシステム 人手不足深刻な地方企業に_NHK

金融庁が人材マッチングシステム 人手不足深刻な地方企業に_NHK

金融庁が人材マッチングシステム 人手不足深刻な地方企業に
NHK 2022年11月22日 4時48分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221122/k10013899181000.html

「転職希望の人がシステムに登録すると、地方銀行など、およそ100の金融機関が、人手不足に悩む地元の企業に人材を紹介する仕組みです。」

「金融庁は、この事業で一定の年収以上で人材を採用した企業には給付金を支給し、都市から地方への人の流れを後押ししたい考えです。」

 この話以前から、銀行は人材紹介とかやっていましたけど。
 いよいよ、本格化するってことなんでしょうか。

 ただ、何故金融庁が主導なのか、というのは疑問持ちますね。
 銀行が融資で儲けられないので、こちらをということなのですかねぇ。

| | コメント (0)

2022/11/23

「とにかく法令や行政、国会運営について、文書や報告の中身は細部までこだわる」は良いことなのでは

「とにかく法令や行政、国会運営について、文書や報告の中身は細部までこだわる」は良いことなのでは

ついに辞表提出!寺田稔総務相の”意外な素顔と評判”
FRIDAY 2022/11/20(日) 20:40配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/3fd553a87164270faee67ce231867b7293daca06

「その他にも「とにかく法令や行政、国会運営について、文書や報告の中身は細部までこだわる。少しでも違っていると突っ込まれて直される」(略)」(いずれも与党関係者ら)との声が伝わる。」

 寺田氏が、総務大臣に適任かどうかは別にして。
 この声は、寺田氏を批判する内容として掲載するのは筋違いでしょう。

 むしろ、法令や行政には、総務大臣、国会議員として、細部に拘ってくれないと困る。
 間違っていたら大問題だし、実際騒ぎになってしまう筈。

 そうでなくていいと思っている周囲がいたことが、寺田氏の不幸の1つかもしれない。
 面従腹背ってことだったのかもしれませんが。

 ただ、どうも人望はなさそうですね、この方。
 結果、救ってやろうという声が出なかった感じですし。

 それにしても、岸田首相って……。

| | コメント (0)

2022/11/10

「サクマ式ドロップス」が114年の歴史に幕、佐久間製菓が廃業へ_朝日新聞

「サクマ式ドロップス」が114年の歴史に幕、佐久間製菓が廃業へ_朝日新聞

朝日新聞デジタル記事
「サクマ式ドロップス」が114年の歴史に幕、佐久間製菓が廃業へ
田幸香純 2022年11月9日 16時30分
https://www.asahi.com/articles/ASQC95751QC9ULFA00Z.html

 そうですか。
 あの赤い缶は、もうなくなるよと。

「しかし、近年は安価な製品との競争が激しくなったほか、新型コロナ禍の影響で販売が減少。原材料やエネルギーの価格高騰と人員の確保が難しいといった問題もあり、廃業を決めたという。

 世の中のダイエットの流れのせいかと思ったら。
 もっと、日本の中小企業に普遍的な理由でシミジミ。

 でも、話はそれだけでは終わらない。

 缶入りのキャンディーでは、緑色の缶に入った「サクマドロップス」があるが、こちらは別会社のサクマ製菓(東京都目黒区)が製造販売している。2社は起源を同じくしているが、戦後に関係者らが別々に立ち上げた経緯があり、別会社になっている。」

 お家分裂も、中小企業あるあるなんですよね。
 で、緑の缶の方は残るのか。ひょえー。

| | コメント (0)

2022/11/07

Twitterのトレンド記事は、人為的に作成されていたのか

Twitterのトレンド記事は、人為的に作成されていたのか

 イーロン・マスクの就任でこんなに変わるって。


羅天@quomoritureruis
(略)

左翼系記者が「確かにキュレーションが生きてない気がする。私達の記事をトレンドに載せてもらってたのに」と暴露

リツイート数等で自動的に作られるのではなく、人が恣意的にトレンドを作ってた事が分かり炎上中←イマココ
https://twitter.com/quomoritureruis/status/1589402629993803776



安田峰俊📺YouTube &ニコニコch始まりました@YSD0118
これ言って大丈夫なのか(従来のツイッターのニュースの検閲体制)。

(略)、プラットフォームによる検閲や情報発信の恣意性・ゴリ押しが明確に裏付けられつつあることのほうが自分は興味深い。
https://twitter.com/YSD0118/status/1589416614742855680?cxt=HHwWgMDQna7_3o4sAAAA


 いわゆる左翼系の方々の記事がすぐにトレンドに上がるのって。
 なんか違和感はあったものの、まさか人為的なものだったとは。

 イーロン・マスク、結構問題ある人だとは思うけれど。
 トランプと同じで、「アレでも、他よりは百倍マシ」なのかもしれない。

| | コメント (0)

今、私たち全員が自分たちの行動、態度、ふるまいが、自分自身だけでなく社会全体、世界全体に与える影響を認識する時_ナタリア・ガブリリツァ

今、私たち全員が自分たちの行動、態度、ふるまいが、自分自身だけでなく社会全体、世界全体に与える影響を認識する時_ナタリア・ガブリリツァ

“やばいよ やばいよ” あの国から首相が会いに来た、私に
NHK 2022年10月28日 22時10分 (ネットワーク報道部 野田麻里子)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221028/k10013870841000.html

 モルドバ取材した記者に直接取材しないかとのオファーが来たという話。
 このモルドバの首相さんは、すごいですね。

 隣国が戦争状態になり、大きな影響を受ける中で、自分の立ち位置を認識していて。
 ブレないからこそ、記者の質問に即座に回答していけるのでしょう。

 で、何よりも下記ですね。

「今、私たち全員が自分たちの行動、態度、ふるまいが、自分自身だけでなく社会全体、世界全体に与える影響を認識する時だと思うのです」(モルドバ共和国ナタリア・ガブリリツァ首相)

 自分だけが良ければいい、ではダメなんだということについて。
 日本でも、多くの人達は、コロナ禍で学んできたのだと思います。

 しかし、こと戦争や平和が絡むと、思考停止になる人も少なくない現実。

「この戦争は、文明的な選択の違いを浮き彫りにしました。私たちが望むのは、人的なコストを顧みずに併合を目的に戦争が始まった今の状況ではなくすべての子どもがいつ、どこに生まれようとも自分の可能性を発揮できるような世界を目指すことではないでしょうか」(ナタリア・ガブリリツァ首相)

 そのためには、何をすべきなのか。
 今の我々にできることは何か、それぞれが考えなくてはならないでしょうね。

 そのために何より大事なのは、自分自身が整合性とれていること。
 不整合な自分では、他人はもとより、自分自身ですら説得できないのですから。

| | コメント (0)

2022/11/05

兵庫県警が20年前発行「雑踏警備の手引き」がSNSで注目 ソウル雑踏事故で_産経新聞

兵庫県警が20年前発行「雑踏警備の手引き」がSNSで注目 ソウル雑踏事故で_産経新聞

兵庫県警が20年前発行「雑踏警備の手引き」がSNSで注目 ソウル雑踏事故で
産経新聞 2022/11/1 12:31 浅野 英介
https://www.sankei.com/article/20221101-SUF6YRVQHJEZVGBJNB4CCQ3ZDQ/

 なるほど。

「兵庫県明石市で13年に発生した歩道橋事故を教訓に、警備担当者向けにまとめられた冊子」なのですね。

雑踏警備の手引き 兵庫県警察
https://www.police.pref.hyogo.lg.jp/zattou/tebi_data/all.pdf

「危険なのは、トンネル、橋、階段、袋小路のような逃げ場のない空間である。……。……、事前に危険なポイントを把握して、適切な誘導を行う企画段階の準備が肝要である。(p28「6 雑踏事故の制御」)
https://www.police.pref.hyogo.lg.jp/zattou/tebi_data/all.pdf#page=39

 つまり、事前把握が極めて重要になる。
 今回は主催者がない行事であり、韓国の警察が後手に回ったのは、やむを得ない部分もあるでしょうね。

 で、外国の事故ではありますが。
 日本でも、このような主催者のない行事で、どう対応していくべきか。

 警察だけでなく、民間も研究を進めていってほしいですね。

| | コメント (0)

2022/10/28

「物価高倒産」が過去最多 原材料高と円安進行の二重苦 4年度上半期_産経新聞

「物価高倒産」が過去最多 原材料高と円安進行の二重苦 4年度上半期_産経新聞

「物価高倒産」が過去最多 原材料高と円安進行の二重苦 4年度上半期
産経新聞 2022/10/17 17:30
https://www.sankei.com/article/20221017-NTNFXOKQHBIKPGTP7BONG4GQNA/

「ウクライナ危機に伴う原材料価格の上昇に歴史的な円安が重なり、物価高を理由とした企業倒産が急増している。帝国データバンクによると、物価高による倒産は今年度上半期(今年4~9月)に159件発生し、年度ベースで過去最多だった令和3年度(136件)を既に上回った。原材料やエネルギーの輸入コストが膨らむ中、価格転嫁が容易でない中小・零細企業を中心に物価高が経営体力を奪っている。」

 このタイミングでインボイス制度実施すれば、どうなるか。
 安部首相時代なら、批判受けても、実施時期延期が検討されていたかもですが。

 しかし、岸田首相には、インボイスがそこまで大きな問題だという認識なさそう。
 すると、このまま多少の手直しで制度開始になってしまうのか。

 令和5年が中小企業倒産元年にならないことを、心から祈ります。

| | コメント (0)

2022/10/26

「野田先生にお願いして良かった」(安倍昭恵氏)_読売新聞

「野田先生にお願いして良かった」(安倍昭恵氏)_読売新聞

追悼演説を傍聴した安倍昭恵夫人「原稿を仏壇に供えたい」…遺影を手に涙を浮かべ
読売新聞 2022/10/25 18:53
https://www.yomiuri.co.jp/politics/20221025-OYT1T50241/

「昭恵氏は演説終了後、野田氏と面会した。野田氏が演説原稿と安倍氏の議席に飾った花を手渡すと、昭恵氏は「野田先生にお願いして良かった」と表情を和らげた。「原稿を仏壇に供えたい」とも語った。」

 感謝の気持ちが伝わってきますね。
 遺族の意向で野田氏に依頼した、という報道は真実だったっぽい。

野田元総理 国会で故・安倍元総理への追悼演説【ノーカット】(2022年10月25日)
テレ東BIZ 2022/10/25
https://www.youtube.com/watch?v=aWpTyWZWOwY

【ノーカット動画】野田元首相が安倍元首相の追悼演説 全文
NHK 2022年10月25日 15時03分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221025/k10013869471000.html

 野田元総理だけが男を上げた。
 そういう感想しか浮かびませんね。

| | コメント (0)

「セルフレジ」で万引き横行「ミスか故意か見極め難しい」…手元・顔を撮影する対策も_読売新聞

「セルフレジ」で万引き横行「ミスか故意か見極め難しい」…手元・顔を撮影する対策も_読売新聞

「セルフレジ」で万引き横行「ミスか故意か見極め難しい」…手元・顔を撮影する対策も
読売新聞 2022/10/10 20:29
https://www.yomiuri.co.jp/national/20221010-OYT1T50114/

「その反面で、NPO法人「全国万引犯罪防止機構」の担当者は「セルフレジを導入した後に万引き被害が増えたケースが目立つ」と懸念を示す。」

 仕方ないなと思う反面、誤認での逮捕も懸念されるわけですか。
 なるほど。

「万引き被害が経営に及ぼす影響は大きく、事業者は対策を強化している。関西や中部に展開する大手スーパーは、セルフレジに客の顔を撮影するカメラを設置。別の大手は、かごの中身と会計後の商品の重さが同じか検知するシステムも導入した。」

 うっかりとかはあり得ますが、意図的かどうかの区別は難しいでしょうね。
 ただ、利用者側も意識すべき点はあると。

「万引き対策専門家の伊東ゆうさんは、誤解を避けるための心がけとして、▽店内に余計な荷物を持ち込まない▽エコバッグは口を閉じるか、カバンに入れておく▽カバンに手を入れる頻度を減らす――などを推奨。「買い物を巡る環境は変わった。気持ちよく買い物するためのマナーと捉えてほしい」と呼びかける。」

 ある意味、「李下に冠を正さず」からは、当たり前のようにも感じますけれど。
 こういうことを言わなければわからない時代になっているのでしょうね。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧