カテゴリー「旅行・地域」の276件の記事

2022/08/01

学校職員が教材費140万円着服 広島・尾道_産経新聞

学校職員が教材費140万円着服 広島・尾道_産経新聞

学校職員が教材費140万円着服 広島・尾道
産経WEST 2022/7/29 10:57
https://www.sankei.com/article/20220729-AJCCZPFG4JJQDDSAGJKLTOCNDE/

「広島県尾道市教育委員会は29日、保護者から預かった金約140万円を着服したとして、市立学校の非常勤職員を免職処分にしたと明らかにした。「生活費のためにやった。いずれ分かると思いながらやってしまった」と認め、全額返済の意思を示しているという。」

 尾道ですか。

 それにしても、生活費のため140万円の着服って。
 非常勤職員であることから、身分不安定故だったのか。

「市教委によると、元職員は昨年5月から今年2月までの間、教材費として保護者が学校に預けていた140万9455円を着服した。4月に教材業者から「料金の納入がない」と学校に問い合わせがあり発覚した。学校は広島県警尾道署に刑事告訴した。」

 これまでの性善説でのお金のやり取りについて。
 徐々にそれでは済まされなくなって来ているのですよね。

 世知辛いようですが、現実が許してくれなくなってきている。


| | コメント (0)

2022/07/14

「沖縄弁護士」って

「沖縄弁護士」って

 下記ブログ記事を読んでいて、あれっと。


 ・・・とやるのは実はあまり賢い方法ではありません*1。というのも,これでやると,外国法事務弁護士や沖縄弁護士も含めたデータとなってしまうからです。

刑裁サイ太のゴ3ネタブログ
2022-04-21
弁護士名簿をダウンロードする方法
https://keisaisaita.hatenablog.jp/


 「沖縄弁護士」って、特殊な意味があるのですね。
 全く知りませんでした。

昭和四十五年法律第三十三号
沖縄の弁護士資格者等に対する本邦の弁護士資格等の付与に関する特別措置法
https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=345AC0000000033

 沖縄の本土復帰に伴い措置された制度に基づく資格なのだと。
 司法試験合格が担保されていない点に特徴があるのかな。

 まぁ、経理士資格と同じで、いつの日にかは対象者がなくなるのでしょう。
 で、沖縄の弁護士さんのうち、どの程度が対象者なのでしょうね。

| | コメント (0)

2022/07/10

「前日の酒が残っていただけ」 広島の大学教授が酒気帯び疑い_産経新聞

「前日の酒が残っていただけ」 広島の大学教授が酒気帯び疑い_産経新聞

「前日の酒が残っていただけ」 広島の大学教授が酒気帯び疑い
産経WEST 2022/7/10 14:21
https://www.sankei.com/article/20220710-ZWI4B5SNRVK5RLTCXUUV2ES2JA/

 名前からすると、福山大学薬学部教授ですか。
 うーん、残念なことです。

福山大学 薬学部
https://www.fukuyama-u.ac.jp/pharm/pharmacy/maeda-yorinobu/

| | コメント (0)

2022/07/09

「ケタが違う、人災になる」盛り土崩壊“予言”はなぜ、届かなったのかー熱海土石流から1年_SBSnews6

「ケタが違う、人災になる」盛り土崩壊“予言”はなぜ、届かなったのかー熱海土石流から1年_SBSnews6

「ケタが違う、人災になる」盛り土崩壊“予言”はなぜ、届かなったのかー熱海土石流から1年
SBSnews6 2022/06/29
https://www.youtube.com/watch?v=S5fzL8u1D5Y

 当時の役所には、この人の言うことを真面目に聞く土壌がなかったのでしょうね。
 正直、近年まで、多くの役所は酷かった。

 私の地元の市役所でも、おかしなことはいっぱい。
 でも、最近徐々に変わってきたなと。

 駐車場から市役所に行く途中の歩道で、対面から来る市役所職員の3分の2は。
 こちらに道を譲ってくれます。

 こんなの、昔は考えられなかったです。
 ふんぞりかえって、何様のつもり、という人たちばかり。

 ただ、今でも3分の1は、ズンズンきますね。
 市民に道を譲るなんて意識のかけらもない。

 当たる人が悪ければ、今でもこうなってしまいます。
 そこを運で済ませるかどうか、というのは別問題ですが。

| | コメント (0)

2022/07/04

アンナミラーズ国内最後の店舗 8月末閉店、50年の歴史に幕_産経新聞

アンナミラーズ国内最後の店舗 8月末閉店、50年の歴史に幕_産経新聞

アンナミラーズ国内最後の店舗 8月末閉店、50年の歴史に幕
産経新聞 2022/6/14 21:17
https://www.sankei.com/article/20220614-AGGPEWRGQZNTRPMJDMG5IQJVU4/?dicbo=v2-6384c2b61fcc3cadd9d4c48e753827e7

 そうか、なくなっちゃうんですね。
 たぶん、この高輪のお店、大昔に1度だけ行ったことあります。

 とは言え、店員さんとか、食べたものとかの記憶は、もう全くなく。
 同席したメンバーのことしか覚えていませんが。

 あの時ご一緒したT先生は、もう事務所を廃業されてしまいました。
 ドキュワークスとかいろいろ教えて頂いたのですが、もっと色々教わりたかったな。

 もう一人一緒だったS先生とは、数か月前に会いました。
 世代が近いので、これからも長くお付き合いしたいものです。

| | コメント (0)

2022/06/22

小学校高学年の男の子と30代の母親 用水路に流されて死亡 石川_NHK

小学校高学年の男の子と30代の母親 用水路に流されて死亡 石川_NHK

小学校高学年の男の子と30代の母親 用水路に流されて死亡 石川
NHK 2022年6月19日 14時30分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220619/k10013678321000.html

「18日夕方、石川県白山市で小学生の男の子が足を滑らせて用水路に転落し、助けようとした母親も一緒に流されました。親子は病院に搬送されましたが、いずれも死亡が確認されました。」

 福山近辺は、用水路による事故が極めて多く。
 全くもって他人事ではありませんね。

 本件では、「……、近くの高さ1メートルほどのフェンスを乗り越えて用水路に近づき、足をすべらせて転落したとみられる……。」なので、確かにフェンスはあったのですが。

 農業のために用水路が大事というのはわかります。
 しかし、地域によっては、もはやその役割を終えているケースも少なくない。

 私の自宅近辺では、もう田はほぼありません。
 畑が若干残っている程度で、しかも、用水路は排水に利用していたりします。

 少なくとも、全部の用水路がむき出し状態になっている必要は既にない気がします。
 水を取り込む部分以外は暗渠を基本にして、安全性を重視すべき時代ではないかと。

 暗渠にすれば、清掃の問題などが残りますから。
 すれば良いだけではない、というのはある程度理解してではありますが。

 それでも、地方自治体は用水路の暗渠への転換を積極的に進めていくべきでしょう。
 農業を軽視してはいけませんが、死亡事故がこうも多いのを放置してよい筈がない。

| | コメント (0)

2022/06/11

「尾道鳶、鞆烏」

「尾道鳶、鞆烏」

 昔、霞町にあった霞荘で聞いた話では。
 福山なんとかに鞆ガラス、だったような気がしたのですが。

 どうやら公式記録に残っているものでは違うのですね。


【尾道鳶、鞆烏、三原雀に目を抜かれるな】

「故事・俗信諺大辞典」(小学館)より
「尾道、鞆、三原といった瀬戸内の港町の人間は気風が悪いから気をつけろ」という意。
鞆の浦検定 深藤-fukato-
https://ameblo.jp/thinktomo/entry-10196976640.html



| | コメント (0)

2022/06/04

京都平安ホテル廃業へ 従業員「納得いかない」_産経新聞

京都平安ホテル廃業へ 従業員「納得いかない」_産経新聞

京都平安ホテル廃業へ 従業員「納得いかない」
産経新聞 2022/5/18 20:09 平岡 康彦
https://www.sankei.com/article/20220518-E3HJ7OVYKFI4VOXQODI5TSP46Y/?dicbo=v2-c5a3729390c62562ded73278eaa46120

 地方職員共済組合京都府支部が決定したという記事ですが。
 そうか、そもそもの社名が「地方職員共済組合京都宿泊所平安会館」なのですね。

http://kyoto-heian-hotel.com/hotel_info/

 従業員は納得いかないと、気持ちはわかるけれど。

「府支部は、廃業の理由として、市内のホテルが急増する一方、京都平安ホテルは老朽化が進み、建設時の借入金約6億4千万円の返済のめどがたっていないと説明している。」
 これ聞くと、そもそも経営がどうなの、ですね。
 解雇規制も、経営難には勝てない。

 逆に言うと、経営難になると放り出される労働法の解雇規制というのは。
 現状、どう見てもバランスがとれてなくて、歪な存在なのだと思います。

 労働者になると、急に経営リスクから遮断される存在になるのが現在の解雇規制。
 倒産が顕在化する前でも、労働者に一定の経営リスクを負わせるべきでしょう。

 このアンバランスが大きすぎるから、従業員は「納得いかない」のです。
 本来もっと見るべきものを見てこなかった状態で、急に現実直視させられるから。

 手元不如意には勝てないという現実に、経営者だけがずっと直面していた。
 しかし、それがある日突然自分にも突きつけられることになる。

 仮に触りたくなくても、もっと前にコミットするようにして。
 本当の意味で参画する仕組みがないとダメなんでしょう。

| | コメント (0)

2022/05/10

「神保町のランドマーク」三省堂本店、一時閉店の夜 レジには大行列_朝日新聞

「神保町のランドマーク」三省堂本店、一時閉店の夜 レジには大行列_朝日新聞

「神保町のランドマーク」三省堂本店、一時閉店の夜 レジには大行列
朝日新聞デジタル記事 東京インサイド 田渕紫織 2022年5月8日 20時45分
https://www.asahi.com/articles/ASQ5671YRQ52ULEI00F.html?iref=comtop_Topic_03

「現在のビルは解体工事に入り、6月1日から少なくとも3年間、約300メートル離れた小川町の仮店舗で営業する。規模は現在の4分の1になる。」

 かつては、土曜日に仕事で内幸町へ行き。
 帰りに、神保町に行くのが、私の生きがいでした。

 三省堂書店、書泉グランデ、東京堂書店の3つを巡れば。
 大抵の専門書は揃うというか、こういう本あるだろうと探せばありました。

 しかし、私が都内を去ってから、書泉グランデは法律経済関係の書籍扱いを止め。
 そして、今、三省堂も規模を縮小し、もやは残るのは東京堂書店だけですか。

 ただ、東京堂書店は、もともと規模少し小さめでしたから。
 ここだけじゃ、足りないよなぁ、というのが正直なところ。

 まぁ、働き始める前から、神保町に毎日通っていた日々まで入れれば。
 三省堂書店8階TAC移転時に、既に諸行無常という感じだったわけですが。

 大阪も梅田の旭屋書店がなくなった時は悲しかったですね。
 福岡もジュンク堂書店が移転し、縮小営業しているという話ですし。

 コロナ禍明けたら、また本屋巡礼したいなぁ。

| | コメント (2)

2022/03/30

「住宅団地再生の手引き」を公表しました_国土交通省

「住宅団地再生の手引き」を公表しました_国土交通省

住宅団地再生の取組を後押し!
~「住宅団地再生の手引き」を公表しました~
国土交通省 令和4年3月29日
https://www.mlit.go.jp/report/press/house06_hh_000217.html

○住宅団地再生の手引き 本編(全体)
https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/content/001473586.pdf

 別冊資料編
https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/content/001473589.pdf

 うーん、タイトル見てちょっと期待したのですが、残念。
 総論的な話に終始していました。

 別冊資料編の事例集はまだしも。
 具体的に考える際のフレームワークがない。

 もっと言えば、再生が必要な団地をフェーズで分ける指標がほしい。
 どういう段階で手を打てば間に合うか、とかですね。

 端的に、建築時期や高齢者世帯の割合とか、何か出しようはあったと思います。
 たたき台を作ったワーキンググループがダメだったんですかね。

 テーマとか、すすめ方のフローとか言う前に。
 まずは診断でしょう。

 まぁ、何を持って再生というのかもそもそも難しいのでしょうから。
 仕方ないのかもですが、もう少し提言のやりようはあったのでは。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧